【詩小説・レッズ・エララ神話体系、ほうき星町シリーズ】「恋でも食ってろ、デブ」

ほうき星町シリーズの書店員・リッテによる「ダイエット小説」です。いろんなダイエットメソッドが飛び出します。恋して、人は痩せていく。 (ほうき星町シリーズは、http://togetter.com/li/701955 これとかの話シリーズです)
レッズ・エララ神話体系 ほうき星町
modernclothes24 632view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:45:20
    【詩小説・レッズ・エララ神話体系、「ほうき星町シリーズ」】 「恋でも食ってろ、デブ」
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:49:44
    書店員リッテは太ってはいない。小柄な体躯の少女で、いつもエプロンを着ていて、そこそこの長さの髪をポニーテールにしている。若馬のような元気の良い毛並みは、それだけで彼女を象徴している。元気の少女である……はずだった。その彼女が、どうにも最近調子がおかしい、と自覚している。1
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:51:16
    小さなアパルトメントの寝床から出て、さあ今日も頑張りますか、と、椅子に引っ掛けられたジーンズを手にとって、するすると履く。「……?」しかし、ちょっと止まる。ぐいぐい。ぐいぐい。……なんということだ。サイズが合っていないではないか。無理に着ることも可能だが、多少くるしい。2
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:53:44
    それでも、これまで普通に着ていた彼女のワードローブだ。ピン・ピン、と、おなかのボタンが、ボタンかけのところをはじく。こら、しまりなさい。そんな格闘をする少女リッテ。――ああ!日常の一幕! 平和の示し! その情景はどことなくユーモラスで、おだやかな微笑を投げてしまいそう。3
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:54:08
    が、客観的にいったら、彼女がデブっただけという話にすぎない。4
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:55:41
    ここのところ不摂生が続いていたというのも事実だ。ちょうど店内大改装で、彼女はさまざまな力仕事、事務仕事に忙殺していた。あのグータラ店主でさえも忙しくしていたのだから、彼女にくる負担たるや加重である。まるで太古の図書館に収められた粘土板が襲い掛かるかのよう。バタンズシンドズン。5
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:57:23
    「……それにしたって太りますかね?」とリッテは思う。忙しくしていたのなら、多少は減るのが道理であろう。そうでなくても、標準値と同じ値をたたき出すくらいは。「……なんでこうなっちゃったんだろう」。リッテはズボンを履けないまま下半身パンツ一丁で沈思黙考する。おなかが冷えそうだ。6
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 21:59:16
    部屋を見渡す。部屋……というか、本にまみれた正方形の倉庫。家具といったらタンスとベッドくらい。あとは本、本、本。うずたかく床から積まれた本は、まるで神殿の柱のようにそびえたっている。その上に、例えばパンの紙包みだとか、缶コーヒーの空き缶が置かれている。レディの部屋である。7
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 22:00:54
    とてもこれは、店長には見せられないなぁ、と思う。彼女自身は押し殺しているが、実は彼女の思い人。世捨て人のもと貴族、流麗な相貌に、「世界図書館」と言わんばかりの博覧強記を誇る貴公子。道楽息子。貴族をやめた貴族……いつの間にか、アタマのリソースがそっちにいっている。8
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2015-03-02 22:02:14
    いかんいかん、とリッテは思って、ズボンをどうにか見繕って、パンツ一丁からランクアップする。 しかし…… 何が悪いのだろう、今の生活は? と、リッテは漠然と思うのだった。もちろん、読者諸氏においては、回答は鼻をかむより明らかであるが。9

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー