最初「とにかくやる」こと。とあるLisperのつぶやき

すごく良いこと言ったきがするのでtogetterにまとめた。
プログラミング
0
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
すごく良いこと言った気がするのであとでtogetterにまとめよう。
がたろう TTLでCPUを作る爺(コンパイラやOSも手作りです) @duo6750
「プログラミングを覚えたいのですが言語は何が良いでしょう?」という質問は「料理を覚えたいのですが鍋は何が良いでしょう?」と同じです。 どんな料理を作りたいのかとその目的を根掘り葉掘り聞かない限り、答えられない質問なんです。何も尋ねずに特定の言語を口にする方を信じてはいけませぬぞ。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
「プログラミング覚えたいのですが、言語は何が良いですか?」って、確かに「何が作りたいか?」とか「どういうプログラミングがしたいか?」ってのは大事なんだけど、まずやってみないと「何ができるのか?ってのが分からない」からってののもあるからなぁ。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
だから、技術覚えるときに「なにやりたいの?」ってのは答えること、むずかしくて、「やっているうちに、やりたいことが輪郭となって出てくる」ってのがあると思うのだよね。だから、僕はとりあえず「僕はLisp好きだし、一番面白いと思うから勧めるけど、とりあえず本一冊やってみろ」と言ってる。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
「ビジョン」とか「野心」とかさ「やりたいこと」とかってのは、最初分かんないもんだし、最初から決めてしまうととても難しいのだよね。だから、ぼんやりとやってみて、世界を広げて自分なりのマップを作っていくうちに決まるって、あると思うんだよね。だから最初は「とにかくやる」ってことだと思う
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
たぶんね、やってみて、始めて、正直20時間はつまらなかったり、楽しくなかったりすると思うのよね。んで、20時間してみて楽しさが見つかったりする。それだけやっても、楽しく無かったらそれは向いてないと諦めるべきなんだよね。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
人間ね辛いことは忘れるもんでさ、「楽しい」と少しでも思えたらOKなんだよね。そうすると、最初の辛いこと人間忘れて「楽しい」だけが残るようになるんだよね。だから、ちょっとでも「楽しいかも」って思えたら一生続けられると思うよ。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
スキーの話で「最初に、一日だけの利用客はリピータにならない。二日間のスキーやる利用客はリピータになりやすい。スキーは一日で面白くならない、二日目でちょっと面白くなる。それが思い出となって、またやってみたいと思うようになるんだ」ってのがあって、まさしく20時間とマッチしていると思う
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
ただね、僕らは、たぶん、初学者が「辛い」と思う障壁をできるだけ無くすべきだとは思うのよ。だから、そういう障壁が高い言語は良くないとは思うのよね。Haskellとかさ、型を考えないといけない時点で大分学習コストが高い。だから、シンプルなLispが一番だと思うんだぜ!

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする