編集可能

いつもの

まとめました。
1
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

いくら品格を守るために価格を維持するって言ったって、無意味にかっこつけた結果売れなきゃコンビニの廃棄弁当と一緒じゃん。市場が求めてないなら求められる価格にする努力はすべきでしょ。より多く名前を売るために作家としての品格を安くすることだって選択肢の一つだ。

2015-03-22 22:16:43
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

「俺の名前はこんなに安いのに、俺の本と有名作家の本がページ数あたりの値段が一緒なんてのはおかしい。売れなくて当たり前だ。もっと市場の気持ちになって考えろ」 市場の気持ちってなんやねん

2015-03-22 22:21:05
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

世の中には価値のある情報と価値のない情報がある。人は価値のない情報をいちいち記憶にとどめたりしない。クーポン券付きのチラシは取っておくけど、付いてないチラシはゴミになるのと一緒。

2015-03-22 22:24:13
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

お前らは俺の思うとおりにしてくれなくていい。その代わり俺もお前らの思うとおりにはならない。

2015-03-22 22:28:46
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

あいつら自分で苦労して作品を生み出したことも、キャラクターを作り上げたこともないから、あんな簡単に人の作品やキャラクターを心なく壊して好き勝手もてあそべるんだ。

2015-03-22 22:33:11
金鳳花 @buttercup8109

幾谷くんはまず、自分を自分の思うとおりにするべきだと思いました>RT

2015-03-22 22:33:54
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

毎月数十作出る新刊の中で埋もれないために、注目されているイラストレーターの知名度にすがって、レーベルの存在すら知らないような層にも名前が届くようにする。うん、思った通りにできてるぞ?

2015-03-22 22:44:22
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

発売前の段階で名前が広まってないと配本数に影響してくれないから事前の拡散が一番重要だったんだけど、その努力を怠っておいて俺にだけ売れなかったケツを持たせようとしてもそんなに世の中甘くねえよと言い返すしかない。

2015-03-22 22:46:00
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

人の良さにつけこんで商売してる人間は俺みたいに性格の悪い人間が一人でも混ざるとあっという間に商売が立ちゆかなくなるのだ。

2015-03-22 22:47:09
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

書き終えるまでに1年、そこから発刊されるまでに1年。足かけ2年で65万円。一月で換算すれば2万7千円。ラノベ作家と言ってもほとんど学生のバイト代だ。仕事として自覚ないのかって聞かれたら「そうだよ」って答えて当然。

2015-03-22 23:14:51
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

仮に俺が3ヶ月で一本書けるぐらいのペースがあったとして、その度に編集が絵師の選定して、スケジュール決めて、刊行枠取って、イラストレーターの進捗待ってと伸ばそうと思えばどれだけでも伸ばせる。細かい打ち分けは言えないけど実際俺もそれで半年は伸びた。

2015-03-22 23:16:21
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

艦これの敵キャラデザインしてた絵師さんがガガガの新刊で「艦これで仕事してた実績もある絵師です」って紹介されてたの、ちょっと気になって調べてみたんだけど、敵艦は二人のイラストレーターが担当してて、最初はフリーの人が担当してて最近は角川の社内レーターがやってるということらしい。

2015-03-22 23:32:55
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

このアニメに出てるヲ級ってキャラ、フリーの方がデザイン担当された艦みたいだけど、他の絵師さんみたいにデザイン協力としてクレジットされてるの? ていうかなんで「されてる人」と「されてない人」がいんの?

2015-03-22 23:36:28
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

「うちで仕事をする以上、他社で仕事をするときは名前を変えろ」っていわれたとき、言われた通りそうした人と、「じゃあお前らとは今後仕事しない」って蹴り飛ばして名前そのままで次の仕事に行くのと、どっちの方がフリーのあり方として正しいんでしょうかね実際。

2015-03-22 23:47:55
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

大学の宗教学の講義で「なぜ高学歴の人間がテロを起こしてしまったのか」という議題のレポートに「文系は学歴高めて政治家になればある程度世の中を変えることはできるけど、理系は科学者になって世の中を変える技術を見つけるかテロ兵器作って世の中ひっくり返すかの二択しかないから」って答えた。

2015-03-23 00:01:42
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

理系の人間が世の中を変える方法はもう一つある。「こういった世の中になってほしい」という技術に対する理想を込めてSF小説を書き、科学に対する理想を多くの人に共有してもらうことだ。

2015-03-23 00:06:01
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

そういう意味で『ベイマックス』はアトムやドラえもんと並ぶような理想的なSF像だと思うよ。

2015-03-23 00:07:14
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

つまり『ベイマックス』を見て「日本のクリエイティブは終わった」と直感的に理解した人々が抱いた絶望の根底は、「日本のお株だったアトムやドラえもんを外国に奪われてしまった」って気付きじゃないんかな。少なくとも映画ドラえもんが海外で公開されたとして、ベイマックスの興収に並ぶことは無い。

2015-03-23 00:11:31
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

日本がラーメンという食べ物を中国から奪ってしまったように、日本のアニメも気づかないうちにどんどん奪われて行ってる。そして侵略を受けている。そう、モンスーノエナジーのように。

2015-03-23 00:13:17
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

たぶん業界全体として見た日本のアニメ業界は衰退していないというか、一部の限られた部分が壊死してきてるだけなんだと思う。その壊死してる部分が何かっていえば「テレビアニメ」っていう枠組みの中で作られてるやつ。

2015-03-23 00:20:28
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

予定してた刊行月から3ヶ月近く延期されたあげく、いわれた慰めの言葉が「タイミングが悪かった」とか自分たちが一番足引っ張ってると認めたようなものだとしか思えん。

2015-03-23 00:29:07
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

俺が講談社に訴えられる可能性があるかないかっていえば、まずそもそも打ち切り決まった段階で「俺は契約書に同意の署名してないしお前らに版権渡した覚えもないから勝手にネットで公開する」って状況だったんで、むしろ俺側から訴えて も十分勝つ見込みがある状況だった。

2015-03-23 00:43:21
幾谷正@電子書籍作家 @armordoll_alive

「出版権をそちらに渡します」って口約束に義務が生じるなら、「こちらの意図に沿ったかたちで宣伝を行って欲しい」という要望に応える義務も同時に生じる。それが果たせないなら契約を結ばなければいいだけだが、正式に契約を結ばずこちらの要望も無視して出版してしまったのは出版社側の手落ち。

2015-03-23 00:46:35
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?