10周年のSPコンテンツ!
268
参考まとめ

小田隆さんは古生物の復元画、生物イラストレーションの第一人者です。ツイッター上では、ガチャピンがどのような骨格を持っているかをマジメに考察した「ガチャピン骨格図」などでお馴染み。

ツイートまとめ ガチャピンの骨格図 by古生物復元画家 @studiocorvo 氏(2/9 最終版に続く) 小田隆 @studiocorvo 氏による古生物学的に説得力のあるガチャピンの骨格図が登場! 最終版はこちら→http://togetter.com/li/452890 プロの手による大人げないエイプリルフールネタもオススメ↓ http://www.studio-corvo.com/blog/karasu/archives/silly_talk/index.html 更なる続きはこちら→ 謎の生物ムック〜甲殻類説 vs 名状しがたきもの説〜 古生物復元画家@studiocorvo.. 83908 pv 1031 66 users 187
リンク www.studio-corvo.com 鴉工房: ガチャピン骨格図
リンク GIGAZINE 「ガチャピン骨格図最終版」がついに登場、剣竜と鎧竜のハイブリッドな特徴を持った骨格に 「恐竜の場合、骨盤まで肋骨でがっちりと篭状の構造になっている。要するに腰椎がない。しかしガチャピンの柔軟な運動能力を考えると自由に動ける腰が必要だろう。なので腰椎の存在を想定してみた。横隔膜は存在
ツイートまとめ 阿修羅骨格像、あらわる。 成安造形大学「卒業制作展・進級制作展 2013」に出展された3年生・林宗将さんの「阿修羅骨格像」が大きな話題に。紹介されている小田隆さんは同大の准教授で、「ガチャピン骨格図」で知られる、古生物復元画家です。 http://www.seian.ac.jp/dept/professor/p_illust_area/odatakashi/ 72526 pv 1060 149 users 520
参考まとめ2:『羽毛ティラノサウルスの復元画をどう考えるか』補遺・場外乱闘編
ツイートまとめ 『羽毛ティラノサウルスの復元画をどう考えるか』補遺・場外乱闘編 橋本麻里さん@hashimoto_tokyoのまとめ(http://togetter.com/li/780558)にある2/8からの一連の話題のうち、特に追加で話題が投下された2/12-13の、まとめ人周辺で交わされたツイートを拾い集めたもの。 こちらにしかない話題としては、機能形態学的な理解について、さらに形態の解釈の妥当性についての話題が見どころか。 9152 pv 89 1 user 1
羽毛ティラノサウルスのイラストが話題に
LM-7 @LunarModule7
『【画像】 最新の研究によりティラノサウルスは羽毛モフモフの大きな鳥だったことが判明』 bit.ly/16W8G2z 大嘘はやめてもらいたい。最新のイメージ画像とされているのは素人が書いたpixivの絵だ→bit.ly/16W8G2C
橋本麻里 @hashimoto_tokyo
前RT:羽毛ティラノサウルスの件、復元画のプロフェッショナルである、小田隆さん @studiocorvo の羽毛ティラノを見るといいと思う。twitpic.com/d6gw84 ティラノがどんな姿だったか、小田さんのツイログ:twilog.org/studiocorvo/se…
拡大
ティラノサウルスの復元画をどう考えるか。
小田隆 @studiocorvo
今日の板書。福島県いわき市の好間第一小学校で復元画のワークショップを開催しました。 pic.twitter.com/L2HfCO6sFG
拡大
小田隆 @studiocorvo
橋本さん@hashimoto_tokyo から話を振られたので、羽毛ティラノサウルスについてコメントしてみる。少し前にネットで話題になったこれですが、blog.livedoor.jp/dqnplus/archiv… 最新の復元とされる絵はpixivから引っ張ってこられたものらししい。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 学術的な結果を反映されたものではなく研究者の監修も入っていないものだということである。羽毛のないイラストもクレジットがなく記事としても非常に危ういものである。羽毛のないティラノのイラストも骨格のプロポーションがきちんと反映されているとはいえない。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 鳥に近いグループである獸脚類には多くの種で羽毛があったことが示唆されている。遼寧省で発見されたシノサウロプテリクスには身体中に毛のようなものがあることが化石から分かったが現生の鳥のような羽毛ではなくチューブ状の構造か綿毛のようなものだった可能性がある(続
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 小型の獸脚類には毛があったことはほぼ定説になってきたが、大型の種にどこまで毛があったかははっきりとわかっていない。しかしユウティラヌスの発見で一変する。全長9mのこの獸脚類には全身に毛が生えていたことが化石から分かって来た。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo (だれか研究者クラスタからつっこみいれてほしい。できるだけ学術的なコメントは避けたいですw) 羽毛が保温のためだとすると大型の種に必要なのか、子どものとき毛むくじゃらだとして、成長した後にどれほどの毛が残るのか?(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 保温性の高い巨体を持ち、今よりも高い平均気温の地球で、全身に羽毛を持つことは是なのか?羽毛はどれほど進化した、今の鳥類と同じような特徴を持っていたのか?ティラノサウルスが羽毛を持っていたかどうかについては、はっきりとしたことは分かっていない。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 現時点ではどこまでいっても、分からないとしか言えない。それ以外にも復元として検討しなくてはならないことは多い。ティラノサウルスは歯並びが悪く(折れたり古くなると生え変わるので)、骨格だけ見ているとうまく口が閉じないような特徴を持っている。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 乾燥した陸上では口をぴったり閉じることが大切である。口の中が乾燥するし、乾いた空気を湿潤な肺に吸い込むのは避けたい。歯がむき出しでぴったり口が閉じないような復元では都合が悪いだろう。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo ティラノサウルスはたいていを大きな口を開けて描かれるので目立たないが、口をとてもぴったり閉じられないような絵や造形を良く見る。歯が外にむき出したまま閉じている復元もあるが、歯は乾燥すると折れやすくなり不都合だと聞いたことがある。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo どこまで軟組織をつけるのか、上あごと下あごでどれぐらいの高さの皮膚がつくのか、軟組織まで含めた化石が見つからない限り確証はないが、歯をむき出しにするのはあまり生物として正しい姿ではないだろう。そもそもいつも大口を開けた姿を描かれるのは不憫である。(続く)
小田隆 @studiocorvo
@studiocorvo 昨日開催したいわき市のワークショップでは、小学生に口がぴったり閉じられることを前提に復元画を描いてもらった。どこまで伝わったかは分からないが少しでも科学的に考えて、論理を組み立てて、絵を描くということを体験してほしかった。結論は出ないけどこんなところで。
残りを読む(83)

コメント

橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2015年2月9日
まとめ更新。古生物クラスタのコメントあれこれ、@gervillaria さんの連投を追加しました。
ひらっち(クラシカルP) @hiratti_classic 2015年2月9日
モフモフティラノの元のpixivのキャプション読むとわかるんだけど http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18929743 それなりにおもしろい考察ではあるんだよね。(勿論復元画として妥当がどうかは別にして、ね)
まいなーでーもん @MinorDemon 2015年2月9日
ああ、元絵この人か。ファンタジーと勢いで描かれた絵を復元画って拡散されたらそりゃお互い良いことにはならんわ
夢浦忍 @Y_SINOBU 2015年2月9日
pixivで2011年に投稿された絵なのに、「2015年に刷新された最新のイメージ画像」って煽り文は完全にミスリードですなあ
小田隆 @studiocorvo 2015年2月9日
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18929743 「前脚の用途はアナコンダの後脚と同じだろうと言う説」とはどういう説なのか、ご存知の方いたら教えてほしいです。興味深いです。
職人/げるびらりあ @gervillaria 2015年2月9日
ティラノの前肢については、交尾の際に相手を愛撫する用途で使われたのだろう、という話のことだろうと思いますが、誰がどこで提唱した説なのやら……ネットにはこの程度しか>http://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp/25595676.html
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2015年2月9日
羽毛の生えたT-REXですかぁ。個人的には虎縞か豹柄をイメージしています。
小田隆 @studiocorvo 2015年2月9日
gervillaria なるほど。論文にはなってないのかな。僕はティラノサウルスの前肢は退化して使わなくなったでいいじゃないかと思っています。むりくり用途を考えなくても。
職人/げるびらりあ @gervillaria 2015年2月9日
@studiocorvo あったからにはあったなりになんらかの役割は与えられていたとは思いますが(生物進化は貧乏性なので)、系統の中では明らかに退化しつつある部位の機能というのは重要な機能を任されていない分、機能の検討すべき候補が多すぎて難しいですね。そもそも一つとも限りませんし。
小田隆 @studiocorvo 2015年2月9日
gervillaria ヒクイドリのようにサーベル様の羽軸が残っているかもしれないし、キウイのように使わなくなってしまったもしれないし。ティラノサウルス以上に不思議なのはアベリサウルス類ですね。
どん・ばじーりお! @Basilio19 2015年2月9日
studiocorvo アベリさんは短くなり方が妙ですよね。全体が短くなったティラノより理由がありそう。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年2月9日
あの羽毛もふもふのティラノの絵の元ネタって、長谷川裕一『クロノアイズ』(1999年)じゃないのか?
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2015年2月9日
何にしても、素人が描いてピクシブに載せた絵を「最新の研究」などと称して流布するのは、明白なデマである。(長谷川氏にはまったく罪はない。念のため)
職人/げるびらりあ @gervillaria 2015年2月9日
@studiocorvo 基本的には頭部にリソースと重量を偏在させた結果としてバランスをとるために前肢を縮退することになった、というラインで、それがアベリサウルス類でも共通して別個に発生したということなのでしょうけれど、可動範囲など、より機能が想像しにくい前肢になっていますね。案外ディスプレイ用の羽なんかがついていてもおかしくないですが、これってわけのわからない考古発掘品に「祭祀目的だろう」とか適当なことを言うのと大差ないですね>ディスプレイ用
たるたる @heporap 2015年2月9日
俺が考えるティラノサウルス with 南米の鳥図鑑
たるたる @heporap 2015年2月9日
カエルやトカゲにもカラフルなのがいるんだから、恐竜がカラフルでもいいぢゃないか。
たるたる @heporap 2015年2月9日
で、結局、恐竜の皮膚の色って判明してるんですかね?よく茶色で描かれてますけど、やっぱり茶色なんでしょうか。
小田隆 @studiocorvo 2015年2月9日
heporap 色はわかっていないです。構造色のようなキラキラした派手なものもいたかもしれません。おそらくですが巨大な種は熱を吸収しにくいように暗い色ではなかったかもしれません。推測でしか答えようがないです。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年2月9日
まぁよくわかってないんだからサンタの格好をした恐竜がいてもいいよなw
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2015年2月9日
ちょっとだけまとめ更新。
ひらっち(クラシカルP) @hiratti_classic 2015年2月9日
「よくわかっていない」⇒「だから何をやってもいい」って発想、このまとめをちゃんと読んだら仮初にも出てこないと思うんだけどな。
Dr. ちょりそー @Chorisaur 2015年2月10日
この件については私が思った以上のことを小田さんが述べてくださったようですが、コメントを求められたので少しだけ
Dr. ちょりそー @Chorisaur 2015年2月10日
ティラノサウルス類(Tyrannosauroidea)で羽毛の印象化石が見つかっているのはDilongとYutyrannusくらいのもので、Tyannosaurusそのものには直接的証拠が見つかっていません
Dr. ちょりそー @Chorisaur 2015年2月10日
Yutyrannusの記載では、全身あったかもしれないし部分的だったかも知れない、体温保持のためかもしれないしディスプレイだったかもしれない、と述べられており、明確にどちらかを結論づけてはいません
Dr. ちょりそー @Chorisaur 2015年2月10日
体温保持にしろディスプレイにしろ、何かしら背景から存在が強く示唆されない限り、ティラノサウルスに羽毛があった!と結論付けるのは時期尚早でしょう。
Dr. ちょりそー @Chorisaur 2015年2月10日
もちろん、可能性を考えるのは大いに結構だと思いますが。
かずひろ @kazuhiro_art 2015年2月10日
France_syoin (……真面目な考察が交わされている中で、赤と白の羽毛に包まれたミニスカサンタ風ティラノを想像してしまったのだが黙っていよう)
kartis56 @kartis56 2015年2月11日
サンタがマジに殺ってくる…
Naoki_O @nananao2236 2015年2月11日
ティラノサウルス、というか、大型恐竜にどのくらい毛が生えていたかは、どのくらいの気温の中でどのくらい発熱するかで、だいたい推定できるんじゃないのかなぁと思ったり。少なくとも現在の赤道直下くらいの気温で、人間よりも大きい哺乳類で全身を長い毛で覆うようなのはいないわけで
Naoki_O @nananao2236 2015年2月11日
ティラノサウルスが肉食のマンモスみたいな物だったとすると、やはりマンモスくらいの環境の中でないと長い被毛は発達し得ないのではないかと。逆に考えると、当時の極地にはそういう奴がいたかもとも言えるけど
Naoki_O @nananao2236 2015年2月11日
体色については、色覚の有無にも関係するかも。哺乳類では身体の色彩はあまり高い淘汰圧にならないけど、鳥類くらいの色覚があれば、淘汰圧として効いてくるかもしれない
たけ爺 @take_ji 2015年2月12日
あまり関係ないが、さだまさしの「天然色の化石」を思い出した。聴けばわかる。
鐵太郎@ただの人 @Tetsutaro2008 2015年2月12日
ライオンのたてがみは、骨格を見てもわからないというが本当だろうか。もし多少でもわかるのなら、それから考えてティラノサウルスが羽毛で覆われていたとして、その形状は本当に全然わからないのだろうか。いろいろ考えると面白いね。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2015年2月12日
Tetsutaro2008 ライオンとトラ(どちらも属のレベルで同じ)の頭骨が、専門家でも見分けが付きにくいと言われていまして、つまり、たてがみの構造は骨には残らないようです。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2015年2月12日
一方で、マズルにあるヒゲ(感覚毛)は太い事もあり、毛根部がくぼみのような痕跡として頭骨に残る場合もあるようで、これのおかげで哺乳類に進化する前の段階の原始的単弓類(哺乳類型爬虫類)でも、ヒゲが生えている(=体毛が生えている可能性もある)と確認されています。
成瀬京太郎 @yuugekisen 2015年2月12日
恐竜の色は、学者が適当につけているだけだからな
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2015年2月12日
まとめ更新。岐阜県博物館学芸員の河部壮一郎さん @kawabesoichiro による連投を収録しました。
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2015年2月12日
なんかミニスカサンタなT-rexいなかったっけと思ったがもうちょっとよく思い出したらミニスカサンタなのは一緒に踊ってた安達祐実であったな。
暗之云 @kawadaXzo 2015年2月13日
1989年の子供番組「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」に「七色の恐竜」という回があった。カラフルな恐竜の絵が小学校で賞を取ったところ、よその子の今でいうモンペが「こんなデタラメな絵に賞をやるな!」と抗議して…というお話。優れて教育的だった
新世界秩序 @nWo_Gachio 2015年2月13日
この問題で一番かわいそうなのはpixivの絵師だな
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2015年2月13日
まとめ更新。金沢大学の博士課程、卵化石が専門のいまたくさん @ima__taku のコメントを追加しました。
nekosencho @Neko_Sencho 2015年2月13日
学術的な推測としてならともかく、単に楽しんで描く絵としてなら別に何を描いてもいいわけで、サンタだろうとゴジラだろうとOK、美少女だってかまわない。
ふくだ @fukuda_st 2015年2月13日
福井県立恐竜博物館のコメントは未だでしょうか。
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 2015年2月16日
[cundefined] なに?マジレスしてんの? 恐竜クラスタ怖い((((;゚Д゚))))
小田隆 @studiocorvo 2015年2月16日
まじめに考察してこそ面白くなる。前提もプロセスも何もかもがいい加減だったら、何も面白くないし多くの人の興味もひかないでしょう。とマジレスしておく。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2015年2月17日
studiocorvo 絵師に対して物申しますが、それは状況や扱われ方によりけりでしょ。真面目に動物の生態を記したメディアでタヌキをいい加減に描いたら文句が来て当然ですが、分福茶釜の挿絵や信楽焼に文句を言う人はいません。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2015年2月17日
絵本「おれはティラノサウルスだ」の絵柄が復元的に正しいかどうかも、その作品にとって別にさしたる問題ではない。
小田隆 @studiocorvo 2015年2月18日
alpe_terashima ここで話題にしているのは、科学的に復元するプロセスとはどういうことか?ということです。全ての自由な可能性を考慮して、という前提ではないです。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2015年2月18日
studiocorvo 意外と分からない人で残念です。そういうまとめであるのは承知の上で、 @Neko_Sencho さんとかは、「それ以外なら自由な復元でいいででしょ」と言ってるのに、それに野暮なツッコミしてるねぇと言ってるんですよ。
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2015年2月18日
まとめ更新。参考まとめとして生物・古生物クラスタのコメントを集めた「『羽毛ティラノサウルスの復元画をどう考えるか』補遺・場外乱闘編」を冒頭に加えました。
小田隆 @studiocorvo 2015年2月18日
alpe_terashima 野暮なツッコミは承知でしています。この場で自由な復元でいいでしょ、それこそ時代も何も生物の種も関係なく何かやってもいいでしょ、ということでしたら、はいそうですね、で終わりです。何も膨らみません。わからない人で結構です。
職人/げるびらりあ @gervillaria 2015年2月18日
自分の好きな描き方は個人の趣味の範囲なら許されるけれど、社会活動としてのデザインの仕事ってものがあるわけで。そこの線引き、立ち位置を自分の立場だけで見ていたらそりゃまぁ自分が善人で相手は悪人になるだわさ。
ピカイア@【半紙半生】 @cid_rapter 2015年2月18日
すみません、このまとめを見る限り小田さんはnekosenchoさんでなく「マジレスしてんの?恐竜クラスタ怖い」の方にマジレスしてるようにみえるのですが。
どん・ばじーりお! @Basilio19 2015年2月18日
大きなことを言うと、自分の絵の価値をどのぐらい見るかって言う話なんじゃないかなと。別に損な影響力なんてないやって言う話なら別に好きに描けば?となるけど、ちょっとでも自分の絵が影響力があると思うなら、どっかしらでレファレンスにされる可能性があることも意識すべきで、そうしたら自分の絵にちゃんと説明ができる方がいいんじゃない?と思う。
小田隆 @studiocorvo 2015年2月18日
cid_rapter あ、はい、そうですね。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年2月18日
例えば人間の骨格標本を見たところで、その生前の体毛や毛の生え具合は一切判りませんよね。だから、人体骨格の復元図は基本的に(老若男女問わず)ハゲで描かれますし、そういうもんかと。 RT Tetsutaro2008:ライオンのたてがみは、骨格を見てもわからないというが本当だろうか。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2015年2月19日
確かに、小田さんの立場では聞くべきではない事でしたね。さしでがましい意見をしてしまい申しわけありません。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする