Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

知識も経験もないことを語るのに「自分の意見」は要りません

大学入試で課せられる小論文、小中学校で課せられる感想文が、 学生の作文能力を低下させていないか。 大学教員を中心とした小論文・感想文批判
133
渡邊芳之 @ynabe39

テレビで「小論文の書き方」みたいのをやってるんだけど、出来上がるのが典型的な「論述式試験のダメな答案」なので笑う。しかしいまどき入試の小論文でもこんなに紋切り型ではいい得点は得られないのではないかと思うが。

2015-01-24 10:17:41
渡邊芳之 @ynabe39

「入試の小論文」というやつが大学生の作文能力を低下させていると思う。

2015-01-24 10:18:29
Nknk75 @nknk75

@ynabe39 普通科高校教育の出口が大学入試で、日本の進学校の高校教育は大学入試が基準になっているわけですが、大多数の大学生にとっては大学教育の出口は就職になっていて、就職活動ではしばしば「小論文的なこと」が求められる、というのも微妙なところです。

2015-01-24 11:18:16
渡邊芳之 @ynabe39

@nknk75 就職試験の小論文でも「これからも考えていきたいと思います」で評価されるんですかね。むしろ書き文字の読みやすさとか「おかしな人」でないかどうかを見るかもしれない。

2015-01-24 11:21:11
ε=(´ω`メ) @fa_censored

「小論文特有のにおい」を感じるのです。微妙にえらそうな感じの文章といったらいいのか。

2015-01-25 15:05:23
ε=(´ω`メ) @fa_censored

「○○について論じること」って問題文にあるんだから、「ここでは○○について論じてみたいと思う」とか書かなくていいと思うんだが、そういう指導されているのかなあ…まあ、文頭の一文だけならまだしも、パラグラフごとに書いてあると気になる。

2015-01-25 15:07:23
ε=(´ω`メ) @fa_censored

まあ、できなくなっているんだから、次の授業ではそこら辺も説明するか…

2015-01-25 15:09:11
ε=(´ω`メ) @fa_censored

論文の指導していても「感想は要りません」という文言を何度言ったことか。ここまでだともう学生の責任ではなく、そう教育されてきたってことなんだろうかねえ…

2015-01-25 15:12:57
DICTATOR @SPQR_RomeFan

というか、それを今まさに教育する段階だろうに>>RT

2015-01-25 16:08:52
DICTATOR @SPQR_RomeFan

大事な手間を惜しむな

2015-01-25 16:09:07
kobashi @kobashi_solimp

一番柔軟な時期に夏休みには感想文、日記。試験では作者の気持ちを~って毎回やってればレポートや論文には向かないだろうし、何よりそういう教育を受けた人が小中学の教師なんだからそういう風になると思う。

2015-01-25 17:28:48
ε=(´ω`メ) @fa_censored

「△△はよくないと思う」ではなく、せめて「○○という観点に立つと、△△は好ましくない」とかそういう書き方をするよう指導しているんだが…この「○○という観点に立つ」という文言をわざわざ書く、すなわち議論の前提を明示することが論文を書いていくときには重要なんだろう。

2015-01-25 15:17:39
king-biscuit @kingbiscuitSIU

「感想」すらちゃんと持ったことのないまま、って若い衆は多いんよ。てか、むしろそっちが昨今デフォかも知れん。そんなのに「客観的」な「考察」だの「分析」だの「記述」だのったってそりゃあんた、単なる抑圧ないしは「よくわかんないけどこういうフリしときゃいんでね?」的理解にしかならんわな。

2015-01-25 15:17:42
ε=(´ω`メ) @fa_censored

@kingbiscuitSIU ゼロがデフォルトですが、しかし論じようとすると一気に高圧になってしまう、その極端さが気になるところです。

2015-01-25 15:19:38
king-biscuit @kingbiscuitSIU

@fa_censor それ。なんぼかおベンキョしてきたorさせられて不能感抱いてきたような若い衆だから、なんでね?

2015-01-25 15:20:27
ε=(´ω`メ) @fa_censored

@kingbiscuitSIU イメージとしてはどこかにある正解を即席的に見つけられる(見つけてくればいいんでしょ)と思っている感じです…ただ、一部の同業が「その感じ」と遠~く地続きになっている気もします。

2015-01-25 15:24:58
gurucchi @gurucchi

@kingbiscuitSIU 「ちゃんと考えなきゃいけない場面」に出くわしたことがないんでしょうね。なんとなくこっちのほうが楽そう、皆こういってるしって動き方で済んじゃう程度の経験値。

2015-01-25 15:21:27
渡邊芳之 @ynabe39

「入試の小論文」と論述式試験やレポート、学術論文の違いはことあるごとに教えるのだけど、いつまでも小論文を書き続ける学生がけっこういる。

2015-01-24 10:24:18
吉岡友治 @yoshiokayuji

@ynabe39 先生の議論はいつも面白いのですが、小論文専門の立場から言うと、ちょっと疑問が出てきます。むしろ小論文があるから、書くことに意識が行くのでは? では、入試の英語や国語や理科が大学生の英語や国語や理科の能力を低下させているのでしょうか?

2015-01-24 10:23:09
渡邊芳之 @ynabe39

@yoshiokayuji 小論文のいけないところは「自分の意見を書く」ことです。たとえば論述式試験やレポートではそれは「学んだことや調べたこと」を書いたうえでのおまけにすぎないか、むしろ書かないほうがいいことです。

2015-01-24 10:27:15
吉岡友治 @yoshiokayuji

@ynabe39 なるほど。私が米大学院で受けた教育は「factを並べただけではダメ」でした。自分の意見を書き、それを根拠でサポートする。「学んだことや調べたこと」を書いただけではよい評価が得られない。ただ学部段階では「factでも仕方ないけど」という扱いでした。

2015-01-24 10:31:50
吉岡友治 @yoshiokayuji

@ynabe39 そこから考えると「本来の学問の方法ではないけど、よい学部生となるには」という教育的理解でよろしいでしょうか?

2015-01-24 10:39:01
渡邊芳之 @ynabe39

@yoshiokayuji 大学入試の小論文はそれこそfactなしの意見だけなんです。

2015-01-24 10:36:23
吉岡友治 @yoshiokayuji

@ynabe39 「factなしの意見」を書くとしたら、小論文の教え方が悪いのでしょうね。

2015-01-24 10:41:06
渡邊芳之 @ynabe39

@yoshiokayuji おそらく吉岡さんが考える「自分の考え」と小論文に盛んに書かれるような(知識や事実に立脚しない)自分の「意見」とは本質的に違うものなのだと思います。学術論文にもそんな「意見」は書かないでしょう。

2015-01-24 10:43:11
残りを読む(159)

コメント

きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2015年1月26日
ラジオ番組の感想をメールで送ったり、お店に置いてある用紙に意見や感想を書いたり、なんやかんや「意見」を書く機会って社会に出ても存在するし、そういうとき別に教わった正解なんかにこだわらずに自分の言いたいことを書けるので、先生の言ってることはかなり杞憂な気がする
0
似非リベラルを打倒せよ✊わきまえないオッサン断固支持! @naotokakashi 2015年1月26日
小論文やテストだけでなく、テレビや新聞、まとめサイトと言ったマスコミも、事実よりも「ウケ」が優先されてて……問題の根っ子は深そう
8
こしみずひさつね/輿水久常 @koshimizuhisatu 2015年1月26日
ラジオのハガキ・メール職人や常連と呼ばれる方々が普通のお便りのコーナーで度々採用されているのをよく聞くとわかるが、最初から自分が真に言いたいことや聞きたいことを投稿する気などさらさら無く、いかにDJがそれを元に気持ち良く話を膨らませられるかということに腐心してる。
38
marumushi @marumushi2 2015年1月26日
ラジオ番組の投稿にも、判で押したような感想や賞賛のみを書いたいわゆる「凡メール」はある。まあそんなのばかり好んで取り上げるような番組は自然と聴かなくなるけどw
0
でき🌂 @dekijp 2015年1月26日
知識も経験も無いけれども自分の意見を求められた挙句、もの凄く適当に選ぶのが現実の選挙です。ポスターの顔で選ぶとか、棄権とか白票とか自分の名前を書くとか多いですよね。
15
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2015年1月26日
道徳系のビデオの感想とか「どうしたらいいとおもいますか」系の作文小学生の時に書かされること多いけど、「スケールでか過ぎて個人で出来る具体案なんてほぼほぼねーだろコレ」と思いながら「できることをやっていこうとおもいます」くらいしか書けないんだよね。そういう作文の癖がついてるんじゃーないのかねぇ。あれは(社会に出ても似たような状況に遭遇することは多々あるんだけど)どう無難な文章に、かつ文字数を稼いでそれっぽく仕立て上げるか、というところにしか着地しないので苦手である。ディスカッションできないしね。
7
とり名古屋 @hatsuhominami 2015年1月26日
真面目な先生方としては毎年毎年教え続けてうんざりかもしれないけれど、全然、微塵も、まったく文章の書き方を教わる機会がなかった人間としては、そうやって遅まきながらも書き方をまともに指導してもらえる学生がうらやましい。
7
ねや @AriaSub 2015年1月26日
しかし、会社にはいると、報告書に所感を求められることが多いこと多いこと。
5
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年1月26日
大学入試の小論文は一般的に時間制限が厳しく、字数も短い(せいぜい1200字程度)、参考文献を調査することも不可能。したがって提供される型にいかにうまく落とし込んでいくか?でほぼ点数は決まる。もちろんその問題以前に敬体と常体の混用やふさわしくない言葉遣い(「~~とか思ったりする」、「~~だょ」)でも大いに点数は変わる。
1
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年1月26日
型を提供者として有名なのが樋口裕一氏。最近は新書著者としても結構有名な人である。彼の型は基本的に「『小論文の要旨』→『要旨に対して賛成/反対の意見表明(彼はどちらでもよいが反対した方が高得点になる可能性が高いといっている)』→『意見の根拠』」である。ちなみに彼はここで批判されている「今後もよく考えていきたい」とか「できることからコツコツと」的なことを書くのはタブーであるとも指摘している。
0
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年1月26日
基本的に樋口氏の型はそれほど悪いものではないと思うが、入試の小論文は独特の制約があるだけに、がんばって仕上げても非常にモノトーンなもの(ワンフレーズポリティクス的な言辞とでもいおうか)になりがちで、かつそういうものが高得点になる。字数や時間に制限があるものだから多面的に論じようとすればまず間違いなく尻切れとんぼになる。(そういったできそこないの小論文ではえてして「今後もよく考えていきたい」とか「できることからコツコツと」という結論になってしまう。)
0
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年1月26日
@ynabe39 渡邊氏が論述答案やレポートに求めているのは「サーベイ」ということになるのだろうが、卒論などでは「先行研究+根拠にもとづいた自分のオリジナルな見解」が求められることになるだろう。そういった面では「自分の見解」を根拠にもとづき書くことは大切なはず。ただ大学入試の小論文は非常に制約があるものなので、奇妙な「見解」を示さざるを得なくなる。
0
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2015年1月26日
読書感想文も小論文も非常に問題があるものなので、改めるべきだが、それなりの量の文章を若いときに書くという経験は有益であろう。改善案として故大野晋氏が「日本語練習帳」で提唱したように「要約」を国語教育に体系的にとりいれていくとよいのではないか。大学入試でも「10000字程度の文章を読ませて1000字程度の要約をつくることを要求する」という試験がいいと思う。相当の知的能力がはかれるはず。
2
九銀@半bot @kuginnya 2015年1月26日
「どんなバカな質問でもホイホイ出来る」という環境は良いな。減点方式だと自分に自信を持つ事が難しい。
2
kartis56 @kartis56 2015年1月26日
会社の報告書って自分が関わったことでしょ。業務としてやったことなのに知識も経験もないの?
1
kartis56 @kartis56 2015年1月26日
そもそも入試の小論文で、知識や経験を求められたら大したこと書けないだろうに。
1
ペコちゃんdēmagōgos @a_la_clef 2015年1月27日
小学校の授業参観いってみればわかりますよ。意見の出し方、感想の述べ方に小学校特有のフォーマットが用意されているんです。そこに3~6年生の4年間漬け込むんですから。 それから小中で「伝わるべき内容は発信側と受信側で一つしかない」という観点の指導はないです。 さらに、それぞれの意見は否定しない、という違う次元のモラルで表面を流してしまいます。
0
ぬいぐるみにされた犬bot @M_T_Asagi 2015年1月28日
これなあ。高校の時指導されて、これは結局「それっぽい文章を書くだけ」の問題で、結局「暗記」や「如何に型にはまれるか」見られているんだなって感じたのを覚えている。しかも「思うではなく考えると書く」と言った言ってしまえばどうでもいいことを。 大学やなんか言って「論文やレポートをかけない」人が多い理由の言ったんなんじゃないんですかねえ
1
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年1月31日
教育の内容として、知育・体育・生活態度があるかと思います。道徳を教科にするか否かの話題から派生して、独立した道徳の時間と、全体的な教科・課外活動を通した道徳教育があり、作文の知識・技術より人間観・世界観を重視するのは、生活態度を通した全体的な道徳教育に根差しているんだと思います。
0
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年1月31日
そこには、作文や小論文の意図を明文化することへの拒絶反応が出たり、逆に、積極的に多様性を重んじることが共存している原因なんじゃないかと思います(・_・?)
0
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年1月31日
私個人は、高校では【とりあえず時事問題や小論文には、今ニュースになっていることを何か一冊読んでおけば何とかなる】という助言と、註の多い文章には慣れていた方が得だよとか、ビジネス書のぴらみっどぷりんしぷる的な内容が【自分としては不本意だが役には立つ】と、今にして思えばちゃんと公平に推移を見守る冷静さがあってありがたかったです。 (´-`).。oO(大学に行ったら、レポートや論文書法は華麗に独学へ丸投げされましたが)
0
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年1月31日
知識や技術のみに絞るというのは、知識や技術に集中した所で相手に影響を与えるので、その影響を目的化しない方が良いということかなあ(・_・?)
0
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年1月31日
ようするに、自分の意見を直接に言えない制約の中で、先行資料を参照しながら、間接的に自分の意見を表明する訓練が望ましい、ということかなあ(・_・?)
0
柵田思量【φ(..)メモメモ】 @sakutashiryou 2015年1月31日
作文教育に絡めずに、コミュニケーションを独立した時間で扱って【雑談を続ける】とか【空気を読む】とか明文化した方が、私はありがたいっすσ(^◇^;) そういう部分であれば、学校と地方が暗黙知を共有するきっかけにはなりそうな気がする。
1
basinn @basim86364657 2021年2月8日
小中高の国語は感想文より要約作成の方が良いと思いますね。あと伝言ゲームとか。とにかく他人に伝えられるかを重視したほうが良い。
0