2015年2月28日

黎明期日本SFの黒歴史

どの程度正確な話なのかは分からないけどメモ。
12
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

筒井康隆は「西城秀樹主演で『富豪刑事』を映画化するから続篇小説を急ピッチで書き下ろしてください」と言われて、映画化そのものを断わったんですよね

2015-02-27 21:11:07
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

@kokada_jnet 福島正実SFマガジンコンテスト出身作家を自分の子飼いの弟子のように思っていて、小松左京は福島には極秘で光文社との仕事を進めていて、カッパノベルス日本アパッチ族』刊行の広告が新聞にドーンと大きく載った時、それまで何も知らなかった福島は激怒したんですよね

2015-02-27 22:48:41
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

イヤな感じの版元社員に一泡吹かせる。いい話だ。

2015-02-27 22:49:17
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

ハヤカワを出し抜く!」が小松左京の人生テーマだったのだとすれば、『日本アパッチ族』極秘刊行というのは、『太陽風交点』事件の序章ですよね

2015-02-27 22:50:41
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

【再】ボクの思う福島正実の人格的最悪エピソード。いつまでも筒井康隆を認めようとしなかった福島正実が『堕地獄仏法』にだけは目をギラリと光らせて「こういうのもっと書け。次はNHKを叩け」と言った!

2015-02-27 23:05:12
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

で、NHK嫌いの社員編集者から降されたNHK叩きの命令を守るためだけに書かれたのが『公共伏魔殿

2015-02-27 23:06:49
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

【再】でもネット上で福島正実を平然とdisってると、息子の加藤ナニガシにカラまれて往生する目に遭う! 大橋博之さんみたいに。気をつけよう!

2015-02-27 23:07:22
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

ハヤカワ・東宝共催のSFコンテストには、東宝映画化に値するような傑作が集まらなかったので、しかたなく福島正実は自分で『マタンゴ』を書いたんですよね(星新一には名前だけ借りた)。つまり福島は東宝とツーツーの関係。そして福島に内緒で出版されたのが『日本アパッチ族』。さぁどうだ!

2015-02-27 23:11:16
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

もっと想像を膨らませると、福島正実の立場になってみれば、自分のメンツを潰した『日本アパッチ族』が、自分の頭を飛び越えて東宝で映画化される、なんてことになったら、どう思ったんでしょうね。権謀術数陰謀黒幕のマキャベリスト福島は、勝手知ったる間柄の東宝に対して、どう動いたんでしょうね。

2015-02-27 23:15:10
石川誠壱の石川誠壱的こころ @ishikawasei1

実際どう動いたのか動かなかったのかは知りませんけどね。『日本アパッチ族』映画化の企画が流れて、そりゃあ福島正実は喜ばなかったはずはないと思いますけどね。どうなんでしょうね加藤ナニガシさん

2015-02-27 23:17:53

コメント

こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年2月28日
筒井康隆氏は後に深田恭子主演の『富豪刑事』に自ら出演されてたなあ。ご本人曰く、トリックを考えるのが苦手だったから連作は厳しいという趣旨の発言をなさっていたような。
2
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年2月28日
「堕地獄仏法」はSFマガジン1965年8月臨時増刊号、「公共伏魔殿」は1967年6月号なのでちょっと間が空いていますね。その間に筒井康隆は国連・ベトナム戦争・ニーチェなど様々なものをネタにした小説を書きました。
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年3月1日
あのへんは今読んでも面白いが、「俺のキャラ的にはこういうのを書かなきゃならない」という自己演技、自己演出による創作のための創作、という部分もあったのかね。今年はそうすると「堕地獄仏法」発表から50年か。ontheroadx
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年3月1日
長山靖生『戦後SF事件史』を、よりによって(笑)山形浩生氏の書評で紹介。/ 長山靖生『戦後SF事件史』:なんだ、ぼくが一回も出てこない事件史なの? http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20120305/1330914688
1