10周年のSPコンテンツ!
479
kenji @KITAMACHI
都条例改正案についで。都民どころが、日本人ではない私が口を出せる立場ではないですが、しょぼい日本語でちょっと…台湾の話をしよう。
kenji @KITAMACHI
あれは今から数十年前・・・いや、44年前だったか。私達にとっては昔の出来事だが、あなたたちにとっては、明日の出来事、になるかもしれません。
kenji @KITAMACHI
1960年頃、台湾の漫画界が輝く時代があった。人気漫画は実撮劇場作品になれるぐらいの、良い時代、らしい。
kenji @KITAMACHI
が、1966年に台湾政府が「編印連環圖畫輔導辦法」、人呼んで「漫畫審査制度」を可決しました。
kenji @KITAMACHI
曰く、国家政策と法律を反してるもの、倫理道徳を破壊するもの、少年児童の心身健康を妨げるもの、習俗を妨げるもの、迷信を宣伝するもの、国家社会に他の影響を与えるもの。 これらは漫画のイラストと文字に存在してはいけない。
kenji @KITAMACHI
犬は喋らない。ロボットの能力は制限されるべき、自由意識と言葉を持つべきではない。武器は現存のそれを超えてはならない、核やレーザー、ガスなど強力すぎる武器を使っていけない。etc…
kenji @KITAMACHI
一度輝いた台湾漫画界は、この制度に縛られて、やがて消滅しました。
kenji @KITAMACHI
それから十数年、1980年頃、日本の漫画が海賊版のかたちで輸入されて、詳しい原因はわからないですが、何故が台湾漫画ほどきびしい審査を受けてなかった。
kenji @KITAMACHI
それからの数年間、日本の漫画が子供の間で大ブーム。ドラえもん、ドラゴンボール、シティハンター、電影少女、らんま、ダイの大冒険……などなど。
kenji @KITAMACHI
そのブームの中に、台湾人オリジナルの漫画がなかった。
kenji @KITAMACHI
1987年、審査制度はようやく廃止されたが、焼け野原同然の台湾漫画界は一からやり直すしかなかった。
kenji @KITAMACHI
1992年、著作権法修正條文の実行により、海賊版漫画が姿を消し、代わりに日本からライセンスをとって、正規ルートから翻訳された日本漫画が現れました。
kenji @KITAMACHI
この正規日本漫画の流れに乗って、台湾漫画も歩き出して、各漫画週刊にて連載し始めました。一時それなりに盛り上がりました。
kenji @KITAMACHI
が、台湾漫画が何年も経たない内に数が減っていき、生き残ったのは日本の漫画だけになりました。
kenji @KITAMACHI
そしてさらに十数年が過ぎ、漫画アニメといえば日本産、という現状になりました。
kenji @KITAMACHI
私の少年時代は、日本漫画とともに育ってきた。そこからゲーム、アニメにハマってて、自学で日本語を学べて、日本の文化を理解して…
kenji @KITAMACHI
審査制度以前の台湾漫画時代は、私にとってはもはや伝説みたいなものでした。
kenji @KITAMACHI
もし漫畫審査制度がなければ、今の台湾漫画はどうなっただろ、と。今更考えるだけ無駄なことですが。
kenji @KITAMACHI
今の日本は、まさにその歴史的な交差点に立っています。
kenji @KITAMACHI
日本の現状は、もちろんあの時の台湾とは違うんですが、この歴史は何がの参考になるかもしれないと思って、書いてみました。

コメント

ザムザ @zamuza 2010年12月12日
この台湾の歴史は、他でも見たけどやはり辛い。アメリカのコミックコードもそうだけど、やはり「社会規範」で縛る事なんか絶対にあっちゃいけない 時代が変わることを理解出来ない役人なんかに、任せちゃいけないんだ。
富 ユタカ @lkj777 2010年12月12日
#hijitsuzai #156kisei あれは今から数十年前・・・いや、44年前だったか。私達にとっては昔の出来事だが、あなたたちにとっては、明日の出来事、になるかもしれません。<うまいなこれは
アキミ @AKMI0 2010年12月12日
日本はまさに、台湾の漫画界暗黒時代の契機となった法律と同様のものを成立させようとしている。前例を前に、二の轍を踏むのか……?
桜川☪️11/17・青海Bツ33a @s_sakuragawa 2010年12月12日
台湾漫画は復活した後何故成長しなかったんでしょう?日本の漫画は残ったのに…
サイレントトラベラー@令和マイナス3×年生まれ @slpolient 2010年12月12日
@KITAMACHI 当時の台湾にどんなマンガがあったか、具体的に紹介していただけませんか?
S.A.M. @SAM_tak 2010年12月12日
香港マンガ、韓国マンガが話題にのぼることはあるのに台湾マンガが全く話題に上らないのはおかしいと思ってたが、こういう事情だったのか…
杉本ちづる @chiesugi 2010年12月12日
台湾には仕事に行ったけど、コンビニには日本の漫画が置いていた記憶が・・・
rain @after_plum_rain 2010年12月12日
加えて、台湾で漫画表現が規制されたことは実際の犯罪率などの変化を踏まえて本当に意味があったのか、ということも考えなければいけないと思う。日本にとっては、もう明後日の話に迫っている。
beni-uo @beniuo 2010年12月12日
書店に行けば日本漫画のコーナーがあるし、観光ルートの夜市からちょっと外れたら日本漫画専門店があったなあ。台湾。
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@slpolient 一番有名なのは「諸葛四郎」という作品だそうです。あの時代の子供なら誰でも見たことがある、とのことですが、審査制度で昔の作品は殆ど無くしたので、今となってコレクターたちしか持っていないと思います。
お茶漬け @ottyajp 2010年12月13日
数十年前に台湾でも同じことがあったのか…しらなかったよ 日本の漫画は世界中で人気らしいからそれが衰えるとなると世界中の多くのファンが哀しむよねぇ 都議会ももう少し慎重に話をすすめて欲しいよね、大人な対応で。
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@s_sakuragawa あくまてて私自身の考えですが…台湾の読者たちが、海賊版時代の日本漫画を見て、目が肥えています。それて復活したばかりの台湾漫画は、一緒に連載している日本漫画と比べて、明らかに未熟でした。
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@s_sakuragawa オリジナルのコンテンツが少ないから、日本のそれを借りて、同人を発展するのが、台湾の現状です。小さいながら、日本の手を借りながら、少しつづ育っています。
こうきくう★「7こ差の事情」連載中 @kouki_kuu 2010年12月13日
日本の漫画文化は今までの漫画を読んで育ってきたという土壌があってこそ。一度止めてしまったら、解除されても、直ぐ昔通りにはならないって例ですね。
カピバラ(明太子味) @tetsuno_Al 2010年12月13日
@KITAMACHI 日本語で失礼します。漫畫審査制度が作られた背景はどのようなものだったのでしょうか?差し支えなければ教えていただいてよろしいですが?日本と同じ、漫画は人心に悪影響を及ぼすとかそういった理由からですか?
SOKOMOTO @shoula_noraneko 2010年12月13日
なるほど、こんな事例があったなんて知りませんでした。 事情や経緯は違えど、なんだか「日本に純国産の航空機がない」現状にも似通ったところがあると感じました。 一度失ったことは取り戻すに難しい。そしてあってはならない事態だと改めて思います
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@tetsuno_Al あの時代の台湾は長期戒厳令の真っ最中にあるので、当時の政府は漫画の影響力を恐れていた。というのは一番有力な考えです。
エターナル艦艦 @ss11223 2010年12月13日
やっぱり都の条例と台湾の例を同じだと思ってる方が大量発生ですか、お前ら本当に救えないな。なんかお前等見てると民主党が政権を取ったら日本が滅ぶとか言ってたアホ共を思い出すよ
@boso_tzw 2010年12月13日
台湾では、こういう規制があったのか…勉強になった。こういうことは知られるべきですね。過去に学べなければただの馬鹿。
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama 2010年12月13日
情報ありがとうございます、なるほど「諸葛四郎」で検索すると本の画像が出て来ますね。読んでみたい。 http://bit.ly/gD7yUk 台湾の規制は漫画に台湾の政治や社会への批判が入る事を恐れたのかも知れませんね、だから80年代の日本漫画は規制されなかったのかも?
エターナル艦艦 @ss11223 2010年12月13日
漫画とアニメがちょっと年齢制限されるだけで大騒ぎ。映画の年齢制限が厳しくなった時もちょっと騒がれたけど、結局日本はなんも変わらずに平常運転でしたよ
エターナル艦艦 @ss11223 2010年12月13日
映画やテレビ番組が自主規制に追い込まれていっても声を上げない連中が何を今更って感じだわ。他の業界だったらとっくに年齢制限されてそうなアニメ、漫画が規制されようとした途端に「表現の自由に対する弾圧」だのとご大層な文句を並べる。さらに「日本の危機」だのと憂国する痛い人たちも大量発生する始末
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@ss11223 そうなるかもしれませんね。むしろそうなればいいですが、それだけじゃない可能性を恐れています。
カピバラ(明太子味) @tetsuno_Al 2010年12月13日
@ss11223 >映画の年齢制限が厳しくなった時もちょっと騒がれた >映画やテレビ番組が自主規制に追い込まれていっても声を上げない連中 の部分何か矛盾してませんか?
七守、こんこん、玲いろは。 @my_ryu 2010年12月13日
都の条例による規制が台湾の審査制度と同じ方向に向かっていきかねないという点で、両者は似ている。審査制度と同じ規制が日本に出来ているほどなら、果たしてこんな風に自由な言論を交わせる国情かどうか…。都の条例は台湾の審査制度と同じではないが、同じ制度ができる端緒になり得るものとして問題ということ。 救えないのはどなただろうか。
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@kghdt ロボット云々なのは、審査制度の具体的な内容です。実際その時代でロボット漫画はあるかどうかちょっとわかりません…(←台湾人なのに日本漫画の方が詳しいという)
カピバラ(明太子味) @tetsuno_Al 2010年12月13日
@KITAMACHI 回答ありがとうございました。そういった背景と目的があったのですね。実に興味深い事例ありがとうございました。
よろめき @y0r0meki 2010年12月13日
他のジャンルの有様を見ているから規制に反対している人間も少なくない思う。TV番組なんかBPOのせいで毒にも薬にもならないようなのが増えている。それに、東京都の“騙し討ち”のようなやり方に納得しろという方がおかしい。
よろめき @y0r0meki 2010年12月13日
大体業界が自主規制するのと行政が規制するのは全く違う。改正案が出てくるまでの流れを見ていれば、業界が不信感を持つのは当然だし、今後の運用の仕方だって危ぶまれるのは当然。台湾のようにとまではいかなくても市場の縮小、表現の委縮には繋がる。
Oddball @0ddbaII 2010年12月13日
実話か唯の例えか知らないけど鍋に水と生きたカエル入れてゆっくり沸かすと温度変化に気付かずにおとなしく茹で殺されるって聞くよね。
川村賢一 @kkawa01 2010年12月13日
誰とは言わんが、一人痛いのが湧いてるな。
山だ登る @noboruyamada 2010年12月13日
台湾の事例、胸が痛みます。 ただ、今回の件は。こんな規制が出てくる以前に、少年少女向雑誌に例えば強姦賛美漫画が載っている現状を鑑みると。子供相手に商売するならそれなりの弁え、矜持が必要だろうと。 ある種一部業界のヒト達が招いた事態の様な気がします。
愛甲えめたろう @emeth_aiko 2010年12月13日
台湾という素晴らしい国でオリジナル漫画文化が育たなかった理由……。これからの私たちがたどる道だと思うと悲しくなってしまう。
よろめき @y0r0meki 2010年12月13日
韓国の漫画規制の事例。彼の国には漫画を規制する団体があるそうです。 http://t.co/CARJtDO
kumonopanya @kumonopanya 2010年12月13日
日本は海外にマンガを輸出するほどでかくなったから、日本の恥部になるような部分を大人は恥ずかしくなって隠そうと(規制を)しはじめた。その恥部の部分も切ってはいけない部分だとはわかってはいても理解はしていなかった。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2010年12月13日
今の日本の状況が、ここに書かれている台湾の表現規制のレベルになるまでには、だいぶ遠い道のりがある。今回の都条例はそこへの一歩ではあるが、まだだいぶ先の話だ。しかし、ただ反対反対と唱え、妥協案や落しどころすら拒否し続けるのならば、いつかはたどり着く先だろう。強硬に規制反対を主張する人たちは、(レーティング、ゾーニング含めた)一切の規制がない状態が望みなのか?それは無理ってものだと思うのだが……。
エターナル艦艦 @ss11223 2010年12月13日
「パチンコ、スロットは規制されてもOK有害だから」「タバコが規制されるのは当然だろ有害だから」「酒もどんどん規制すればいい有害だから」こんな事ばっかり言ってたお前等に聞きいたい。漫画、アニメに規制は不要だと断言できる根拠はなに?普通の人達はお前等が表現の自由(笑)だと主張しているものを有害な物だと思ってるんじゃないかな?
黄昏テル@ヽ(´ー`)ノ @tasogareteru 2010年12月13日
普通の人ってどの辺から適応されるん?
砂利/月読 @Jyari_Tukuyomi 2010年12月13日
とても残念です。表現が大好きな僕としては、途中で絶たれることなく今日まで育まれた台湾のマンガが読みたかったです。 今後の台湾のマンガが楽しみです。日本のマンガもこれからのびのびと育っていくことを切に願います。
内藤明博 @akindoknight 2010年12月13日
ここから「戦力持てば前の日本と同じ!軍靴の音が!自衛隊は廃止しろ!」的トンデモと同じ道を辿る人もいるけど、原理主義的拒絶に浸って具体的な内容の検証と適正なコントロールを考えないのは却って危険。
ごんぶと。 @gonbuto1981 2010年12月13日
パチスロは賭博、煙草は癌リスクと周りへの迷惑、酒も度が過ぎれば体を蝕み死人が出る。それぞれが依存度が高く、犯罪や事故を頻繁に発生させるものであるのに比べ、最近のアニメや漫画の「表現が行動の原因であると断定される」ような事案って何かあったっけ?まぁ結びつけることはいくらでも可能だろうけどw
来亜樹里絵 @dollswar 2010年12月13日
台湾ではこんな事例があったのですね。日本でも同じ道を辿らなければいいのですが。とても残念です。
サイレントトラベラー@令和マイナス3×年生まれ @slpolient 2010年12月13日
80年代に日本の漫画が台湾に入ってきたのは、蒋経国氏が死去し、親日家の李登輝氏が台湾の最高指導者になったことと何か関係があるのでしょうかね? (もしかしたら、それ以前にも入り込んでいたかもしれませんが…)
EisenLo'we @eisenlowe 2010年12月13日
「相反する者同士で話し合い、双方が納得・妥協・住み分けできるルール作りをする」ならともかく、都がやろうとしてるのが「ろくな話し合いもせず、一方的に作ったルールの、一方的な押し付け」である点が問題。 「なんでも反対」「反対の為の反対」じゃダメだけど「双方が住み分けできるルールを作る"対話"の為に、今現在の条例案に反対する」のは「有り」だろう。
神月ゆうき 病気で超重力掛かって辛い @koudukiyuuki 2010年12月13日
当時のコミックは、「老夫子」しか覚えてないな∑ (´д`|||
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@slpolient それは…多分ないと思います。でも、蒋経国氏は死亡した前年に戒厳令を解除し、連動で審査制度も廃止されました。全く関係ないわけでもないです。
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@koudukiyuuki ここで衝撃の事実。老夫子は香港漫画でした!
もにょたん @monyotano 2010年12月13日
そうだったんだ…それで、台湾の性犯罪とか少年犯罪とかは減ったんでしょうか?
く牛ううう @usi_930 2010年12月13日
他人の意見にケチを付けるだけの評論家気取りは自論も指標も示さない。私も気を付けねばと改めて思った。
漫画脳ホーケー麻生(アホウ) @unnearmed 2010年12月13日
自滅党こと自民党と石原を支持してきたオタク共にとっては今回の都条例は自業自得の結末。台湾でも、近年まで続いた非国民の親日政権のせいで日本の悪逆な侵略時代を描いた良識ある漫画も廃れてしまったのが残念です。最近はようやく大陸の同志とともに正しい日本叩き漫画が復活しつつある
ミィム@糖質制限中 @happylab 2010年12月13日
やはり足に枷された隷奴が国主になることはないのだ。
重明 @sea_ts 2010年12月13日
まさに他山の石。
重明 @sea_ts 2010年12月13日
個人的に台湾には親日でいて欲しいが、これは逆に見てみたい。 @unnearmed: 台湾でも、近年まで続いた非国民の親日政権のせいで日本の悪逆な侵略時代を描いた良識ある漫画も廃れてしまった
小岡賢治@呉19-21 @kenjikooka 2010年12月13日
タバコと酒の規制はパターナリズムである程度正当化できると思うけど,賭博を法が規制するのはやり過ぎだと思う。
Francesca @Francesca8192 2010年12月13日
台湾は出版法廃止から18禁がグレー地帯、審査権は行政院新聞局に移るが、18禁物自体は猥褻物陳列罪などに当たるので、これを扱いの書店も警察騒動しばしば、しかも「猥褻もの」の認定は警察や法官で決める...
いがこな @Igakona 2010年12月13日
これはとても深い・・・明日は我が身ですね・・・
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
@monyotan 台湾の審査制度の目的は性犯罪とか少年犯罪とかより、言論コントロールと思われますので、そういう研究があまりないです。 そもそも戒厳時代ですから、犯罪率も今より遥かに低いです。
kenji @KITAMACHI 2010年12月13日
総務委で可決…ですか。残念です。でも、これだけを言っておきます。15日の本会で可決されても、諦めたらそこで試合終了、ですよ…
@kaizokutuihou 2010年12月13日
タバコ、酒は個人差による許容範囲・死因に関与、パチンコは借金による闇金反映・育児放棄(家庭崩壊)に直接繋がるから規制派が多いだけだろ。自身がコントロール出来ないなら法以外で誰が防げってんだよ・・・。身内でも注意した程度じゃ止めないだろ。
にゃあ🐾(半ライス大盛り) @nyaa 2010年12月13日
可能性。可能性ではあるが。都条例の場合もそういう歴史の分岐点にいるかもしれないのだな。
あまの めぐみ @meguamano 2010年12月13日
台湾的朋友謝謝! 台湾は今、日本のコンテンツを消費しながら少しずつですがオリジナルコンテンツを育てています。商業作品もまだまだ同人レベルかもしれませんが、大切にはぐくんでほしいと思います。
ネオぐら🏍️ @neogratche 2010年12月13日
パチンコ・パチスロ・タバコ・酒どれも規制反対ですが何か
@niconicosam 2010年12月13日
一体どんな副作用があるのか分からない薬を飲むようなもの、だと思ってたんですが、意見が変わりました 「死ぬ猛毒と分かっていて飲むようなもの」だ
@boundsaurez 2010年12月13日
近隣の例を考えると、あくまでこれだけで判断するのは性急だろうが、この度の都条例はするべきことではない。そもそも環境犯罪誘因説は否定されているというのに。あとコメント欄をみて、言論・表現の自由はいいねと思う。そして態々相手をしてあげる心の広い人が案外いることも。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月13日
エターナルはほうっておきなさい。わら人形論法なんだから。だれも「規制が不要だ」などとは言っていない。
担担麺とろみ付き @75tantan 2010年12月13日
ファンロードと言う雑誌のお陰で台湾や香港の漫画事情は古くから知っていました。実は海賊漫画でさえ黒塗りで消してあるコマがたくさんありました。それでも日本の漫画は海を渡って流れていって今の現状があるんですよね。自由な時代の中で台湾漫画の再興を望んでいます。素敵な漫画家さんが多いから大丈夫!
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月13日
誰も言っていない「規制が不要だ」論に対してシャドウボクシングするかわいそうな人なんだから、生暖かく見つめるのが一番。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月13日
逆に誰が「マンガやアニメは規制が不要」なんて言ったのか知りたいよw もちろん調べるのはエターナルな。だって言いだしっぺなんだから(嘲笑)。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月13日
ここで「トチジガー」なんていってるやつは出したらあかんよ?
魔法少女おざなりさま☆ゼットンさやかG闇 @ozanarisama 2010年12月13日
この人が言ってることはもっともなんだが、 コメント欄がひどいな… キモオタやサブカル厨が春の時点から何も進歩してないとよくわかる
SAS⋈夏コミ新刊委託販売中 @SASNIKU 2010年12月13日
韓国でもかつて(今も?)同様な規制があって、漫画界がボロボロになったことがあるとか。そのあたりの詳しい話を聞いてみたいものです。しかし日本も同じ轍をこれから踏みに行くのか…
あおとり @bluebird_kndk 2010年12月13日
すごく考えさせられるまとめだった。 まさか台湾でもこんな事があったとは……
sai @miyamo201 2010年12月13日
漫画が消える日なんて想像もできないけど、ありうることなんだ・・・
夏菜@9/22砲雷や-19 @o_kana614 2010年12月14日
歴史は繰り返す・・・か。台湾と同じ道を辿りそうで怖いな。
elielin.jp @elielinjp 2010年12月14日
台湾人として異議を申し上げたいですが、「編印連環圖畫輔導辦法」は事前検閲制度で、今回の都条例とは質の違うものだと思います。言うならば2004年の「出版品及錄影節目帶分級辦法」のほうが近いですけど、アレは騒いだだけであまり影響らしい影響はなかったと言えるのでしょう。
elielin.jp @elielinjp 2010年12月14日
[101214] 都条例関係で台湾の事例を出したまとめを読んだ。主には洪德麟の説で台湾マンガ産業の衰退の始まりとして1966年実施の「編印連環圖畫輔導辦法」はよく挙げられるけど、まったく関係ないと言いづらいが、洪氏はその件を過大解釈し過ぎたと思う。
REI◆タペストリー予約中 @R_E_I_ 2010年12月14日
今台湾では漫画出版社の偉い方、東立出版社の社長さん、あの事件前は漫画家だったんですよ。台湾漫画は、1966年のあの規制のせい活気を失うのは事実ですし。
bipbi1 @bipbi1 2010年12月15日
香ばしいのがわいてるなww だれが規制に反対っていってんだよ・・・規制は既にあるんだよ。 上乗せして自由に検閲できる仕組みを作るのが問題だというのに頭悪いのかわざとミスリードしてんのか・・・
sumisato @sumisat0 2010年12月15日
現時点で有害図書指定はあるし、判例で憲法の表現の自由に違反しないって出てるからね(最高裁メェ・・・orz)今度のは有害の範囲をさらに広げたのと非実写を狙い撃った規制。
仙童孝義@計画運休 @sendoutakayoshi 2010年12月16日
そうなると、本当に恐ろしい法案が可決されてしまったということになりますな。しかし、今はなんともいえないので、しばらく様子を見ることにします。
防人因果@ラズパイドラレコ @IngaSakimori 2010年12月16日
面白い。ただ、日本は同人誌が下手すりゃ商業漫画代替できるんじゃないかという規模とクオリティを持っている。(少なくとも諸外国の商業誌よりは上)同一視はできないかな。
扶桑委員会 @fussoo_moe 2013年6月11日
この台湾の教訓が叫ばれなければならないのは児ポ法改正案が机上に上がりつつある今だな。
K.M.T @kmutgj 2016年1月6日
どうも、この検閲制度では多額の費用が掛かった為、出版社側は負担を嫌い、漫画だけを載せた書籍、雑誌は廃れてしまったという面があるとか。新聞漫画とか、小説に交ぜるなど極少ないページの漫画は検閲対象外だったらしい。
Kazuha @kazuhaya2 2016年5月24日
次は青環法。 東京オリンピックまでには規制は必ず入るよ
丹羽 旅部 秋例大祭ち33b @298gama 2017年11月13日
この1966年の規制によって台灣では人工知能(人工智慧)研究も日本でいう鉄腕アトムのような目標が途絶えてしまったのかもしれない
柳沼和良 @yaginuma_san 2018年3月6日
台湾の方、大事な話を有難うございます。。
暑さで心が折れそうなかとにゃん\(^o^)/ @katomem 2019年8月6日
何か今も尚「言論統制はエロから始まる」とかいう俗説が跳梁跋扈してるけど…この纏めにて引き合いに出されている臺灣…この頃(1960年代)の時点で既に言論統制真っ只中な件(「二・二八事件」で検索すれば嫌と言うほど引っ掛かる)、この辺踏まえないと駄目ですよー(尚、戦前日本含む他諸外国もほぼ同様
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする