5
ガーリエンヌ @girliennes
ジュリアン・アサンジへの妄想が止まらないわ。マンガの登場人物なら間違いなく一番好きなキャラ! 大それたことやってきたのに、逮捕の理由がわいせつ罪だなんて、フランス革命で「シャツの窃盗罪」でギロチンに送られたエベールのよう。短髪よりちょいロン毛のほうが怪しさ倍増でいい。
ガーリエンヌ @girliennes
アサンジのヒールっぷりを見ていると、海老蔵にこれを見習え!山ごもりしとる場合か!と叱咤したくなりますね!RT @maricofff 向井理推しだった今年のBOY of the YEAR、年の瀬にアサンジがマークはずす飛び込みで奪取!
ガーリエンヌ @girliennes
しかもアサンジってARATAにちょっと似てるんだぜ! SJ女子の心がときめかないわけがない!! http://blogs-images.forbes.com/andygreenberg/files/2010/11/1124_julian-assange-6_485x340.jpg
ガーリエンヌ @girliennes
【妄想物語 『恋してはいけない男 ジュリアン・アサンジ』をツイート中です】
ガーリエンヌ @girliennes
涼しい目元に不気味な笑み、人を食った飄々としたオーラを放つ彼に擦り寄る女は後を絶たない。だがセックスにこぎつけた翌朝から、我が物顔をし始める女たちは、例外なく裸にシーツのまま部屋から放り出される。女たちは叫ぶのだった。「SHIT!ジュリアン・アサンジは血が通ってない化け物よ!」
ガーリエンヌ @girliennes
アサンジの心を開くのは至難の業。CIAの新人捜査官アンは、彼に取り入ってスパイすることを命じられる。理想と使命に燃えるアンは、偶然を装ってアサンジと知り合うことに成功。大学で哲学を専攻していた知的なアンにアサンジも興味を持ち、交流が始まっていく。だがそれは悲しい物語の始まりだった
ガーリエンヌ @girliennes
女たちと同じ轍を踏まないよう、神経を張り巡らせながら距離を保ってアサンジと接するアン。だけど次第に、彼の閉ざされた心の奥を自分が開きたいという思いにかられ・・・。自分の心に芽生えた感情に葛藤するアン。そして、ついに“その夜”は訪れる。
ガーリエンヌ @girliennes
ディナーの後、ほろ酔いのふたりはどちらからともなくアンのフラットへ。いつになく無防備なアサンジの横顔にアンはときめく。そしてキスが始まり、電気が消える・・・。恋愛に疎かったアンにとって、それは想像以上に甘美な時間だった。だがいよいよの瞬間叫んでしまう。「避妊しなきゃできないわ!」
ガーリエンヌ @girliennes
暗闇のなかで動きを止めるふたり。絶好のチャンスを潰したことはわかっていたが、スパイ以前にひとりの女の子として、そう言わずにはいられなかった。次の瞬間、雲間から現れた月が青い光でアサンジの横顔を照らす。すべてを突き放すような醒めた笑みに、アンは「冷血の化け物」という言葉を思い出す
ガーリエンヌ @girliennes
「君はCIAだろ? 僕の情報を欲しがっている。なのになぜそのまま続けなかった?」彼は知っていたのだ。「CIAとか関係なく、これは私にとって譲れないことなの」震えながらも気丈に言い返すアン。銀色の髪から透ける暗い瞳に殺されることさえ覚悟したが、アンを待っていたのは意外な展開だった
ガーリエンヌ @girliennes
「じゃあ、今夜だけは君の願いを叶えてあげるよ」酷薄に微笑んだあと、一瞬だけアサンジの瞳にともったせつない光。それを目にした瞬間、アンは理解した。私は彼に絶望的な恋をしている。だけど私と彼は別の世界に生きる人間。決して結ばれることはない・・・。貪るように彼らは再びお互いを求め合う。
ガーリエンヌ @girliennes
朝、目を覚ましたとき、ベッドにはアン以外誰もいなかった。その日以降、アサンジが彼女の前に現れることはなかった。アサンジは消えたのだ。届かない想いだけを残して・・・数年後、オフィスで忙しく働くアンは、テレビ画面をとおしてアサンジ逮捕を知る。そのときアンの頬に一筋の涙が流れるのだった
ガーリエンヌ @girliennes
【妄想ツイート終わり】長々とキモくてすみませんでした。全部職場からのツイート・・・我ながら狂っとる。そろそろ帰ろうかな。アサンジの妄想をしつつね!
ガーリエンヌ @girliennes
以上、アン・ハサウェイ主演でハリウッドで映画化が決定しています!(嘘)
ガーリエンヌ @girliennes
ストーリーの避妊のくだりは、実際のアサンジ逮捕の罪状からですが、よく考えりゃ「破れたコンドームを使った」ってことは避妊する気はあったわけで、妄想のなかであってもアサンジを避妊なんてまっぴらだキャラっぽい印象にしてしまったのは悪いことをした。アサンジとアサンジファンに先に謝っとく!

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?