10周年のSPコンテンツ!
4
diesixx @DieSixx
ちょっとこれから大長編ドラえもんを少しずつ制覇しようとおもう
M @ppplankton
うわ、考えることは一緒だなぁ笑 RT @DieSixx: ちょっとこれから大長編ドラえもんを少しずつ制覇しようとおもう
diesixx @DieSixx
@ppplankton 何が傑作か。この際はっきりさせようじゃないか!
diesixx @DieSixx
今大長編ドラえもん見ると「このピンチ、どこでもドアで回避できんじゃね?」とか冷静に考えちゃってやだなぁ(笑)大人になるってこわい!!とりあえず『のび太の恐竜』見た。恐怖演出はまだなし。
diesixx @DieSixx
『宇宙開拓史』…畳の裏側が彼方の星に通じていて…。長編ドラえもんの方向性を決定づけた2作目。資源を狙う大企業と開拓移民、のび太の二挺拳銃などかなり西部劇的な展開。地球の数時間がコーヤコーヤ星では数日という設定は少し不気味。こうしたパラレル世界観の得体の知れなさも藤子さんの魅力だ。
diesixx @DieSixx
『のび太の恐竜』…『ET』ミーツ『ジュラシック・パーク』。でもこちらの方が先か。2作に限らずスピルバーグのSFマインドはやっぱりどこか藤子Fに通じるものがあるな。話のスケールは小さいが、のび太とピー助との交流をていねいに描出したことで忘れ難い名作になった。
diesixx @DieSixx
『大魔境』…ジャイアンをフィーチャーしつつ5人のつながりをより明確に打ち出した。主題歌「だからみんなで」をバックにひとり、またひとりと歩きだす展開は単純ながら涙を誘う。巨神像が動きだす場面は『大魔神』を思わせ、なかなかスペクタキュラーだ。今回の危機回避は反則だとおもうのだが。
diesixx @DieSixx
『海底鬼岩城』…芝山努が初登板。バギーの「シヌノデスカ」発言、幽霊船の白骨化船長、後半の禍々しい画面設計など恐怖シーン続出。バミューダトライアングルやムー大陸神話などを材に、独自の物語を構築する藤子氏にも驚嘆し、ぽんこつバギーの顛末に涙。長編ドラのとエッセンスが詰まった傑作。
diesixx @DieSixx
4作目『海底鬼岩城』から、いきなり怖くなるな。長編ドラのトレードマークともいえる恐怖演出は、芝山努の資質に拠るところが大きかったということか。恐怖漫画としての藤子作品の持ち味を正確に汲み取っていたともいえるが、個人的に一番こわいのはオリジナルの『パラレル西遊記』だったりするし。
diesixx @DieSixx
出来杉、博識すぎる。そしていいやつだ。
diesixx @DieSixx
『魔界大冒険』…本当におもしろい。タイムマシンやもしもボックスが生み出すパラレルワールドの無限性は改めてこわいな。終盤で、ダミーの「おしまい」が登場したときは本気で戦慄した。嵐の中に立つドラ、のびの石像にも恐怖。大長編の構成力が作品を追う毎に洗練されていくのを感じる一作。
そんまい @son_mai
ダイシックスくん(@DieSixx)が昨日より映画ドラえもんについてのツイートをされており、禁断症状がでそうです(´・_・`)
diesixx @DieSixx
見よう見よう RT @syon_syon: ダイシックスくん(@DieSixx)が昨日より映画ドラえもんについてのツイートをされており、禁断症状がでそうです(´・_・`)
diesixx @DieSixx
異人類・異生物との共生(『恐竜』)→異世界での冒険活劇(『宇宙開拓史』)→5人の仲間が力を合わせる(『大魔境』)といった具合に長編ドラの主要な要素が1作ずつ形成されていき、芝山の恐怖演出が加わる『海底奇岩城』で完成する。ここからは黄金期
diesixx @DieSixx
大長編ドラえもんツイートを再開する。
diesixx @DieSixx
『宇宙小戦争』…SF形式を借りた西部劇だった『宇宙開拓史』と違い、今回は完全なSF戦争映画。MGMロゴマークを始め古今東西の映画をパロったOPが楽しい。こわくて、逃げ出したくてたまらないしずかちゃんが、泣きながら敵に立ち向かっていく場面がハイライト。戦闘シーンも申し分ない。
diesixx @DieSixx
『鉄人兵団』…鏡面世界という設定だけでも偉大な発明。地球人の奴隷化を企むメカトピアもまた、地球と鏡像関係にある。鉄人兵団の苛烈な攻撃ぶり、ロボット美少女リルルが一瞬見せる凶悪な表情に戦慄。リルルが少しずつ心境を変化させ、ラストの行動に至るまでを丹念に描く。文句なしの傑作。
diesixx @DieSixx
最近は、しずかちゃんかジーン・ティアニーかの二択ですよ
diesixx @DieSixx
『竜の騎士』…全体として低調。元々誤解から生じた争いだけに盛り上がりに欠けるというか、種を守るためバンホーだけ過去に残るとかなら燃えたのだが。とはいえ、絶滅したはずの恐竜が地下で進化し、文明を築いていたというコンセプト、地下文明起源の謎が終盤明らかになるシナリオ構成は見事。
diesixx @DieSixx
『竜の騎士』で思い出したけど、ジャイアンの歌と同じく、しずかちゃんの弾くバイオリンが超ひどいって設定もあったんだよね。しずかちゃんはしっかり者だけど、大人になってから見るとやっぱり子どもなんだなって思える瞬間がたくさんあってかわいい
diesixx @DieSixx
『パラレル西遊記』…藤子氏存命中唯一の映画オリジナルだが、まったく遜色ない傑作になっている。特筆すべきは、芝山演出の真骨頂ともいえる徹底したホラー描写。異様に暗く不吉な背景画、妖怪化した大人たちのまがまがしさ。画的な見せ場も多く、母子の絆という裏テーマもシンプルで胸をうつ。
diesixx @DieSixx
『パラレル西遊記』で、ドラえもんが「危険が危ない!」っていうせりふがあるのは有名だが、あれもちょっとこわかった。ドラえもんがかなりパニクってる感じがして。
おしろい与力 @oshiroiyoriki
@DieSixx 「殺人遊戯」(79)での松田優作のセリフ「とっても危険が危ないよ」を思い出すのですが。ドラえもんに優作オマージュ?
@misa_tea_
@DieSixx 「ほかの三人の危険が危ない!」 パラレル西遊記懐かしい。
diesixx @DieSixx
映画ドラえもんを年代順に見ているわけだが、今は打率が高くてたのしいけど、藤子氏没後やキャストリニューアル後の作品群がちょっと退屈しないか不安だなぁ…。なるべくフラットな感想を述べられるようにしたいです。
残りを読む(261)

コメント

M @ppplankton 2010年12月24日
ドラえもん映画14作品目「ブリキの迷宮」の感想を追加
M @ppplankton 2010年12月25日
タイトル変更、ツイート追加しました
M @ppplankton 2010年12月29日
『のび太の恐竜2006』まで、追加
M @ppplankton 2010年12月30日
ツイート追加しました
M @ppplankton 2010年12月31日
『人魚大海戦』『新宇宙開拓史』の感想ツイートを追加。ドラえもん映画作品、全30作品の感想が出揃いました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする