編集可能

絶滅した野生牛オーロックスとナチスドイツで行われた復元種、オランダで進行中の復元

まとめました。
3
学名bot @gakumeibot

ウシ 家畜化されたのは新石器時代の紀元前6000年から紀元前5000年ごろの西アジアとみられている 当時この地方に生息していたオーロックスが原種であるが、オーロックスは17世紀には絶滅してしまっている 写真はオーロックス twitpic.com/cuhujs

2013-06-03 09:06:17
拡大
動物を守っていきたい。 @ralf_an

オーロックス かつてはユーラシア大陸また北アメリカで数多く見られたが、家畜などにされたり乱獲されたりなどされたことから数がひにひに減少。1620年見つかった野生の個体も1627年に死亡が確認されたことか ら絶滅種となった。 pic.twitter.com/g7Fde8fpJz

2013-06-12 08:13:51
拡大
リンク Twitter 千樹本 一 on Twitter “オーロックス。”
千樹本 一 @sakimotohitotsu

マーク・シャッカーの「ステーキ!」という本。 次にフランスのステーキ。 原初の牛に近いオーロックスは、風味豊かでジューシーだが、脂肪分が少し足りない。 伝統的なフランス産肉牛、リムーザンは、まろやか。知名度の低いオブラックは風味がある。 どれも美味しいが、彼の大満足には至らず。

2013-07-10 12:27:17
源頼家 @yoriie_bot

このオーロックスに同情しちゃう・・・。俺もこんな感じで殺されたからか? あ、オーロックスっていうのはヨーロッパからアジアにかけて生息していた、現在の家畜牛の先祖である野生牛だ。狩猟や生息地の減少によって絶滅してしまった。 twitpic.com/bi3b8d

2012-12-01 22:10:57
拡大
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

更新世末期(1万1000年前)までには、ヨーロッパ・アジア・北アフリカなどの広い範囲に分布しており[2]、1万5000年前のラスコー洞窟の壁画にもオーロックスが描かれている。]

2014-06-11 23:20:17
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

[オーロックス (Bos primigenius ) はウシ科ウシ属に属するウシの一種。家畜牛の祖先であり、子孫であるコブ無し系家畜牛やコブウシは全世界で飼育されているが、野生種としてのオーロックスは1627年に世界で最後の1頭がポーランドで死んで絶滅した。]

2014-06-11 23:18:38
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

-16世紀には各地にオーロックスの禁猟区ができたが、それは単に諸侯が自らが狩猟する分を確保するために設けたものでしかなかったため、獲物を獲り尽くすとともに閉鎖された。

2014-06-11 23:21:06
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

[かつてはユーラシア全体および北アフリカで見られたが、生息していた各地で開発による生息地の減少や食用などとしての乱獲、家畜化などによってオーロックスは消滅していった。

2014-06-11 23:20:39
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

このウシは体形や性質はオーロックスに近いものを持っているが、体格はいくぶん小柄で、作出に携わった当時の動物園長のルッツ・ヘック(Lutz Heck、ドイツ人動物学者)の姓を採って「Heck cattle(en)」とも呼ばれている。]

2014-06-11 23:22:15
リンク Wikipedia オーロックス オーロックス (Bos primigenius ) はウシ科ウシ属に属するウシの一種。家畜牛の祖先であり、子孫であるコブ無し系家畜牛やコブウシは全世界で飼育されているが、野生種としてのオーロックスは1627年に世界で最後の1頭がポーランドで死んで絶滅した。 体格は体長約250- 310cm、体高約140- 185cm、体重約600- 1000kg。体色はオスが黒褐色または黒色、メスは褐色。角は大きく滑らかで、長さは80cmほどとされる。 英語でこの動物をさす名称として使われるものに "aurochs" や
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

最後に残ったのはポーランドのヤクトルフ(Jaktorów)にある保護区であったが、そこでも密猟によってオーロックスの数は減り続け、1620年には最後の1頭となってしまった。その1頭も1627年に死亡が確認され、オーロックスは絶滅した。]

2014-06-11 23:21:15
烏(ブラックバード) @CARAS_1989

[その後、1920年代より、ドイツのベルリンおよびミュンヘンの動物園において、現存するウシの中からオーロックスに近い特徴をもつものを交配させることによってオーロックスの姿を甦らせる試みがなされた。

2014-06-11 23:21:49
ken @kenkatap

古代宗教ミトラと牛と人類の歴史 【NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213651492… ▼牛崇拝ミトラ教=ほとんどの宗教の基となった宗教 ▼昔の人が見ていた牛=オーロックス ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA… ▼1627年最後の1頭がポーランドで死に絶滅

2015-02-20 09:28:54
リンク Wikipedia オーロックス オーロックス (Bos primigenius ) はウシ科ウシ属に属するウシの一種。家畜牛の祖先であり、子孫であるコブ無し系家畜牛やコブウシは全世界で飼育されているが、野生種としてのオーロックスは1627年に世界で最後の1頭がポーランドで死んで絶滅した。 体格は体長約250- 310cm、体高約140- 185cm、体重約600- 1000kg。体色はオスが黒褐色または黒色、メスは褐色。角は大きく滑らかで、長さは80cmほどとされる。 英語でこの動物をさす名称として使われるものに "aurochs" や
ken @kenkatap

牛崇拝ミトラ教の分布=かつてのオーロックス(牛)の分布と一致 matome.naver.jp/odai/213651492… ▼キリスト教より古くからインド~イランをこえ欧まで普及 ▼ミトラ=弥勒=ヘルメス(ギリシャ・ローマ)他 ▼ゾロアスター教ではアフラ・マズダーが絶対神、ミスラはヤザタの筆頭神

2015-02-20 09:36:01
何の変哲もない福岡生活(WP)… @fumi_fukuoka

01/08 NHKおはよう日本「世界のニュースザッピング」 1米ABC 巨大な岩でフリークライミング 2英BBC “ナチスの牛”どう猛で危険 3仏F2 大量に持ち出されるまつぼっくり pic.twitter.com/fIp02oEJm7

2015-01-08 06:47:06
拡大
リンク Twitter fumi on Twitter “01/08 NHKおはよう日本「世界のニュースザッピング」 1米ABC 巨大な岩でフリークライミング 2英BBC “ナチスの牛”どう猛で危険 3仏F2 大量に持ち出されるまつぼっくり”
リンク カラパイア 知られざる歴史:ナチスは絶滅種の動物を復元するプロジェクトを行い、それを成功させていた。 : カラパイア ドイツのファシズムイデオロギー(ナチズム)は、国家の強さを保つため、行き過ぎた実力行使により世界を混乱させていったわけだが、一方で、そのナショナリズムは、古き良き時代への回顧主義へとつながり、かつて栄えていたドイツを取り戻そうという運動にまで及んでいた 20 users 13
残りを読む(23)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?