ピケティを参考に最高税率を考える

ピケティと彼の共著者らは、所得税の最高限界税率は80%ぐらいでいいと主張しています。この背景について考えます。
36
権丈善一bot @bot_kenjoh

主流派の経済学に忠実であろうとすれば、社会保障のみならず世の中の社会経済問題を適切に論じることができないし、世の中に存在する社会経済問題を適切に論じようとすれば主流派の経済学と距離を置かなければならなくなる。

2015-01-16 14:19:54
伝左衛門 @yumiharizuki12

「社会経済問題を適切に論じようとすれば主流派の経済学と距離を置かなければならなくなる」ちょっと言い過ぎでないか。主流派でもピケティやサエズみたいな人は、あくまでも主流派の方法でリベラルな結論を導いている。日本では、エライ先生でも経済学の方法論を捨てて経済学批判を始めるのが残念。

2015-01-16 14:39:45
伝左衛門 @yumiharizuki12

確認ですが、ピケティやサエズは、個人的な価値観で課税強化を主張してるのではないです。「功利主義的厚生関数」という異質な個人を集計する標準的な社会厚生関数を最大化する最高税率が、例えば80%だと言っているのです。効率を損なってまで再分配しろ、と言っているわけではない。

2015-01-16 15:01:55
伝左衛門 @yumiharizuki12

夫人がフリードマンの「神様が与えた抜きん出た才能で稼ぐのと、親からもらった財産で稼ぐのを別扱いする必要はない」という言葉を引用していたので思い出したが、八田先生は、高所得者の所得はほとんどすべて運によるもので、減るものでないから重税かけてよい、と言っていた。

2015-01-16 15:18:34
伝左衛門 @yumiharizuki12

経済学の基本的な考え方は、税金がどうしても必要なら、減らないものにかけろ、というもの。これはイチローの年俸推移だが、彼の生涯収入は数百億円。彼の所得のほとんどは神様が与えたものだから、重税をかけてかまわないという考え方はありうる。 イチロー4000本.com/entry6.html

2015-01-16 15:26:55
伝左衛門 @yumiharizuki12

八田先生の御発言、ソースは、7号で廃刊となった幻の経済誌「エコノミックス」(東洋経済新報社)第3号(2000年秋)の、60頁あたりをご覧あれ。私は、この雑誌、全部持ってる。「経済セミナー」などよりはるかに面白かった。

2015-01-16 15:36:05
伝左衛門 @yumiharizuki12

八田先生の主張は一貫してるのですよ。彼は、「高所得者の労働供給に所得税率はあまり関係ない」と常々主張している。だから、消費税反対、所得税改革で財政再建せよ、というのが先生の御主張になってるわけ。

2015-01-16 15:46:12
伝左衛門 @yumiharizuki12

功利主義的厚生関数を考えるのは、経済学のもっとも普通のアプローチなのだが、共和党支持者であるマンキューでさえ、功利主義に立てば、所得を所与とする限り、所得の限界効用の均等化、つまり完全平等が最適な再分配であると指摘している。voxeu.org/article/do-you…

2015-01-16 16:38:08
伝左衛門 @yumiharizuki12

問題は、税率が人々の労働供給にどれだけ影響するかで所得が変わってくること。昔は、この労働供給抑制効果は大きいと考えられていたので、40%ぐらいの最高税率がよいと考えられていた。ところが最近は、いろいろ考えるともっと高くてもよい、というのが最近のピケティやサエズの研究。

2015-01-16 16:44:35
伝左衛門 @yumiharizuki12

減らないものに課税するのがよいという原則に則ると、所得でなく稼得能力に課税するのがよいが、所得は見えても稼得能力は見えない。マンキューの研究は、稼得能力と高い相関のある「見えるもの」に課税しようアイデア。具体的には身長税の話だが、最近話題になったイケメン税も同じように考えられる。

2015-01-16 16:51:16
伝左衛門 @yumiharizuki12

身長税を実施すると、同じ所得でも背の高い人に高率で課税することになる。かえって不公平と批判されそうw

2015-01-16 17:07:58
伝左衛門 @yumiharizuki12

八田先生の考え方がよくわかる一節。例が千代の富士とか中森明菜とか、ちと古いがw 八田達夫「直接税改革」(日本経済新聞社、1988年) pic.twitter.com/wrrGbCt7qg

2015-01-16 17:44:47
拡大
伝左衛門 @yumiharizuki12

@euroseller @fujisawaIFE ピケティの最高税率論は、それだけの税率になったら、ほとんどのCOE報酬はもっと低い税率のレベルにとどまるだろうというものです。

2015-01-16 17:55:51
伝左衛門 @yumiharizuki12

Piketty-Saez-Stantcheva 論文(AEJ:Economic Policy 2014)では、最高限界税率とトップ1%の所得比にはきれいな逆相関があるとしている。このようなパターンが生まれる役員報酬決定モデルも提案。 pic.twitter.com/Ca5kWe1vgj

2015-01-16 18:11:27
拡大

コメント

Talgo @TalgoRD 2015年1月17日
[c1751861] おまえにはまとめにコメントする前にやらなければならないことがあるはずだ。 http://www.j-cast.com/2014/12/02222261.html http://irorio.jp/kaikuroiwa/20141201/183037/ http://npn.co.jp/article/detail/46924178/
1
珍獣先輩 @you_gou 2015年1月17日
なんかよく分からないなぁ。金持ちは倒れないからというのは一体どういう理屈なんだろう?収入が絶たれれば死ぬしかないのは貧乏人も金持ちも企業も変わらないんじゃないの?
1
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年1月17日
you_gou 所得1億円の人に所得税70%をかけるのと所得500万円の人に所得税70%をかけるのは訳が違うという単純なことでは?所得1億円の人の手許には3000万円残るわけですが、所得500万円の人の手許には150万円しか残らないわけで。それなら所得1億円の人に所得税70%、所得500万円の人に所得税30%をかけることにしましょう、ということで。
0
tarosuke @tarosukenet 2015年1月17日
you_gou それは税の種類によって違うよ。消費税が80%ならほとんどの企業が即死だけど法人税が原則そのままなら法人税率が80%だと日本の経済的問題がほぼ吹き飛ぶというくらい違う。金持ちは倒れないからというのはあまりいい例ではないけど課税後の残りの額を考えればそれほどオカシイ話でもないと思う。
0
usi4444 @usi4444 2015年1月18日
@yumiharizuki12 反経済学的発言をみて経済学クラスタは「いや違う。本物の経済学は」と反発するけど、社会保障分野や雇用分野問題でデカイ顔して出鱈目言ってるケーザイ学者を見ての経済学評なんだから連中をどうにかしないとね。
0