2015年2月9日

幻想・異世界・ファンタジーものの記述材料と説得力について(こなたまさん編)

自分は特にSFが好きなんですが、面白く読ませてもらったのでまとめました
39
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

「異世界ファンタジーが舞台のラノベで犬や鳥が普通に出てきて説明もないのはおかしい」と言う人がいるらしい、って話が流れてきたが、ならばそのラノベは何語で書かれているのか、まずは物語が記述された言語の開発からだなええい束退散!束退散!束退散!マンドスの館へ還るがいい!

2015-02-09 13:38:01
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

異世界ファンタジーの小説に出てくる犬や鳥の存在にまで「異世界」なりの説明を求め始めたら、その物語の視点人物の種族たるサルに似た二足歩行の生物からどうにかせんとな

2015-02-09 13:40:12
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

固い話をすると、ファンタジー(幻想)文学は人間の認識力を基底にして作られるから、異世界が人間の世界の派生になるのはおかしくないし、異世界の異って漢字に囚われてとことんまで異なってなきゃいけないことはないよね。そういうSF的なアプローチも好きだけど。

2015-02-09 13:48:48
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

仏教が存在しない世界で「神も仏もないものか」とか言い出したり、日本語のダジャレがあって成立するやり取りが出てきたら困るけどね。困るつってもシリアスなハイファンタジーだったら作品が壊れるくらいだけどね

2015-02-09 13:53:20
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

この手の話でよく引き合いに出されるのは、某ファンタジー小説に「南無三」という言葉が出てきた……という話なんだけど、慣用句や熟語の起源までつついてたら翻訳なんかできないわね。「南無三」は、「南無」という仏教っぽいテイストが読み手の没入感を阻害するほど強かったのでつっこまれた

2015-02-09 14:05:36
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

異世界ファンタジーの物語を日本語(に限らず地球上の言語)で記述するときの齟齬というのは、似たような状況が明治時代の日本でも起こっている。海外の小説を翻訳するとき、当時の日本人には欧州が異世界過ぎるのでそのまま訳しても何の事かわからん、という問題があった

2015-02-09 14:09:56
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

というわけで当時の日本の文学者や翻訳者は、翻訳ではなく翻案小説というのを作った。縁がなさ過ぎて想像できない外国の人名や地名や風俗を、日本のものにおきかえて書き直すのである。黒岩涙香の作品群が有名。

2015-02-09 14:12:17
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

岡野玲子&夢枕獏の「陰陽師」では、安倍晴明が「ジェスチュア」とか言ってたぞ

2015-02-09 14:15:42
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

ファンタジー世界にジャガイモが出てくるとよく突っ込まれるのは、「ジャガイモは新世界(アメリカ)から旧世界(ユーラシア)に持ち込まれた作物である」という知識が人口に膾炙しているから目立つだけの話であり、そもそもその世界になぜ上と下(重力)が存在するのかまでつっこむやつはいない

2015-02-09 14:28:05
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo

ファンタジー小説で「ツッコミ」が入るのはしょーがねーだよ、ファンタジー小説界でいえば音楽界のジェームス・ブラウンみたいな人である「あのお方」が友人のルイスの書いた「ナルニア国物語」に「なぜ異世界なのにヨーロッパ文化を基底とした文化が存在するのか」とかそんなこと言ったらしいし

2015-02-09 14:31:33

コメント

はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年2月9日
作品内でだいたい雰囲気が統一されてればそれでいいよね。ずっとオリジナルの動植物・固有名詞だったのにいきなり犬だけ犬で理由もなしとかだったらツッコミ入れたくなる気持ちは分かるけど
2
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年2月9日
ちなみに「南無三」は仏教語「南無三宝(なむさんぼう)」の略。「南無」に「帰命いたします」という意味を込めたりもしますが元は敬意、尊敬、崇敬をあらわす感嘆詞で「三宝」とは「仏・法・僧」なので「南無」以上に「三」のほうが仏教成分濃いかも?
1
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年2月9日
また、南無はサンスクリット語のナマス(namas)およびナモー(namo)から来てますが、ナマスはインドやネパールでの挨拶「ナマステ」の語源でもあるそうです。
0
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年2月9日
このまとめの本題においては元々の意味以上に字面や語感から読み手が受けるイメージがどうかが重要でありその点では南無>三と承知しています…が自重できなかった(・ω<)テヘペロ
0
聖夜 @say_ya 2015年2月10日
この程度のネタは「収斂進化です」「創造主or作った魔法使いに聞いてください」「現代語訳でお送りしています」で普通にスルーすればいいんじゃないかと・・・
2
聖夜 @say_ya 2015年2月10日
一方で500円硬貨があるのに現代に生息する生物が全く存在しないという設定にちゃんと意味がある作品なんかもありますしね。連載と単行本で別のモンスターになったりはしましたがw
1
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年2月10日
ファンタジーにおいて本当に大事なのは、道端を歩く四足歩行動物が犬なのかケルベロスなのかではなくて、主人公の行動原理が読者たる現代人と同じ価値観に拠るか否かだと思いますけどね。
1
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年2月10日
現代を舞台にした作品ならば、携帯電話(その形状も含めて)が登場するかしないかも物語の世界観や倫理観の特異性を計る要素として注目してもいいのかもしれない。
1
こいん @360coin 2015年2月10日
もう、書いている本人が納得して書いているなら、読んでいる人が自分に合う作品を読めば、それでいいんじゃないですかねぇ・・・・・・合うのがなければ自分で書こう。自分を騙して書くのだけはやめよう。うん。
0
JiZan @Yoshikatsu_mas 2015年2月11日
「束退散」という素晴らしいワードに感動を禁じ得ない。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年2月11日
【質問】この話題、自身も異世界ファンタジー小説を手がけた経験のある作家・清水義範氏が、どこかのエッセイでなかなか面白く詳しく書いてた記憶があるのだが、何に収録されているか知ってる人いませんか?たしか、「単位」を現実世界と同じくするかとかに悩む、みたいな話とかが載ってたな…。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年2月11日
C_Kozakura うん、「行動原理」をまったく別の価値観で描く…というのは難しい。三田村えんぎょ氏が時代小説をぶった切ったのはその点だったけど、本当に昔の人がその当時の価値観、行動原理で動く小説とかがあったらかなりキツいだろうな…
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年2月11日
『『夜明け前』は…実にばかばかしい小説である。どこがばかばかしいかというと、江戸時代末期の、木曽山中の人々の言うこと考えることが、まるっきり現代人なのだ。言ってみれば、戦前版『少年H』ですね。  この点は三田村鳶魚もくりかえし批判している。たとえば登場人物の発言に…「民意を代表する」だの「交通事業に参加する」だのということばが江戸時代にあるはずがない。ことばだけでなく、そういう観念が近代のものである。』(高島俊男)
4
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2015年2月11日
指輪物語(少なくとも映画。原作は知らん)にじゃがいも出てきたよね。とうもろこしも出てた気が。
0
佐藤痴庵 @Sato_Chiang 2015年2月21日
トールキンの『指輪物語』でもモルドールへの道中、レンバスと水だけの食事に辟易したサムが『あげじゃがとジョッキ一杯のエールがあれば』てな事をこぼすことろがあるんですが >ファンタジーにじゃがいも
0
須藤玲司 @LazyWorkz 2015年10月16日
このあたりのそもそもの世界設定が気になったり、気になることが気になったりする場合は、いっぺん「ファーストコンタクトシミュレーション」のイベントに行ってみればいいと思います。 異世界文明の設定をするのに、2泊3日でカンヅメ合宿やって、まず重力定数だとか恒星スペクトルだとか惑星の発生だとかから考察をはじめるやつ。
1