2015年3月15日

権利と義務の基準

ICRP勧告、労災の基準、避難の権利と義務
1
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi

ICRP勧告の公衆被ばくの上限は、社会的に利益があっても、それを超える状況が続くことは容t認されとないであろう水準の少し下。容認される範囲であれば、できるだけ高い数値の方が社会的利益にはなるだろうという考え方から出てくる数値なんですよ。それで年に1mSv。

2015-03-15 15:51:12
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi

自然状態でも毎年たくさんの人が死にます。そこで放射線を利用する際に「増える」死者はどこまで容認されるのか。 用もない放射線であれば0であるのは明白なので、社会的利益に見合うリスクを探るという作業。それに対する世界中のいろいろな立場の専門家が議論した結果が年に1mSv。

2015-03-15 15:56:03
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi

そういう基準だから過去の原子力施設の事故や核兵器による汚染に伴う避難の典型的な水準にもなる。 1990年勧告以前であれば年5mSv、以降は年1mSv。

2015-03-15 16:34:26
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi

避難の強制は個人の自由との衝突となる。個人の自由が強ければ水準は上がるだろう。 対して賠償や救済の基準は、人権意識が高いほど下がるだろう。 被ばくに対する強制と救済の2重の基準の間の開きは重要だ。

2015-03-15 16:38:17
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi

開きが無ければ賠償や救済を渋ってとみて良い。と思う。

2015-03-15 16:55:03
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi

日本では開きがない。 ウクライナやベラルーシの所謂チェルノブイリ法では避難の権利と義務の間に差をつけている。

2015-03-15 16:56:47

コメント

Gruner_Wind @Gruner_Wind 2015年3月15日
自然放射線だけで年間数mSvあるわけで、事故によって被曝量がそのオーダーで増えたことを気にしても意味がない。無駄に気にすることやましてそのために移住するストレスの方がはるかに害悪です。明らかに被曝量の桁が上がるレベルであれば対応すべきでしょうが。
2
Gruner_Wind @Gruner_Wind 2015年3月15日
防護のための基準と、実際に影響が出るか出ないかのしきい値は違うってことは広く周知すべきだろうな。
2
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月15日
Gruner_Wind ICRP勧告の考え方と真っ向対決しようという意見表明ですね。 ひとつ気になるのは、ストレスの方が害悪というのは定量的にはどんな感じで計測すればよいのでしょうか。
0
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月15日
ちなみに、このまとめでは、権利と強制という観点から規制を考えるという点が大事な点です。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年3月15日
まず、「容認される範囲であれば、できるだけ高い数値の方が社会的利益にはなるだろうという考え方」であるということが述べられているICRPの公式文書を提示するのが最初では? 部外者が想像したことなのか、機関が言っていることなのかで扱いは違うわけで。
0
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月15日
stmark_309 ICRPの勧告書では「容認不可よりわずか下」とかになってますが、そういう些末な話ではないですよね。
0
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月15日
Gruner_Wind 補足です。ICRPのPubl.60には避難のような形(介入という用語が使われます)でしか回避できない状況では1mSvの限度は適用外と書かれていますから、ICRPに正面から喧嘩を売らんでも良いと思いますよ。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年3月16日
harada_hirofumi 個人線量限度は「いかなる計画被ばく状況においても規制当局により容認される」値であるとあって(P103)、それが「容認不可よりわずか下」であるという記述は2007年勧告にはないけど、該当する記述が何ページのどこにあるのか教えてほしい。
0
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月16日
stmark_309 個人線量で「容認不可よりわずか下」と書かれているのはとりあえずPubl.60の(193)ですね。ICRPの目的を考えれば「わずか下」というのは合理的でしょう。
0
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月16日
stmark_309 たとえば「余裕がある」という判断もあるでしょうけど「余裕くらいなければ容認できない」という判断もあるわけで、あんまり重要な点ではないと思いますがね。
0
原 _ 田 _ 裕 _ 史 🥚 🧷 @harada_hirofumi 2015年3月16日
大雑把に年1mSvのリスクは日本における交通事故死くらいのものだから、委員会の判断とすればそんなもんかな、という感じで。 個人的にはもっと厳しくて良いように思います。
0
Gruner_Wind @Gruner_Wind 2015年3月16日
すみません。「汚染に伴う避難の典型的な水準」というところを見逃して、通常の管理ができている状況での基準(一般的な有害物質と同様の)と勘違いしていました。
0
Gruner_Wind @Gruner_Wind 2015年3月17日
でも、一ケタ前半mSv/年程度を忌避するのって、避難先の自然放射線量のが大きくなる可能性があるレベルで、ぜんぜん「合理的」じゃないんだけどな。
0