10周年のSPコンテンツ!
26
Legal News(リーガルニュース) @legalnews_jp
<シリア渡航計画>男性にパスポート返納命令 外務省 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150207-…  旅券法では「名義人の生命、身体または財産の保護」に必要な場合、返納を命じることができる。外務省によると、この規定を適用した返納命令は初めて。
Legal News(リーガルニュース) @legalnews_jp
東京新聞:「応じなければ逮捕と言われた」 「報道の自由妨げる行為」 tokyo-np.co.jp/article/politi… 同省職員と新潟県警の警察官ら計数人が訪れ、旅券返納を求めた。この際のやりとりの中で、職員らは「返納に応じなければ逮捕する」との趣旨の発言をしたという。
行政法たん @admi_tan
パスポートを返納するよう命じる「旅券返納命令」が初めて出されたみたいだね。
nm @karasu0520
旅券返納命令自体は初めてではないようです。旅券法19条1項4号の規定に基づく返納命令が初めてで、2号要件によるものなどは例が見られます(東京高判H6.4.19判時1500-154など)。 "@admi_tan: …「旅券返納命令」が初めて出されたみたいだね。"
行政法たん @admi_tan
.@karasu0520 4号以外の規定に基づく返納命令は例があったんですね。ご指摘ありがとうございます。
行政法たん @admi_tan
フォロワーさんに紹介してもらった記事だと動画が載っているし、こちらも紹介しておこうかな。 「シリア渡航計画のジャーナリストに旅券返納命令」 news.tbs.co.jp/newseye/tbs_ne… 「旅券返納『報道・渡航の自由制限』政府を批判」 news.tbs.co.jp/newseye/tbs_ne…
行政法たん @admi_tan
この「旅券返納命令」が行政法上どういうものなのかについて触れてみようかな。 憲法上の話はわたしの能力を超えるから、問題の所在について簡単に触れるにとどめておくよ。
1 旅券返納命令
行政法たん @admi_tan
旅券返納命令については旅券法に規定があるね。 旅券法19条1項柱書「外務大臣又は領事官は、次に掲げる場合において、旅券を返納させる必要があると認めるときは、旅券の名義人に対して、期限を付けて、旅券の返納を命ずることができる。」 law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S…
行政法たん @admi_tan
この「次に掲げる場合」(1~5号)のうち、今回問題になっているのは4号の規定だね。 旅券法19条1項4号「旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために渡航を中止させる必要があると認められる場合」
行政法たん @admi_tan
国には外国へ渡航する国民の生命、身体、財産を保護する責務がある。そして、その責務を果たすために一定の人の渡航を中止させる必要がある場合には、外務大臣や領事官が旅券の名義人に命じて旅券を返納させる、ってことが法律上認められているんだ。
行政法たん @admi_tan
返納しなさいって命じられた旅券は、返納期間内に返納されなかったときか、返納された場合には外務大臣か領事官が効力を失わせるのを適当と認めたときには、失効して使えなくなるね(旅券法18条1項7号)。
行政法たん @admi_tan
旅券返納命令に従わない人に対しては、旅券法23条1項6号で刑事罰が定められているよ。
行政法たん @admi_tan
23条1項「次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」 6号「第19条第1項の規定により旅券の返納を命ぜられた場合において、同項に規定する期限内にこれを返納しなかつた者」
行政法たん @admi_tan
旅券法23条1項6号に該当する行為を行ったら、憲法・刑事訴訟法に定める手続をへて逮捕される可能性も出てくるってこと。
行政法たん @admi_tan
立法時には、生命、身体、財産の保障ができないような場合に旅券を出さないっていうのは行きすぎだって異論もあったみたい。 立法時のはちょっと見つけられなかったけど、改正法案を審議したときの会議録 kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugii… から引用するよ。
行政法たん @admi_tan
並木委員「私はこの前旅券法をつくるときに、やや行き過ぎであるということを警告したのです。たとえば生命、財産、身体の保障ができないようなものに旅券を出さないということは、行き過ぎではないかということを警告したのですが、法律が通つてしまつた。」(第15回国会 外務委員会 第24号)
行政法たん @admi_tan
この話は旅券を返納させる場面に関して述べた話ではないにしても、ほぼそのまま妥当する話だと思う。
田中”ストラトス”雅楽頭 @lancia12
@admi_tan 愚行権の範囲内っていうことですかね?
行政法たん @admi_tan
@lancia12 愚行権の範囲内って話になるか、少なくとも出国の制限っていう方法は用いるべきじゃないって話になるかの、どちらかになるかなと思います。
行政法たん @admi_tan
(法学たんだと、「なんでこんなことで外国への渡航を制限されないといけないのか、分からないわ」…って感じのことを言いそうだね。)
2 出国の確認
行政法たん @admi_tan
旅券をもっていないと外国へ渡航できないっていうのは入管法を見ればわかるよ。 出国するには有効な旅券を所持して入国審査官から出国の確認を受けなければいけないし、(入管法60条1項)、出国の確認を受けないと出国できないんだ(同条2項)。 law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S…
行政法たん @admi_tan
入管法60条1項「本邦外の地域に赴く意図をもつて出国する日本人(乗員を除く。)は、有効な旅券を所持し、その者が出国する出入国港において、法務省令で定める手続により、入国審査官から出国の確認を受けなければならない」 2項「前項の日本人は、出国の確認を受けなければ出国してはならない」
残りを読む(11)

コメント

TANABE Toshiharu @itinoe 2015年2月10日
旅券法違反といえばよど号メンバー
neologcutter @neologcuter 2015年2月10日
http://goo.gl/6JUMdN憲法の判例・帆足事件からも考えて今回の旅券返納は合憲だと判断したんだが…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする