2010年12月9日

「自由を守れ」に反対する人たちのボリュームゾーンは、「もっと規制を」と唱える人ではなく、「俺の失敗した人生を補償してくれ」という人たち

「自由を守れ」という言説は、たぶん「無能はさっさと死んでくれ」という言葉と、ほとんど同じ意味を持っているのだと思う。自由を守るためには、だから「俺に死ねというのか?」という人たちを説得しないといけない
95
medtoolz @medtoolz

「自由を守れ」という言説は、たぶん「無能はさっさと死んでくれ」という言葉と、ほとんど同じ意味を持っているのだと思う。自由を守るためには、だから「俺に死ねというのか?」という人たちを説得しないといけない

2010-12-09 08:17:50
medtoolz @medtoolz

選択肢をたくさん持っている人たちは、たとえば「子供の教育ぐらい、親の責任で選択させてくれ」なんて思う。一方で、まわりから失敗認定されて、「どうしてこんな教育を?」なんて叩かれた親御さんは、「どうして国が責任を持って教育指針を作らなかったのか?」と怒る

2010-12-09 08:19:04
medtoolz @medtoolz

夜中の救急外来に子供がたくさん来る。ほとんど軽症で、うちみたいなところには、そもそも重症なんて来ない。で、こういう親御さん達は「大丈夫」を買いに来て、その背中を押しているのは、「どうしてこうしなかったの?」という、世間の目なんだと思う

2010-12-09 08:20:09
medtoolz @medtoolz

上手くいっている人は自分の選択を重んじるし、自由はいいと思う。自由に反対する人は少ないだろうけれど、自由を選んだ結果として「失敗」認定される人はどうしたっていて、そういう人はどこかで、自由に後悔する

2010-12-09 08:21:01
medtoolz @medtoolz

「自由を守れ」に反対する人たちのボリュームゾーンは、「もっと規制を」と唱える人ではなく、「俺の失敗した人生を補償してくれ」という人たちなんだと思う。あるいは「規制でみんな不幸になれ」と言い換えてもいいのかもしれない

2010-12-09 08:22:17
medtoolz @medtoolz

規制反対派が対峙している敵というのは、すでに時を失ってしまった人たちの、「未来への嫉妬心」なのであって、これは相当に手強い

2010-12-09 08:24:31
@SiTube

@medtoolz 非実在青少年を求める人の中にも少なからず人生、特に青春を補填して欲しい人がいることを思うとやりきれない。でも方や現実を歪めて窮屈にしようとして、方や現実に見切りをつけて虚構に耽溺した。もうね。

2010-12-09 09:55:24
medtoolz @medtoolz

@SiTube 「時間」て、取り返すの難しくて、この問題はなんとなく、要するに「若さに対する嫉妬」なんじゃないかなと。上の世代で自由万歳って声出してる人たちは、むしろ今でも嫉妬の対象でいられる分、そうでない人より幸福なのでしょうし

2010-12-09 09:57:36
medtoolz @medtoolz

そういう意味で、頑固親父が無法な若者を叩きのめすという、都知事閣下のロールモデルに喝采を送っている人も多いんだと思う。あれを自由に対する規制の問題ととらえれば無謀だけれど、世代間の対立ととらえれば、当然の振る舞いなのかも

2010-12-09 09:59:33
@SiTube

@medtoolz いろんな問題の根はそこにありますね>若さへの嫉妬

2010-12-09 09:59:58
medtoolz @medtoolz

@SiTube 「要するにそれって若さへの嫉妬だろ」というのは、マジックワードになるのかも。。。

2010-12-09 10:02:16
medtoolz @medtoolz

論争というのは、正しいほうが勝つんじゃなくて、勝ちかたを見つけたほうが勝つ。「自由はいいよね」は、正しいけれど、勝ちかたにはつながりにくい目標で、「若い奴らってむかつくよね」というのは、みんな若かったんだから間違いなんだけれど、勝ちに直結してる

2010-12-09 10:01:09
medtoolz @medtoolz

宗教というのを、次の未来への投資であると考えていいのなら、あれ信じてる人は幸福であると言える。若者よりももっと遠い未来を、頭の中に持っていられるのだから

2010-12-09 10:04:49
medtoolz @medtoolz

根っこから間違ってるのかもだけれど、宗教の役割って、上に上がった世代の嫉妬を吸収、解消することで、それがなくなってしまうと、年をとることはそのまま終わりになってしまうから、世の中が閉塞する。宗教ぶん回すと世代の行き止まりを突破できるから、社会が回る

2010-12-09 10:07:10
medtoolz @medtoolz

「若い人に理解を持つ大人」というのは、漠然と、人生に成功した体験を持っている人で、そういう人は裏を返すと、若者に理解を示しつつ、同世代の人の嫉妬を浴びる。若い人から指示される高齢の人というのは、だから同世代からはむしろ叩かれる

2010-12-09 10:17:54
medtoolz @medtoolz

苦労して、成功とは言えない、少なくとも同世代から見てそこまで嫉妬の対象でない人というのは、逆に言うと若者に嫉妬する。若い世代を理解しようとしない。その頑なさ、理解の乏しさが、逆に同世代の支持を集める

2010-12-09 10:18:54

コメント

Cellea Allayne @Cellea 2010年12月9日
まさにニーチェ哲学ですねぇ
0
つっきー @t5a_tsuky 2010年12月9日
相手の論拠と立ち位置を理解するのは重要だよね。何事にも。
0
たかなしいすか @isk_tkns 2010年12月9日
栞&拡散。ほとんどうなずけた。その通りだと思う。
0
K3@FGO残6 @K3flick 2010年12月9日
論争は勝ち方を見つけたほうが勝つってのは最もだなあ。
0
@minazuki_eve 2010年12月9日
面白い見方だけど検証できないから不毛な論だと思う。 本人も言ってるけど「それ嫉妬でしょ」はマジックワードだ。
0
ES@激辛 @ES_gekikara 2010年12月9日
法律の「自由を守る」ってのは、むしろ「無能でも生きられるように」じゃないの? 相手の自由によって自分の自由が削られたり、自由にやって失敗した場合の補償をするのが法じゃないの? その点では意見が異なるけど、だからこそ、「弱い人を守るために自由を守る」って点では根が同じです。
0
いづる和水 @iduru_kazumi 2010年12月9日
バーナード・ショウの『自由は責任を意味する。だから大抵の人間は自由を恐れる』という言葉を思い出した。
0
pon @__pon_ 2010年12月9日
規制を唱える団塊以上の世代が現役の頃は、ネットも無かったし漫画やアニメも今ほど氾濫していなかったわけですよ。
0
pon @__pon_ 2010年12月9日
規制を求める声は今まで彼らが生きてきた社会が理解できないものに変わる恐怖、自分が異邦人になる事の恐怖が根源だと思います。
0
碓井央 @usuiou 2010年12月9日
たいていの人は規範に縛られて生きる方がラクなんですよ 生き方について文句つけられるリスクもないし 同じ生き方してる奴が多いっていうのは精神的に安定するし
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
経済活動の自由と表現の自由はどっちも言葉は自由だし、根拠なく他者に干渉しないと言う基本構造は同じだけど、生活に及ぼす効果は違う。失敗した人生云々という反発が経済活動の自由に向かうならまだわかるけど、表現の自由に向かうとはあまり思えないのだが…。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
自由を哲学的、あるいは心情的にとらえ過ぎなんではないかと思う。実際的な技術、仕組みとして捉えないとキチンとした社会的な「自由」の議論はできないと思う。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
恩恵はもちろん受信側にも大いにあるとはいえ、表現の自由をいちばん身近に感じられるのは発信側。それも真っ先に規制されたり圧力をかけられる可能性があるのは良かれ悪しかれ注目を浴びるような情報発信をしている人。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
一方、近年ネットで敷居が下がったとはいえ情報の発信よりは受信が主である人は多かろうと思う。特に良かれ悪しかれ注目を浴びるような情報発信ができる人はやはり少数派。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
だから表現の自由に関しては多くの人はその意義を感じにくいことが最大の問題と思う。受信が主であっても実際はリッチな選択が可能な情報環境と言う形で皆大きな恩恵を受けている筈だけれど、それは空気の様なもので恩恵を意識しにくいだろう。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
このあたり生活する限り経済活動には必然的にかかわることになるから経済活動における自由については良くも悪くも誰にとっても身近。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
ということで「表現の自由を身近に感じる=表現の自由を守ることに強い政治的動機を抱く」人は社会で少数派になりがちな傾向がある。なので少数の困った人が現れただけでも政治勢力としては均衡してしまう。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
そして残る大多数の人は潜在的な恩恵に気がつけないまま無関心となる。これが表現の自由がたびたび脅かされる理由だと考える。
0
椎路ちひろ @ChihiroShiiji 2010年12月11日
冒頭の「無能はさっさと死んでくれ」はどっちかというと経済活動の自由と密接な関係がある話。実際計画経済的な面を持つ社会福祉政策と市場主義的な側面を持つ経済活動の自由には資源の奪い合いを通じた直接的な対立がある。けど表現の自由はあまり直接の関係はない。ごっちゃにするのは不毛だともう。
0
てんてん @NonSswgwssm 2014年7月29日
同じく私も冒頭を読んだら経済活動の話と思った 同じ「自由」でも表現の「自由」はフリーダム、経済や政治の「自由」はリバティですしまぜて考えるのはナンセンスだと思います。
0