10周年のSPコンテンツ!

アニメ版「アイドルマスターシンデレラガールズ」1-13話の前川みくについて

短い中でもキャラクターの内面についていろいろ示唆されていたのでは、という話。 他の面々についても細かく見て行くならきっと、同じように面白そうです。 【関連】 ※こちらで順次まとめている、自分及び気になった他の方の感想集から抜き出しました。 このまとめにも関連する話も色々追加されていっているので、宜しければこちらもどうぞ。 続きを読む
アニメ 前川みく デレマス考察 シンデレラガールズ デレマス アイドルマスター アイドルマスターシンデレラガールズ
90
きりねこ @155kudryavka
みくが目を反らしながら(鏡を見ながら)智絵里を励ますシーン。これがなつ姉の言ってた「みくは周りへの劣等感を抱えている」ってことなんだろうな pic.twitter.com/dlaK5FoVQK
拡大
拡大
拡大
相楽 @sagara1
前川みく、OPを見ても「そっと鏡を覗いたの」に合わせての登場も映された方でも、鏡(→自意識とか劣等感とか?)と結び付けられイメージが出されている観はあるなー。 twitter.com/155kudryavka/s… (続く #imas_cg pic.twitter.com/6nF7urO1zB
拡大
相楽 @sagara1
そんな前川みくの一方、同じキュート属性でもそのままの個性を前面に出す面々、特にその前でもここでも視線を自分の高さに引き降ろしてみせる杏を中心にした島村さん、かな子、智絵里が素直に画面のこちら側を見つめてくる。(続く #imas_cg pic.twitter.com/ZNtrJiiWza
拡大
相楽 @sagara1
名前を書いた猫用餌皿や猫耳その他をしっかり袋に包んだ尻尾が囲み、それが鏡に映ってる。手前は魔法書等からして、蘭子の場所。 彼女の方はこの前後を見るだけでいかに居心地のいい場所として愉しくやっているか見て取れる感じ。 #imas_cg pic.twitter.com/P01mXF2gVg
拡大

※蘭子はあのキャラを防衛的なキャラ作りでなく(とても肯定的な)自分らしさとして、このシンデレラプロジェクトの中では/この仲間たちの中ではとても伸び伸びと鬱屈・屈託なくやっていそう/やっていられていそうという話です。
※2話本編中の描写についてもこんな感じの↓話もあったりします。

たまごまご・オブ・ザ・デッド @tamagomago
今回のアニメデレマス二話、蘭子の立ち位置が配慮されていて、決してぼっちではない。彼女が自分なりのペースを保っているのを、みんながうまい具合に距離をとっている(みくの顔とか)。そして一人なのにいつも誰かがそばにいる。すごい。 pic.twitter.com/WAKTkTLvpy
拡大
拡大
拡大
拡大
たまごまご・オブ・ザ・デッド @tamagomago
蘭子は自己承認欲求的な中二病じゃなく、もっとシンプルな「かっこいい!」ではないか、というのを鈴木フルーツさんと大作さんと話していたんだけど、それを証明するのがこのみりあちゃんの笑顔。みりあの「すごい!」と同じ意義の純粋さ。 pic.twitter.com/Z59FfYsW80
拡大
拡大
相楽 @sagara1
(続き あと、OP終盤、前川みくがトリオを組んでるのはその双葉杏と、それに多田李衣菜か。 だりーな、2話での自己紹介「ロックなアイドル、目指してます」を島村さんに素直に感心されて頬赤らめてたなー。 #imas_cg pic.twitter.com/A9r07QdnAC
拡大

※「目指したいセルフイメージに実態が追いついていない」だりーなと、みくの「まず居たい場所にいるため(?)のキャラ作り」の対照、というニュアンスです。

相楽 @sagara1
続き) デレマス1話冒頭「お願い!シンデレラ」が流れる中での前川みく。 1枚目についての指摘(2枚目)はこちらblog.livedoor.jp/kaigai_no/arch…から。 劣等感や鏡のモチーフがここでも提示されていたのかな。 #imas_cg pic.twitter.com/LWcKg8CPO3
拡大
相楽 @sagara1
続き)あ、前発言1枚目は"2話でシンデレラプロジェクトの14人として集合する面々の中でも、キャラを演じていない前川みくは背景に溶け込んだ(ある意味矛盾した表現ですが)抜きん出たモブっぽさ、突出したキャラやスター性があえてないように描かれている"という話です。 #imas_cg
ゑむ@C96新刊委託中 @aa_mou_aa
高森さんのインタ曰く劣等感を抱えてるみくにゃんを支えていきたい pic.twitter.com/P6YwyWgXL8
拡大
うそねこ @usoneko
ひらっふわっもこっ感が出てるみくにゃんの衣装が素晴らしいと思います(’v’*) それと、みくも早くステージに立ちたいにゃぁ」の台詞の 「にゃぁ」の部分のしぼり出すような声がすごく好きなの pic.twitter.com/MT4Khn43m6
拡大
うそねこ @usoneko
2話のみくにゃんとちえりちゃんのシーン  ◆ いろいろ解釈あると思うけど、うちはこんな感じ。 このシーンのことを知って、自分のみくにゃんの理解度はまだまだだなと思ってしまいました pic.twitter.com/UdxX8HGlTu
拡大
セレビィ量産型 @serebixi
【アニメシンデレラ】みく智絵里さん pic.twitter.com/Rok6oOF0hz
拡大
うそねこ @usoneko
@serebixi 自分が ジメーっとした陰湿な感じに仕上がってるのに比べ、カラッと明るい仕上がりになってて、ある意味目からウロコの思いでしたw
うそねこ @usoneko
根本の発想は近くても 表現の仕方で楽しいマンガにもなるのね。ステキ
相楽 @sagara1
@usoneko はじめまして。デレマス1話の「お願い!シンデレラ」が流れる中&2話でお目見えしたOPでの前川みくの登場場面とその描き方からも、そんなイメージが提示されていたのかなtwitter.com/sagara1/status… と思えたりしました。 #imas_cg
うそねこ @usoneko
@sagara1 おぉ、なるほどー 僕自身は がっつり検証せずに、アニメを楽しいーヒャー みたいに見ておりましたのであまり意識はしておりませんでしたが、 無意識のうちに みくにゃんと鏡 というものが刷り込まれていたのかもしれませんね
相楽 @sagara1
@usoneko このアニメ版「アイドルマスターシンデレラガールズ」、初見の感想は1話も2話もとにかくもう「楽しい、ヒャー!ありがとう、本当にありがとう……」に尽きてしまいますよね。自分もそうでした。ホント、素晴らしいです。 #imas_cg
相楽 @sagara1
「アニメ版「アイドルマスターシンデレラガールズ」1話&2話の前川みくについて」をトゥギャりました。 togetter.com/li/771731
たまごまご・オブ・ザ・デッド @tamagomago
みくにゃんの劣等感は、通常の言葉(いわゆる東京弁、公用語)を練習しようとしてるところからも見え隠れするのかもねえ。 みくにゃんに、コンプレックスという一言が刺さるだけで一気になにもかもがひっくり返されて見えるモバマスアニメ。怖いわ。
_ @gou_zou
ああ、そういえば1話でも2話OPでもみくにゃんは鏡を見ているのか。そう考えると、「鏡の世界へ手を伸ばすことで変身する」を描かれた1話冒頭のみくにゃん、美しすぎのせつなすぎでしょう。この子はいつだって劣等感に苛まれてるんだ。そんな子が「鏡に写った自分を認めてあげるj」という描写。
_ @gou_zou
2話OPじゃ猫耳を付けたまま鏡に写る。この子にとって猫耳はアイドルになるためのドレスであり、劣等感を隠すための仮面でもあるわけで、だからこそ頑なに自分を曲げないわけで、みんなとお揃いの衣装を着ながらもセルフプロデュースである猫耳を外せないみくにゃんの想いいじらしすぎるでしょう
残りを読む(579)

コメント

師走悠裡 @shiwasu_yuri 2015年1月19日
CDドラマで自分を曲げないよと言っていたのが実は鎧の呪いで脱げなくなっていただけとか、ドリチケ特訓後みくにゃんが猫耳をはずしてステージに上がり、アイドルの仕事は楽しいと教えてくれたって言ったことを考えると愛おしさがすごい。このアニメは新しい側面やドラマのイメージを膨らませました
相楽 @sagara1 2015年1月21日
追加更新。原作ゲームとの関連、一連の考察(?)の注意事項などについて。 #imas_cg
ドンドコ @n0yujin 2015年1月22日
考察にこだわるのではなく、言葉を取り上げてこういったと罵り合うのはダメだと思いますね。自分も意見を修正していく、違っていたならそれを楽しむことも大事で、その表現だけにこだわりすぎるのはかえって全体を見失うと思いました。
ドンドコ @n0yujin 2015年1月22日
例えば未央のエレベーター駆け込みはマナーが悪い、という意見も見ましたが、全体の表現でははしゃいで時間に遅れた三人をPが叱る(あるいは宣材がうまく撮れない時の助言も)など、Pが三人の失敗や困難を正して導いていく、という対比がちゃんと作られていると思います。
相楽 @sagara1 2015年1月26日
「1話&2話の」「1-3話の」にまとめ題名も変更。 #imas_cg
ドンドコ @n0yujin 2015年1月27日
みくが3話で示した姿は、配置としてみると「始めからいたのに追い抜かされた初期組」の嫉妬を負わせることもできますよね、一方追加されてCVを手に入れたアーニャ・美波が3人を励ます。コミカルに描いたことは正解です、要素としてこう見えるとしても、別にみくが背負うことでもないですから。
ドンドコ @n0yujin 2015年1月27日
Pはそこまで遠大には考えていないと思いますが、大げさに言ってみくはセンターを張れる存在として選んだ可能性が大きいと思います。アイドルらしいアイドルという意味では他のキャラは個性が尖っていたり、前に出るという意欲が乏しい感じがある。リーダーシップを考えると、蘭子やアーニャへも遠慮無く絡み、新人へも先制で迎え入れ、対抗心を示して熱意もあるみくにその役目を見てもおかしくはないです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする