10周年のSPコンテンツ!
79
studying @kotoetomomioto
福島第一原発 高濃度廃液か 液体漏えい NHKニュース nhk.jp/N4IZ4D6T ALPSから出た廃液、この廃液にはマグネシウムなどとともに極めて高濃度の放射性物質が含まれています。 原因によっては同じ施設で保管している670個余りの容器も点検する
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@study2007 基本的に、管理下にない、核燃料再処理施設の廃液みたいなもんだからね。核種は凄まじいことになっている。
studying @kotoetomomioto
@BB45_Colorado これがまた「樹脂製容器」というイヤな流れらしく、、orz。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@study2007 一応、放射分解での水素発生も込みで設計しているみたいだけどね。この容器、寿命は数年程度の上に、大型放射性廃棄物になるんだよね。GTCC LLRWにならないと良いのだけど・・・・
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI
@BB45_Colorado @study2007 樹脂を使うのは制動放射対策なんでしょうか?原子量が小さければ小さいほど少なくなるはずですから。それとも別の理由?
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@HironobuSUZUKI @study2007 ごめんなさい、覚えていないです。 制動エックス線対策はありそうですね。ベータ核種すごいですから。あと、自己遮蔽にかなり依存しているので、水を抜いたらすごいことになります。
studying @kotoetomomioto
@HironobuSUZUKI いやー、それならタンクの周りを別途遮蔽すると思うんですが、、。塩?か何かによる「腐食を考慮して」ということかもしれないですが、いずれにせよ実際上は「数年」てとこじゃないですかね?? @BB45_Colorado
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@study2007 @HironobuSUZUKI うーん、別途遮蔽なんてややこしいことやる余力ないですよ。そんなことしたら故障率も上がって、労働者の被曝量がさらに上がりかねないです。 まぁ、10年は持ちそうにないし、5年も怪しいのですが、そろそろ5年が見えてきています。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@study2007 @HironobuSUZUKI もう解体なんて諦めないといけないのにね。核のサグラダファミリアですよ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@study2007 @HironobuSUZUKI 樹脂タンクは露天だと痛みが激しいし、放射損傷もバカにできないので、さっさと脱塩してステンレスタンクに移すべきなんですが、あちこちにボトルネックがあって、それができないんですよ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
樹脂タンクは、以前、尾黒尾白に教えてもらったはずなのだが、資料がどっかいった。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
もう溶融デブリの発熱もかなり落ちていることだし、5年をめどに乾式冷却に移行して、石棺にすることを真面目に考えないと100兆円単位の税金を吸い込むブラックホールになるぜ。しかも、このブラックホール、放射能を垂れ流す。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
そろそろ溶融デブリの熱量は1‰に落ち着く頃で、熱出力で1MW~3MW程度だから、かなりきついが空冷に移行できそうに思うのだけど。 ただ、これもコリウムの状態によるんだよね。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
そもそも、1Fの解体にこだわる理由が全くわからない。 4号炉から6号炉の解体は可能だが、これだけでも周囲が強く放射能汚染されているので、5千億円では済まないだろう。僕は一兆円を見込んでいる。本来、普通の建物の解体と変わらない部分も放射能汚染されているのが理由。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
放射能汚染されているものの処理には普通の産廃の一桁から二桁上の費用がかかる。
あざらしサラダ @azarashi_salad
だからなるべく「汚染されていないもの」として処理したい=クリアランス制度の導入=コスト削減策。 pic.twitter.com/56CDGZPjeB
拡大
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
1号炉から3号炉については、一基一兆円でも不可能だろう。このまま水冷を続けていれば、それこそ湯水のようにお金と労働者の被曝を消費し続け、しかも、放射能を海や大気に放出し続けることになる。
あざらしサラダ @azarashi_salad
フクイチは「底なし沼」のように税金を吸い込んでは、ゼネコン等を含む「原子力ムラ」に無限に吐き出すだろう。
内田 @uchida_kawasaki
事故収束作業という利権の塊
内田 @uchida_kawasaki
投入した税金は、どこに行くのか・・・
Hironobu SUZUKI @HironobuSUZUKI
@BB45_Colorado そうだよねー。どうなっているか。LFCMのLはlava-likeの意味だけど、果たしてそういう形状で残っているのかと。そのレベルから疑問がある。圧力容器から溶け落ちることを仮定している人が多いけど吹き出しているとかありえるし。そのレベルから謎。
あざらしサラダ @azarashi_salad
廃炉廃棄物の裾切りも震災ガレキの広域処理も、「陰謀論」ではなく「コスト削減策」と考えれば全てが理解できる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@HironobuSUZUKI あぁ、噴き出しているでしょう。 格納容器が4〜8気圧くらいでしたが、圧力容器の内圧はそれを超えていたと考えるべきで、差圧が数~10気圧程度でも1500度を超える流体がドロドロと流れるなど考え難いです。 少なくとも1号炉はジェット噴射しているとみます
残りを読む(109)

コメント

ひかる(工学趣味) @hiruandon89 2015年4月5日
地下水対策。濠を作る案です。「日々担々」資料ブログ 特集ワイド:福島原発の汚染水問題 「7年後」までの解決、処方箋は 空冷、堀で包囲、地下ダム(毎日新聞 2013年09月24日) http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-9890.html 「佐藤暁さん…「敷地全体をひとつの島にするのがいい」と続ける。現在の計画は原子炉建屋の周辺だけを凍土壁で囲い地下水をブロックするというものだが、それよりも敷地全体から地下水を追い出そうというのだ」
ひかる(工学趣味) @hiruandon89 2015年4月5日
承前「具体的には敷地を囲うコの字形に海まで通じる全長10キロほどの堀を造り、堀の底面は海面より3メートルほど下げる。原子炉建屋は海面より10メートル以上、地上タンクは海面より30メートル以上高い場所にあるため、地下水は敷地に入る前に堀を通じて海へ流れ、汚染源の原子炉建屋周辺に直接は到達できなくなる」   絵的には、仁徳天皇陵・大仙古墳のような状態に。
ひかる(工学趣味) @hiruandon89 2015年4月5日
コロラド先生の人工岩盤案、原子炉建屋を埋設した場合、巨大な古墳のようになるかと。 福一原発事故収束では地下水対策が難問。 地下ダム案は以前からよく目にしているのですが、埋設されているので確認しにくい。 濠・運河・人工河川でしたら、古くから日本でも数多く建設、手堅いと思います。視覚的にも確認しやすい。定期的に浚渫し補修する必要はあるでしょう。数百年は持つはずです。
内田 @uchida_kawasaki 2015年4月11日
あざらしサラダさんのまとめを関連まとめとして追加しました。
もとさ @haripitty 2015年5月17日
衝撃的で良いまとめでした。ただ、タイトルがパッと見内容が分からないのとタグも少ないのでちょっと辿りつきづらかったので工夫していただけると有難いです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする