10周年のSPコンテンツ!
18
リンク www.gepr.org 福島の議論はなぜ決着がつかないのか:科学の限界と科学者の責任 : Global Energy Policy Research GEPR(グローバルエネルギー・ポリシーリサーチ)は、日本と世界のエネルギー政策を深く公平に研究し、社会に提言するウェブ上の「仮想シンクタンク」です。この機関は、アゴラ研究所(http://agorajp.com/、東京)が運営し、エネルギー問題についての研究と調査、インターネットでの情報提供、シンポジウムの開催、提言の作成、書籍の出版を行います。
Jun Makino @jun_makino
gepr.org/ja/contents/20… 福島の議論はなぜ決着がつかないのか:科学の限界と科学者の責任
Jun Makino @jun_makino
一見おかしなことは書いてないように見えるんだけど、「科学の限界」と、現在の知識の限界を区別しないで議論しているように見える。
Jun Makino @jun_makino
もうちょっと正確にいうと、この 2 つの違いが意識されていないわけではないんだけど、後者が発生する ( 発生した ) メカニズムを不問にしていることがなんか問題な気がする。
Jun Makino @jun_makino
一応例をあげると「4.生物学的容量反応勾配:住民の初期被ばく量データがないので、被ばく量が多いと癌の発症率が上がる、ということが示せない→ × 」と書いてあるんだけど、
Jun Makino @jun_makino
何故「住民の初期被ばく量データがない」のか、本当にないのか、それはこれからなんとかできないのか、あるいはなんとかできなかったのか、という議論は欠落している。
Jun Makino @jun_makino
と科学・科学的方法原理的主義者としては思うのでした。
Jun Makino @jun_makino
ありゃ、「的」が余計ですね。科学・科学的方法原理主義者。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする