17
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
前説は、学校でなくDeNAの広報の方が仕切っている。
Kayo Kamiya @kayoJ45
佐賀県武雄市、山内西小学校の1年生が行うプログラミング発表会の取材に来ました! pic.twitter.com/m20eQVcAm6
 拡大
Kayo Kamiya @kayoJ45
1年生、みんな、賢そう。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
今日のめあては「大きな声で発表しよう」
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
パクモンをお願いブロックで動かしたこと。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
ペイントツールに背景に切り抜き機能がある。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
子供たちはいい子。話がちゃんと聞ける。問いかけの反応も良い。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
環境はScratchとJrの折衷のような感じ。
Kayo Kamiya @kayoJ45
山内西小学校、プログラミング学習発表会。これまで行われた7回の授業の振り返り中。 pic.twitter.com/QZqzTtmQ5V
 拡大
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
発表の段取りがすごい。なめらか。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
会場のどよめきがすごい。つまり、大人の期待を上回っているということ。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
基本は、自分が描いた絵を動かし、なんらかのイベント(タッチ、衝突など)で消えたり、大きくなったり、見た目が変わったりする。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
大人の支援はなく、使いこなしている感じ。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
タブレットは自分のを使っている。プロジェクターの接続などは大人が支援。
Kayo Kamiya @kayoJ45
山内西小学校、1年生プログラミング学習発表会。今日のめあては「大きな声で発表しよう」。来賓、保護者、多数来られてます。1年生、発表がんばれ!
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
初めて壇上でハングする子が。急かすでもなく、じっくり待つ。関係性の構築はできている。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
ここまで音がない。音の機能がないのかも。音は気が散る原因にもなるので必ずしも悪くない。
Kayo Kamiya @kayoJ45
山内西小学校、1年生プログラミング学習発表会。みんな、自分で描いた絵を動かしています。 pic.twitter.com/Ih6d2eYIFw
 拡大
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
この進行はすごく練習してると思う。ここまでトラブルがない。
アベ先生 (CV: 阿部和広) @abee2
しかし、この手の発表会の常として、完成作品のみでプログラムを一切見せない。それこそが子供が作ったところなのに。突き詰めると、プログラミングに関心がない(見る人もないと思っている)のではないか。
残りを読む(52)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする