『なぜクマは大量出没するのか? ~野生動物と人間の共存について考える~』山本麻希さん/新潟市東公民館サイエンスカフェ(2015/02/07)

『なぜクマは大量出没するのか? ~野生動物と人間の共存について考える~』 お 話:山本麻希さん(長岡技術科学大学 生物系) 概 要:2014年は全国的にツキノワグマの大量出没が生じ、深刻な事態となりました。野生動物の人間の共存のあり方について、様々な視点から考えます。 主 催:新潟市東地区公民館 協 力:サイエンスカフェにいがた 続きを読む
グルメ 野生動物 生物 GPS ニホンジカ 工学 GIS ジビエ シカ 里山 クマ
6130view 6コメント
21

事前告知

Yoshio HONMA (本間善夫) @ecochem
#新潟のカガク#生物。新潟日報(1/27)「冬も眠らないクマに要注意 上越地域で目撃相次ぐ」bit.ly/1DzFJDh 明後日は公民館サイエンスカフェ『なぜクマは大量出没するのか?』(会場:ほんぽーと)bit.ly/1whg4u1 #npuh

開始

藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
はじまりました。「なぜクマは大量出没するのか?」日本人は江戸時代末期まで、大型哺乳動物 の絶滅が、一種もなかった。これは誇れること、他の大陸ではその時代ヨーロッパ人が入りこむと必ず大型動物の3割くらいが絶滅していた。ngtsc
ちょび @CH0BBY
しかし、やすやすと野生動物とヒトが共存していたわけではなかった。シシ垣とかはムラの財政の14%を占めていたり。 #ngtsc"

しし垣 (おおいたデジタルアーカイブ)
http://www.pref.oita.jp/site/archive/200839.html

ちょび @CH0BBY
ところが明治、一般人が銃を持てるようになって、たくさんの動物が「にわか漁師」に狩られて、シカやイノシシが東日本、東北から姿を消した。地域個体群の野生絶滅、 #ngtsc
ちょび @CH0BBY
昭和の時代、18種以上の鳥獣の絶滅と、多数の絶滅危惧種。昭和末年までは野生動物が大量絶滅した異常な100年 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
昔の里山は木が切られていて、見通しがよかった。奥山と里山が動物にもはっきりとわかったが、現在では里山が利用されなくなり、奥山とから動物が出て来やすくなった。動物も、ミズナラ、コナラなど、どんぐりがなる美味しい木がたくさんある里山に出て来たい! #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
というわけで、過疎化でヒトがいなくなった里山や田畑に野生動物がたくさん出てくるようになった。 #ngtsc

クマのお話

藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
ここから、ツキノワグマのお話、クマは6月頃に交尾するが、受精卵がすぐに着床せずに、ふわふわ浮いてる、そして秋、しっかり餌を食べて、脂肪を蓄えられた場合だけ、卵が着床し、冬眠中に妊娠、出産し、だいたい2頭の仔を産む。着床遅延、という珍しい現象。 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
山のキワの畑にトウモロコシ畑を作ると、必ずクマがくる。甘いものが大好き。どんぐり、ハチミツも好物。こんなクマですが、世界的には珍しい種。地域個体群で九州では絶滅。九州にいるクマは「くまもん」だけ。 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
地域個体群 四国も絶滅の危機。クマの生息地が分断されず、個体群が安定しているのは北陸・東北のみ。 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
平成18年、22年、25年、新潟ではだいたい4年ごとに大量出没して、大量捕殺されている。ブナの豊作・凶作と大量出没が関係する。ブナが凶作の年には、クマが大量に里山に出てきて、大量に殺される。 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
ブナはだいたい4年に1回くらいしか豊作にならない。成り年と凶作を繰り返す生存戦略。「たねだす」という森林総合研究所のブナの豊凶予測がネットで公開されている。 #ngtsc

ブナ等結実度データベース 「たねだす」
http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/tanedas/

藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
クマを狩りすぎてないか、議論が分かれるところ。1500頭のところを200頭のくらい捕殺して、本当に大丈夫? 新潟大学の農学部を中心に、クマの個体群管理の計画を立てている。 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
ブナの豊凶とナラ枯れ でました「カシナガキクイムシ」ドングリのたくさんなるミズナラがいま、キクイムシの被害にあって、大量枯死している。そうすると、今までブナの凶作の年には、ミズナラのドングリを食べていたクマが、餌がなくなるので里に降りて来やすくなっている。 #ngtsc

ナラ枯れの解説(朝日新聞)
http://www.asahi.com/eco/OSK201010280177.html

藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
マタギの人、猟友会の人は「永続的に猟をしたい」ということで、大変手間の掛かるドラム缶罠を用いた学習放獣などが津南町で行われている。唐辛子スプレーをしてヒトを怖がるようにしたり。でも、他の地域ではまだまだ実施されていない。 #ngtsc
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
クマにGPS首輪をつけて、追跡したら、津南町でぐるぐるしているクマと、津南から山を越えて、群馬の養蜂場を荒らして撃たれたクマがいた。津南の漁師さんのお話では「津南には津南のクマと群馬のクマがいて、足跡の形で見分けられるんだ!」という言い伝えと一致した!すごい。 #ngtsc

休憩

藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01
ここで飲み物が来たので休憩。コーヒーのいい香りが広がります。 #ngtsc pic.twitter.com/paWuASEnrL
 拡大
残りを読む(44)

コメント

ちょび @CH0BBY 2015年2月8日
山本さんは NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ (Wiron) http://blog.goo.ne.jp/wiron_2011 の代表でもあります。
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01 2015年2月8日
どなたか存じませんが「関連商品」を勝手に編集して関連書籍を消したり、ヒグマ関係の書籍・映画を入れるのはやめてください。新潟のツキノワグマのお話でしたので、今回は北海道以北に分布するヒグマは関係ありません。
TJS @ShimadaTJS 2015年2月9日
昔から疑問なのが「なぜ熊は絶滅しなかったのか。ニホンオオカミは絶滅したのに。」
藤彦 祐貴 Fujihiko Youki @ykfj01 2015年2月17日
#新潟のカガク 2015年3月7日(土) 生物多様性保全ネットワーク新潟  第12回生物多様性シンポジウム  在来生物に新たな脅威・・・県境を越える侵略的外来種 http://www.geocities.jp/gosentogeso/
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする