2015年2月1日

ヤマハYZR500(0WA8)「チーム ラッキーストライク ロバーツ 1989」の製作記録

1/12 オートバイプラモデルの製作記録です。 当初1ヶ月くらいで気楽に完成させるつもりで製作開始もアソコもココもと工作を重ねて3ヶ月弱の製作期間となりました。トピックとしては…  ●ネオジム磁石によるカウリング接合  ●アクリジョン+透明ニスによる木材ベースの塗装 続きを読む
7
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。今日から着手。幾つか新しい試みも入れつつ約1ヶ月完走を目標とする。終盤になって「消化試合だから〜」とか言わないようにがんばる pic.twitter.com/IYngwehUpB

2014-11-02 12:55:22
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。資料は88が載ってるピットウォークフォトコレクションとネットで拾ってきた幾つかの画像。そこまでガチガチに拘らないつもり。 pic.twitter.com/YwWIjcKw9U

2014-11-02 14:40:24
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。前に作った88YZRでは車体へのカウル装着を破損が怖くて諦めた。 ハセガワのバイクは設計がタイトなうえにパーツ強度が全くないのだ。 今回はこれをなんとかスマートに解決したい。 pic.twitter.com/NQuRqTfbxz

2014-11-03 15:23:27
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。まずアッパーカウル。 ステイとカウルの幅がギリギリで引っかかりが極端にゆるい。少し触れたり揺れたりするだけで外れることは容易に想像出来る。 そこでカウル側に真鍮パイプを埋めステイを確実に迎えにいってやる。 pic.twitter.com/ELoVCXNjeH

2014-11-03 15:24:58
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウル相互はお馴染みのネオジム磁石でパチパチとやりたい。 アッパーとセンターは実車同様の分割で、ロアカウルは1ピース構造では装着時に車台を持ち上げる必要があるため3ピースバラのまま磁石合体にする。 pic.twitter.com/7R8jaj0u3p

2014-11-03 15:26:08
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。ロアカウルを無接着3ピース構造のまま磁石合体にすることでこのNSR250Rみたいに半分カウル状態が簡単に楽しめるのだ。 pic.twitter.com/HgF3PgDpLT

2014-11-03 15:42:40
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの磁石接合。ますば磁石のマウントポイントを探る。 内臓に影響のないデッドスペースをみつけた。ここに磁石を埋める土台を作る。 pic.twitter.com/1JYQnDcGJq

2014-11-05 21:30:24
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの磁石接合。 アッパーとセンターカウルは3点磁石。1.5ミリ丸と1x4ミリ角柱。 pic.twitter.com/933dRlzw3b

2014-11-05 21:33:10
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの磁石接合。センターとロアカウルの接合はこんな感じ。 デッドスペースにエポパテを土台に丸磁石を埋めてある。 この状態で飾れば半裸カウルだ。 pic.twitter.com/JFQpSVpDZK

2014-11-05 21:38:34
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの磁石接合。ロアカウル片側の接合はこんな感じ。 pic.twitter.com/vW15tWVIeM

2014-11-05 21:40:33
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの磁石接合。各パネルが磁石だけで合体出来た。 これで破損を恐れてカウルが嵌められないことはなくなった。いつでもパチパチと車体から脱着出来る…はず。 pic.twitter.com/NiSz1nSgtH

2014-11-05 21:44:27
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルをフレームに引っ掛けるステイを真鍮パイプ化した。実車に似せてカウルの外からピンを刺せるようになった。 磁石接合に金属ステイでこのキットのカウルに関する心配事は潰せたかな。 pic.twitter.com/HVN8V6CbaY

2014-11-06 20:14:04
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの表に出る磁石は瞬着でコートして段差を消す。 これで塗装したら表からは判らなくなる。 pic.twitter.com/ueUYM0t7i7

2014-11-08 22:41:23
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。前に作った時にヒビを入れてしまったセンターカウル。 同じ失敗はゴメンなので事前に補強しておく。この部分細いけど肉厚は周りと同じ。タミヤなら何らかの対策されてたかもね。 pic.twitter.com/aZFU43F0xg

2014-11-08 22:46:52
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。ちょっとひと手間。 カウルを表・縁・裏とパキッと別れるようにエッジ立て。 塗装完成後に見た目がスッキリするよ。…気持ちね。 pic.twitter.com/dcZDE4sIEM

2014-11-08 22:54:00
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。タンクの組立て。タンク裏は未接着。 プラセメント接着によるヒケがこの箇所では特に怖いので接着は瞬着で。プラセメントと違って粘りがなく硬いので作業中の落下による割れには注意しないといけない。 pic.twitter.com/VlalBZbKCx

2014-11-09 16:25:42
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。シートカウル。 ここもヒケ防止に瞬着で組みたいが最後チャンバーを避け広げながら車体へ装着する必要があるため粘りのあるプラセメント接着で。気が向いたのでプラ板で裏打ちもしといた。一晩乾燥する。 pic.twitter.com/SuZoLHVtLF

2014-11-09 19:09:55
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。フレームに一体成型されてる左ステップ基部があまりに細く作業中に折れてしまう事は容易に想像できる。 裏に真鍮線を差し込んで強度アップしておく。 pic.twitter.com/XKrEEu5xgk

2014-11-09 20:29:05
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。外装の下地作り。 1500サフ→磨き→1500サフ→磨き…位でキズは無くなり滑らかな下地になった。 pic.twitter.com/s93JBPGO59

2014-11-11 21:06:16
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。フィラーキャップてタンクの塗装後に付けようとすると穴がキツくて…ってなるね。 自分は対策としてサフ段階から最後のクリアコートまで穴に嵌めたままにするよ。塗膜が周りと一体化しないよう適宜外しながら。 pic.twitter.com/PPv3PzJkdK

2014-11-11 21:13:38
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。カウルの塗装に入る。さてどの白使うかね… 今作はいつもと違うカウル塗装にするのでその一環で只の真っ白では面白くない。さて… pic.twitter.com/NdNJU57can

2014-11-11 23:29:19
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。 過去作のカワサキポリスではCK3番の漆喰色を使っていい旧車感がでたね。 この時比較テスト塗りしたスプーンが無い…また塗らないと pic.twitter.com/qRE9ZhXdPB

2014-11-11 23:39:16
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。 カウルの白塗装は69番のグランプリホワイトにする。もっと色味に振った白でもよかったがデカールの白とあまりに違い過ぎるとマズイしょ。このくらいの差にとどめとく。 pic.twitter.com/gaOlgcp1Uh

2014-11-12 21:11:17
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。外装一式を69番グランプリホワイトで塗装。 タンクフィラーキャップは塗料が乾ききらないうちに一旦外す。乾ききってたら周りの塗膜が欠けるよ。再び塗料を重ねる時にまた付ける。 pic.twitter.com/3PniqSIM91

2014-11-13 22:47:30
拡大
𝙃𝙖𝙢𝙖𝙘𝙝𝙖𝙢𝙥𝙨 @hamachamps

ハセガワ89YZR500LS。この後の塗装とデカールの段取り。ひとしきり悩んで黄色のゼッケンベースは塗装する事にした。 大まかに該当部分を4番イエローで。乾いたらデカールから形どったマスキングテープで覆い再び白や赤を重ねるつもり。 pic.twitter.com/lnT9JOk1c1

2014-11-13 22:55:13
拡大
残りを読む(96)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?