0
劉度 @arther456
◇◇◇◇◇◇◇ ←九十一式徹甲弾
劉度 @arther456
【デビルサマナー 葛葉あきつ丸vs亡霊戦艦】#2
劉度 @arther456
(これからSSを投下します。TLに長文が投下されますので、気になる方はリムーブ・ミュートなどお気軽にどうぞ。投下中はTLを余り見ないので、感想・実況などを #ryudo_ss に書いて頂けると、後でチェックして小躍りします。では、宜しければ暫くの間お付き合い下さいませ)
劉度 @arther456
長野県松代市。10年前、深海棲艦による大空襲により東京は壊滅し、首都機能は海から遠く離れたこの地に避難した。首相官邸地下の緊急対策本部には現在、内閣メンバーの大半が集まっている。官邸に送られてきたある映像データが、その理由だった。 1
劉度 @arther456
『このように、貴様ら自慢の大艦隊も、我々ミミー星人の技術力の前には無力だ』画面に映るのは、砲撃によって破壊されるツーロン軍港、セヴァストポリ要塞、メイポート基地。そして砲撃を行っているのは、とうの昔に沈んだはずの、第二次世界大戦期の軍艦たちだ。 2
劉度 @arther456
『我々は、貴様たちが利用していない海底の僅かな資源を利用しているにすぎん。だが、それでもこのように貴様たちを圧倒している。このまま滅ぼされたくなければ、直ちに降伏せよ。さもなくば、総攻撃で貴様たちを滅ぼしてやる!』そこで映像は途切れた。 3
劉度 @arther456
「とうとう宇宙人にまで宣戦布告されたか……」最初に呟いたのは、この日本国の総理大臣だ。言葉の割に、それほど焦ってはいない。イルカ、ペンギン、カイジュウ、マグロ、そして深海棲艦。これだけの生物から宣戦布告されては、いまさら宇宙人が出てきたところで、驚くにも驚けなかった。 4
劉度 @arther456
「映像は本物か?」「はい。第二次世界大戦期の沈没船の残骸を利用した改造ロボット・アイアンロックスはフランス、ロシア、アメリカに出現、各地の沿岸基地を攻撃した後、機雷を敷設しつつ潜行したとのことです」「鹿屋基地と同じ、か」昨日、鹿屋基地も同様の手段で攻撃された。 5
劉度 @arther456
「どこもそうなんですけど、どうして接近されるまで気付かなかったんでしょうかねえ?」そう語るのは財務大臣。「深海棲艦に気付けて、あんな巨大な船を見つけられないわけないでしょう?」「ところがそーでもないらしいんじゃよ」答えたのは海軍大臣だ。「のー、東郷大将?」「アッハイ」 6
劉度 @arther456
海軍大臣に呼ばれたのは、横須賀33地区の提督だ。非常事態のため横須賀を動けない三笠の代理としてやってきたのだ。「深海の潜水艦を見つけるには魔力探知機を使っています。ですがあの大和はミミー星人の科学力だけで動いているため、一切魔力を発しておらず、探知できないのです」 7
劉度 @arther456
「マグロやイルカに使っている魚群探知機は?」「あれは船に搭載するものです。第一基地に取り付けようにも予算が……」「ああもう、理屈はいいんですよ理屈は!海軍が敵に肉薄されるまで気付けなかった、これがどれだけ深刻なことか分かっているんですか!?」 8
劉度 @arther456
「艦娘研究資金を初めとして、あなた達にどれだけの予算がつぎ込まれているのか分かってます!?このような失態を起こすなら、予算枠組みを考えなおして……」「その辺りにしておけ、財務大臣殿」凛とした声が、財務大臣の声を制した。「今はあの大和をどうにかするのが、先決じゃろう?」 9
劉度 @arther456
全員の視線が、声を発した少女に集まった。卓の上座、総理大臣の隣に座る宮内卿だ。「しかし……」「のう、陸軍大臣殿?」財務大臣の声を遮り、宮内卿は軍服姿の老人に問いかける。「……陸軍としては、敵に上陸戦の備えがあるかどうかが目下の懸念事項である」 10
劉度 @arther456
「大和内に敵の陸上戦力があるかどうか、それは実際に上陸してみないと分かりません」宮内卿が提督に艶っぽいウインクを送る。提督はそれを苦々しげに受け流した。「ですが、鹿屋基地の奇襲で敵が上陸してこなかったことを考えると、皆無、もしくはごく少数かと」 11
劉度 @arther456
「そうか」短く答えて、陸軍大臣は押し黙る。海での戦いに陸軍の出る幕は無い。面子を気にして無茶な作戦をねじ込んでくる心配もない。粛々と、沿岸部の避難誘導や上陸阻止部隊の配備などに専念するだろう。提督がいつも通り、多額の献金と共に予め根回しをしておいたからだ。 12
劉度 @arther456
「あー、失礼」今度は外務大臣が声を上げる。「えー、一方的な宣戦布告ですから、あー、迎撃するのはいいんですけど、相手は宇宙人、ですよね?宇宙人同士の同盟とか、そういうものもあるんじゃないでしょうか?反撃したら全宇宙が一斉に攻めてくるとかやめてほしいですよホント」 13
劉度 @arther456
「それについては、一切問題ありません」提督の傍らに控えていた少女が、答えた。「本当ですか?ええと、G.T.船外作業用インターフェイス交渉型……」「大鯨で結構です」彼女は一見すればごく普通の少女だが、実は数カ月前に地球に漂着した宇宙人が開発したアンドロイドである。 14
劉度 @arther456
総理大臣を初めとして、内閣メンバーが比較的落ち着いている理由はここにあった。ベルサーと名乗った彼女たちは、普段は協力的ではなかったが、ミミー星人が襲撃してきたと聞くと、すぐに膨大な戦闘データを送ってきた。宇宙人の間にも、仲の良し悪しはあるようだった。 15
劉度 @arther456
「ミミー星人は我らベルサーと数百年に渡り交戦中です。奴らは一度他の惑星を占領すれば、その星の資源をチリ一つ残さず略奪します。むしろ今ここで倒さなければ、本隊がやってきてこの星ごと破壊されるかもしれませんよ?」「は、はあ……」熱弁はともかく、戦わなければいけない相手のようだ。 16
劉度 @arther456
「いやしかし、本隊、がいるのは分かるのですが、えーと、どうしてミミー星人は我が国の……失礼。我が星の大和を初めとした戦艦を改造して使ってしているのでしょう?自分たちの兵器のほうが強いと思うのですが」「それぐらい分かりませんか?自分たちの技術力を見せつけるためですよ」 17
劉度 @arther456
「我がベルサーにもマイホームダディという寄生型兵器があります。あなた達も大和に攻撃されて、少なからず動揺したでしょう?敵の武器を改造して敵を圧倒すれば、与える屈辱感は増しますし、資源も少なく済みます。深海棲艦と戦っているのに、そんなことも気付けないんですね?」 18
劉度 @arther456
提督の顔色が見る見るうちに青くなる。ロボットだからか一言多いのは、彼女の身柄を預かっている身として当然気付いていたが、今日はいつにも増して辛辣だ。他の宇宙人がやってきたことが、そんなに不快なのか。「ま、まあいきなり本気の宇宙戦艦が来るよりマシだと思いましょう、ね?」 19
劉度 @arther456
「確かにマシだが」総理が提督を見据える。「海軍はあの大和に勝てるのかね?」彼だけは、この会議が始まってからずっと、提督から、そして最も重要な問題から目を離さず睨み据えていた。流石に、この混乱期で総理をやっているだけの事はある。肝の座り具合に提督は舌を巻いた。 20
劉度 @arther456
「勝ちます」背筋を伸ばして、提督は海軍の代表として答える。「現在本土で動かせる全ての艦隊を出撃態勢に移行させました。更に佐世保、そして呉が大和を迎撃するために緊急出撃しました」財務大臣の視線が動いた。「この戦いに出し惜しみはしません。全力で敵艦、大和を撃破します!」 21
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする