2010年12月10日

茂木健一郎@kenichiromogi氏の「バブル」雑感

0
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(1)バブル経済がはじけて20年になろうとする日本。「バブル」はすっかり禁句になってしまった。マクロ経済におけるバブルは困ったものだが、ひとりの人生におけるバブルはむしろ望ましく、必要なものである。

2010-12-09 07:48:48
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(2)何かに注目して、そのことに対する関心が一気にふくれあがる。夢中になって取り組んで、さまざまなことを吸収する。このような「バブル」であれば、大いに人生のためになる。

2010-12-09 07:49:33
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(3)昨年、私は加藤徹さん(@katotoru1963)の本をきっかけに、猛然と中国語、中国文化に対する関心が高まって、バブルとなった。その時期に集中して学んだことが、今でも役に立っている。

2010-12-09 07:51:29
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(4)小中学校では、『赤毛のアン』の世界に夢中になって、高校では原書で全部読みもした。あの頃熱心に読んだことが、今でも私の中に残っている。

2010-12-09 07:52:38
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(5)脳の学習は、だらだらと進むとは限らない。ある時に一気に熱が高まって、集中して吸収する。やがて、学習曲線の高い平面に達してしまえば、その対象から離れてしまって良い。一つのことに関するバブルは、一生続くわけではない。むしろ、一時の熱狂で十分なのだ。

2010-12-09 07:54:22
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(6)「アハ体験」は、0.1秒程度の短い時間、脳の神経細胞が広い範囲にわたって一斉に活動する一つの「バブル」である。瞬きするほどの間に、もう世界が変わってしまっている。短い時間に、一つの物事に脳が占拠される。短時間だからこそ、違うモードに入れる。

2010-12-09 07:55:52
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(7)日本の社会は相変わらず低迷しているが、自分の脳活動は、そのような社会のあり方からはdecoupleして、次々とバブルを起こしてよい。バブルの数だけ、新しいことを学ぶことができるのである。

2010-12-09 07:57:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(8)人生において、次々とバブルの波を起こし、その山に乗り続けること。いわば、「バブルの波乗り」を心がけることが、肝要である。

2010-12-09 07:58:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

バブ(9)社会のエネルギー問題は深刻だが、人生のエネルギー問題は簡単に解決できる。ただ、一つのバブルを起こせばよい。何ものかに熱狂的に関心を持てるということ。これが、精神の若さの表れである。

2010-12-09 07:58:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、「バブル」についての連続ツイートでした。

2010-12-09 07:59:12

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?