2015年2月5日

山本七平botまとめ/【唯一神と血縁/断章取義④】人間は本能が壊れた動物/壊れた本能に代わる行動指針を「唯一神」に求めたヨーロッパと「人の和」に求めた日本人

山本七平・岸田秀の対談集『日本人と「日本病」について』/唯一神と血縁/断章取義/28頁以降より抜粋引用。
1
山本七平bot @yamamoto7hei

①【岸田】結局、それではなぜ日本人はこうなったのかという問題ですね。 【山本】そうなんです。どうしてそうなっちゃうのか。 これは岸田さんのおっしゃる本能の壊れた人間、その壊れ方の問題ですか。<岸田秀との対談集『日本人と「日本病」について』

2015-01-26 16:09:04
山本七平bot @yamamoto7hei

②【岸田】いえ、それぞれの民族の文化の違いは、本能の壊れ方の違いなのではなくて、壊れたあとの対処の仕方だと思うんです。 人間は本能が壊れた動物だとぼくは言ってるわけなんですけれども、本能とは何かというと、行動形式を指図するものですよね。

2015-01-26 16:39:01
山本七平bot @yamamoto7hei

③【岸田】本能が壊れていなければ、本能に指図された行動形式によって、この自然の中で生きていけるわけです。 その本能が壊れてしまったとなると、それに代る人工的な行動指針を人間は不可欠に必要とする。 ところが、行動基準の根拠はどこに置くかとなると、根拠は実際どこにもない。

2015-01-26 17:08:58
山本七平bot @yamamoto7hei

④【岸田】そこでヨーロッパと日本を考えますとね、きわめて単純化して言えば、ヨーロッパでは絶対的な唯一の神というものを創り上げて、そこから壊れた本能の代用品としての行動指針をぜんぶ引き出してきた。

2015-01-26 17:39:03
山本七平bot @yamamoto7hei

⑤【岸田】一方、 日本は、人の和というか、自分が属している集団、自分の接している人々の間で、みんなの意見が一致すればそれに従う という行動指針ですね。 これも一つのすごい指針だと思うんですが、日本文化というのはこういう形なんじゃないか。

2015-01-26 18:09:00
山本七平bot @yamamoto7hei

⑥【岸田】だから彼らのように、一つの絶対的な原理に立った行動指針をもつ人々から見れば、 日本人はまったく節操がなくて、その場に流され、あっちで言ってることとこっちで言ってることが違う、 ということになるんですが、日本人からすれば、そうした「和」こそが原理である。

2015-01-26 18:38:58

コメント

欠点’s @weakpoints 2015年2月6日
仮に欧米人の行動指針が唯一神であるならば、宗教が単なる経済の一角となりつつある現代は末法の世であろう
0
欠点’s @weakpoints 2015年2月6日
仮に日本人の行動指針が人の和であるならば、和の可能性を信じれずに打ち捨てようとする無能こそが社会を終わらせるだろう
0