非宗教性の原理(ライシテ)

西山教行氏による、2004年に刊行された『共和国ガイド』より、「非宗教性の原理(ライシテ)」項目の日本語訳。「この本は,中等教育教員の啓蒙のために国民教育相が編集したもので,フランスの知識人がわかりやすい言葉でフランス共和主義を解説したもの」(西山氏のツイートによる)。理解のためのメモとして。
47
西山教行 @jnnNishiyama

いかに転載する拙訳は,2004年に刊行された『共和国ガイド』の一項目。この本は,中等教育教員の啓蒙のために国民教育相が編集したもので,フランスの知識人がわかりやすい言葉でフランス共和主義を解説したものである。現在の問題を理解する上で役立つと思う。

2015-01-14 09:48:26
西山教行 @jnnNishiyama

非宗教性の原理(ライシテ) ベルナール・スタジ(1930-2011)フランスの政治家

2015-01-14 09:48:39
西山教行 @jnnNishiyama

1905年12月9日付けで公布された共和国の重要な法は教会と国家の分離に関わるもので,フランスにおける「共生」の基盤である。この法によって,われわれの社会制度に非宗教性の原理が根付いたのである。

2015-01-14 09:48:44
西山教行 @jnnNishiyama

この法は,3つの分離しがたい価値観を規定するもので,共和国契約の親石となっている。まず良心の自由があげられる。これにより,市民一人一人は自分にとっての精神的あるいは宗教的生活を選択することができる。次に,精神的,宗教的信条についての権利の平等があげられる。

2015-01-14 09:48:56
西山教行 @jnnNishiyama

これはあらゆる差別や制約を禁ずるものである。最後に政治権力の中立性があげられる。これは精神的,宗教的分野へのあらゆる政治的介入を禁ずることで,政治権力の限界を認めている。

2015-01-14 09:49:01
西山教行 @jnnNishiyama

1905年の法は市民権と宗教的帰属を分離するよう主張しているのである。フランスはカトリック国家としての自己規定をやめたのである。

2015-01-14 09:49:06
西山教行 @jnnNishiyama

この分離は多くのフランス人に痛みを与え,多くの論争を巻き起こしたとはいえ,この闘いを通じて非宗教性の原理は共和国の共有する価値観へと変容するに到った。

2015-01-14 09:49:11
西山教行 @jnnNishiyama

ところが,1905年以降,社会状況は変化した。移民の影響のもとで,フランスは思想的,宗教的領域において多元的な国になった。このことは社会の多様性を尊重することによって,統一を作り上げることを意味する。

2015-01-14 09:49:15
西山教行 @jnnNishiyama

非宗教性の原理の名のもとにフランスが新たな宗教の受け入れを認めなければならないのであれば,その宗教もまた共和国の価値観を十全に尊重しなければならない。このような条件のもとにこそ,その統合が成功するのである。

2015-01-14 09:49:20
西山教行 @jnnNishiyama

非宗教性の原理とは自由であり,また平等であり,すなわちその信条がどのようなものであれ,市民間の平等なのだ。

2015-01-14 09:49:24
西山教行 @jnnNishiyama

なによりも国家こそが,さまざまな宗教や精神的グループ全体との関係を考慮に入れて,すべての人々が自分たちの意見を表明できるよう監視する使命を持っている。

2015-01-14 09:49:45
西山教行 @jnnNishiyama

いかなるグループ,いかなる共同体といえども,なかでも出自を理由として宗教的帰属を誰であれ,課することのないよう,国家は監視しなければならない。非宗教性の原理とは差別に対する闘いの前衛なのだ。

2015-01-14 09:49:50
西山教行 @jnnNishiyama

だが非宗教性の原理は,これと同時に兄弟愛でもある。なぜならば,これは異なる文化や思想,宗教を認め,尊重するためであり,すべての人々が互いを尊重し,いくつかの価値観へ共に結びつくことによって,共生を可能とするものだからである。これはさまざまな使命の中でも最も高貴なものである。

2015-01-14 09:50:03
西山教行 @jnnNishiyama

われわれを団結させるものは学校で学ぶ価値観だ。この点で,子どもや青少年を受け入れる学校は特別な空間である。学校は子どもに知的道具を与え,それにより子どもは,自分や親の出自や信条がどのようなものであれ,啓蒙された市民となり,互いの違いを乗り越え,共和国の価値観の共有を学ぶのである。

2015-01-14 09:50:15
西山教行 @jnnNishiyama

このために,学校はこの世界からの避難所でないにせよ,「怒り狂う世界」から守られていなければならない。学校は,分裂をもたらす紛争や,相違を誇張する行動やしるしを前にするもののの,共和国を作り上げる価値観や意思,夢を実現する共同体へ貢献をもたらさなければならない。

2015-01-14 09:50:21
西山教行 @jnnNishiyama

非宗教性の原理は,自由,平等,兄弟愛の刻印を刻み込まれていることから,共和国契約の基礎となっている。

2015-01-14 09:50:24
和 田 浩 明 / H i r o W a d a #現 場 に 感 謝 @spearsden

『現代フランス社会における「ライシテ」概念の変容』 - 満足圭江/東洋哲学研究所 bit.ly/1zcIufE

2015-01-15 02:44:21

コメント

Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015年1月15日
その本来非宗教的であったはずのライシテが半ば宗教化してるっての、なんつーか問題の根深さを感じる
14
wot-object @wot_object 2015年1月15日
非宗教的であることと反宗教的であることは違うと思うのだけど。非宗教的であるために宗教に対して攻撃的でなければならないのだろうか。
6
巡礼者 @Hagiasophia765 2015年1月15日
そもそもフランス共和国の非宗教性の原理って、同化の原理だよね。完全同化ではないけど、宗教を共和国価値観のバリエーションにする為の通過儀礼。そういう意味では、同化だし排除と表裏一体なんだよね。本当に共存するのなら、同化するのではなく、外部の存在として止揚するしかない
0
かもの ねねみづ @cmnnmz 2015年1月15日
勉強になります。と同時に、この原理の脆弱性みたいなものも垣間見える。今回の事件でいうと、非宗教性の原理に刻まれている、兄弟愛を破ったのは、どちらが先であったろうか。
0
源八 @gen_pati 2015年1月15日
フランスの非宗教の理念に宗教的原理主義を感じる。この理念はキリスト教を前提にしてるからイスラム教にはそのまま当てはめにくい。例えば出自を理由に宗教的帰属を課せないとあるが、ムスリムの子供は自動的にムスリムになるからこの時点でライシテに違反する。
0
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年1月15日
政教分離あるいは世俗主義となると、私は誰も宗教の違いを気にしない社会と言うのを連想するのだけど、フランスの場合は積極的に宗教の象徴を消して回るのか。涜神権を手に入れたからには使わずには済ませられない、みたいな感じ?
2
ウミドリくん @umidori_kun 2015年1月15日
a_nightbreed >「政教分離あるいは世俗主義となると、私は誰も宗教の違いを気にしない社会と言うのを連想するのだけど」 それが間違い。政教分離も世俗主義も、「どの宗教であれ宗教と社会の結び付きを等しく拒絶する」という態度。あなたが言っているのは多宗教。
4
barubaru @barubaru14 2015年1月15日
でもブルカが問題になるまでは十字架とか持ち込み自由だったんですよね。
0
清水代歩 @kaho_biz- 2015年1月15日
フランスというのは王政時代には「カトリックの長女」を称したカトリック国で教会が庶民生活の隅々から教育にまで深く関与してたんですよ。その反動で大革命期には苛烈な反教会政策がなされるんですけどこれは1801年のナポレオンとローマ教皇庁との政教協約で一旦手打ち、しかし1905年に至ってその取り決めを破棄、信教の自由を保障した上での厳格な政教分離を定めた訳です。
3
清水代歩 @kaho_biz- 2015年1月15日
というのは1870年成立の第三共和政を揺るがせたブーランジェ事件やドレフュス事件を通じて共和体制に挑戦して来たのがカトリック教会だったからであって、またその頃に力をつけて来た中産層や小市民が共和体制(普通選挙が認められていた)下の議会民主主義を通じて政治へと参画していくには旧来の王政や貴族制と密着していて教育(民主主義理念の普及の場)界にも重きを成していた教会が邪魔だったということなんですな。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2015年1月16日
どの国にも歴史があるってことだな
0
nekosencho @Neko_Sencho 2015年1月16日
まあ、自分とこで盛んな宗教も規制してるのに、なんで外国や、現状では大多数とはなってない移民の宗教は看過しなきゃいかんの?って話になったら、よほどうまい対案でも示さない限り納得させるのは無理なんじゃないかな
2
nekosencho @Neko_Sencho 2015年1月16日
似てるってほどでもないけど連想したのは、日本での温泉その他での刺青規制だな。アレも国内だけでいえばうまくやれてる話なんだが、外国の風習とかとの絡みで問題になってるわけじゃん?
2