2010年12月17日

BS世界のドキュメンタリー「赤道ギニア・クーデター失敗」20101216

シリーズ調査報道の4回目です。物好きな方は再放送をご覧頂くと理解が深まると思います。
1
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

BS世界のドキュメンタリー「赤道ギニア」なう。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:04:22
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

独裁国家赤道ギニア。1968年独立。国民は(要人であっても)些細な理由で逮捕され、粛清された。道路沿いに「政治犯」を磔にしていたとのジャーナリストの証言。結局当時の大統領はクーデターで逮捕され、処刑。 #bs1 #nhk

2010-12-16 23:07:02
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

赤道ギニアは石油のおかげで経済発展したが、独裁体制の名残あり。選挙は行われず。拷問も行われている。社会基盤整備は国民のためではなく、独裁体制のためのもの。国が豊かになっても生活水準下がる。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:10:32
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

オビアン大統領以下権力者が米国などの銀行に蓄財を進め、国民に金が回らない→国民の生活水準下がる。大統領は「西側(?)が汚職を持ち込んだ」とのコメント。大統領の足元は揺らいでいた。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:12:18
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

版大統領勢力、大統領の隠し財産を狙っていたものもいた。石油マネーが化けた隠し財産。一方、南アフリカにはサッチャーの息子がいた。サッチャーJr.、民間軍事会社の話題に関心。元傭兵は、彼にクーデター資金融通を求めていた。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:18:32
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

レストランなどでクーデター計画を打ち合わせる。噂は広がる。南アフリカのある村には「警備兵」の求人が回ってきたが、それは村人をクーデターに引き込むものだった。因みに村人は元兵士が多かったとのこと。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:21:26
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

当事者たちは、「欧州諸国もクーデターを支援している」と思い込んでいた。米国にも接触していた。2004年2月、南アフリカで動き。プレトリアのホテルで集合。一方、元赤道ギニア駐在武官はクーデターを阻止すべく米国・英国に接触。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:25:15
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

英国は2004年1月末にクーデター計画情報を入手したが、赤道ギニアには伝えなかった。英国は握りつぶした。スペインにもクーデター計画が流れ、軍艦をギニア湾に派遣したが、拒否されカナリア諸島へ引き返した。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:27:29
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

2004年2月、欧米諸国の支援を信じ、クーデター計画当事者は南アフリカ→ジンバブエ→コンゴへ。しかし、輸送機故障のため南アフリカへとんぼ返り。国境では素通り。2004年3月、再度出発し再びジンバブエへ。入国手続き時、パスポートのコピーを取られた。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:31:13
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

ジンバブエ入国後、飛行機は兵士に包囲された。クーデターは失敗、メンバーは逮捕された。先手を打たれていた。元駐在武官は事前に情報を南アフリカ政府に流していた。南アフリカ政府はオビアン大統領と通じていた。一方資金調達を試みたサッチャーJr.は無関心に。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:34:33
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

スペインの諜報部門は、クーデター計画をマークしていた。また、サッチャーJr.はクーデター計画への資金供与で逮捕、その後南アフリカを離れる。一方、米国は大統領の不正蓄財疑惑を追及。銀行にとっては、大統領は「上得意様」。ノルマがあったのだろうが、叩かれた。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:37:59
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

オビアン大統領は、米国の対応を苦々しく思っていた様子。米国以外に石油マネーを狙う国々が赤道ギニアに食指を伸ばす。天然資源確保重視の中国もご多分に漏れず。中国は「(政治に)口は出さないが金は出す」姿勢。労働争議があった際、現地警察は鎮圧。企業は争議当事者を解雇。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:41:21
t.matsuda【一時復帰中】 @matsuda_take

首謀者はその後大統領の恩赦を受けた。2009年、彼は英国に帰国。クーデター未遂、得をしたのは中国、と。「漁夫の利」という諺の通りか。クーデター計画は、実働部隊が梯子を外された構図で終わった。#bs1 #nhk

2010-12-16 23:50:31

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?