古賀茂明氏の「報道ステーション」出演最終回について 《山崎雅弘》

表題に関連するツイートをまとめてみました。2015年3月27日に放送された番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)での古賀茂明氏の発言と、その前後における日本のメディア状況についての私の意見を書いています。 古賀氏の番組内での行動については、賛否さまざまな意見がありますが、本当に国民やメディア業界人が今、議論しなくてはならない「問題」は何なのかを考える材料にしていただければ幸いです。 また、以下のまとめも関連するテーマを扱っていますので、合わせて読まれることをお薦めします。 続きを読む
政治 安倍 ジャーナリズム 言論の自由 日本 古舘 テレビ朝日 官邸 ジャーナリスト 山崎雅弘 報道
5
古賀茂明@フォーラム4 @kogashigeaki
明日6日(金)報道ステーションに出演します。3月は、27日も出演します。この二回で最後です。 4月以降は、篠塚報道局長が出すなと言ったので出られなくなりました。 最後の二回、古舘さんにも番組でいろいろ聞いてみたいと思います。是非見てください。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
古賀茂明「テレビ朝日の報道局長、篠塚さんっていうんですけれど、この人がもう絶対古賀は出すなという厳命を下したみたいなので(中略)実はこの篠塚局長っていうのはずっと早河、今の会長ですね。この人の懐刀っていうか、茶坊主みたいなものなんですけど」(古賀茂明氏のメルマガより)
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
古賀氏はメルマガの中で、『報道ステーション』の踏み込んだ内容は、古館氏よりも、「(政権批判が原因で番組を)クビになっちゃうという女性のプロデューサー」や担当ディレクターなど、政治部や経済部、社会部と「戦い」ながらビデオ編集で重要な部分を死守するスタッフの勇気の賜だと書かれている。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
昨晩の『報道ステーション』で古賀茂明さんが述べられていたように、首相周辺が進めているのは、戦後の日本が一貫してとってきた「自国が攻撃を受けた場合以外は、戦争や紛争という問題解決手段は選ばない」という国としての基本方針を無効にするものだが、日本国内でその是非が全く議論されていない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
日本の大手メディアは、世界中の民主主義国のジャーナリストから「変わってしまった」「権力に屈服した」と思われるか否かの瀬戸際にあるが、それは自社の先輩たちが身体を張って守ろうとした「砦」を、現役世代の社員が放棄して明け渡すことを意味する。首相の責任ではなく、個々の社員の責任になる。
古賀茂明@フォーラム4 @kogashigeaki
3月27日(金)報道ステーションに出演します(多分) これが最後です。 恵村さんに続き、番組チーフプロデューサーM氏も明日で更迭。 これまでの素晴らしい映像をよく見てください。全部M氏が官邸や幹部の圧力と闘って作った作品。 こちら⇒ tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hs…
古賀茂明@フォーラム4 @kogashigeaki
これから、報道ステーションのスタジオに入ります。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
昨晩の『報道ステーション』での古賀茂明氏の行動については賛否があるが、一般には水面下に隠されている「大手テレビ局に対する政府からの圧力」が、今のこの国で存在することを、水面の上に出して可視化したという意味で、公益にかなう行動だったと思う。それを番組内で言った出演者は、他にいない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)メディアの業界人を含め、国民は「おかしいと思ったことは、口に出して言わなくてはならない」という発言も、公益にかなう行動だったと思う。しかし「テレビ朝日の早川会長」は既出として「古館プロダクションの佐藤会長のご意向で」というのは初めて出た名前で驚いた。古館氏は動揺していた。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)森永卓郎氏もラジオで指摘していたが、メディアの翼賛体制に異を唱える声明に、大手メディアによく出演する「有名なコメンテーター」はほとんど誰も賛同していない。翼賛体制に異を唱えない。政府批判を控え萎縮するメディアの流れに疑問を感じない人は、大手メディアに今後も使ってもらえる。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
民主主義の原理原則に反した行動を政府が行えば、テレビの生放送ニュース番組等で、永田町や霞ヶ関の予想しない形で「ハプニング」が起きるのは、メディアの健全性がかろうじて残っている証しだと思う。ロシアのクリミア併合が行われた時も、RT英語放送のアナウンサーが生放送中に抗議して辞職した。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
政府がテレビ放送局に「政権批判するな」との圧力をかけ、テレビ放送局の上層部がそれに迎合して、政権批判を行った社員や外部出演者に制裁を加えるというのは、独裁国家など非民主主義国によく見られる特徴だが、日本は「そういう国ではない」と信じられてきた。現実は水面下で確実に変わりつつある。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「今日はJ(大手芸能プロ)やD(外資系エンタメ産業)の批判はNGでお願いします」という検閲を「わかりました」と日常的に受容する「テレビ出演者」は、「今日は政権批判もNGでお願いします」と言われても、抵抗感なく受容できるのかもしれない。両者の意味は決定的に違うが、違いを認識しない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
昨年12月19日付東京新聞への寄稿文(bit.ly/1G102Nv)でも書いたが、社会が権力を持つ一部の人間によって「国民の合意(民主主義)とは違う方向に作り替えられる」時、何もせず沈黙し傍観するのは「中立」でも「第三者」でもない。変化の流れに加担する群衆になる。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
民主主義に大した価値を置かない人や、実質でなく形式で物事を捉え考えるタイプの人には、古賀茂明氏の行動は「番組を降ろされた個人的恨みの発露」にしか見えないかもしれない。以前なら首相や閣僚が辞任を強いられた状況でも今はそうならないのはなぜかという、より重要な問題の根源に目を向けない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
昨晩の『報道ステーション』で、古館氏は「ニュースとは関係の無い話になった」ことを視聴者に対して「詫び」ていたが、今日どこで何があったという具体的情報伝達だけが「ニュース」だと思っているなら、この番組に未来は無いと思う。「テレビ局の変質」自体、視聴者にとっては重要なニュースだろう。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
【古賀茂明生放送で暴露】古館伊知郎と激論動画(報道ステーション)(NAVAR)bit.ly/1F2I2AR あらゆる出来事と同様、昨晩の『報道ステーション』の意味や価値も、今すぐ評価できるのは全体の一部でしかない。全体の意味は、何年も経った後で初めて明らかになる。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
古賀茂明氏の件に限らず、政治的な意志表示をする人間に対して、その主張内容の是非に触れることを避けつつ、意志表示の手段や形式的瑕疵、発言者の人格問題に論点をすり替えるパターンは多い。社会の「形式」を管理統制することに長けた人々から見れば、こうした思考パターンは自分たちの味方だろう。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
報道ステーション:古舘キャスターと古賀氏のやりとりは…(毎日)bit.ly/1HUpBlv これは予想外の展開。毎日新聞が、古賀氏と古館氏の番組内でのやりとりを正確に書き起こして、番組を観ていない読者に「判断材料」として提示している。これもジャーナリズムの仕事。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
古賀茂明氏は、番組の中で「菅官房長官がテレビ局に圧力をかけている」と述べていたが、現職の官房長官がテレビ局に直接圧力をかけて報道統制を行っているのが事実なら、民主主義国の根幹が既に崩れていることになる。記者は国民の「知る権利」に応えて、会見で官房長官に問いただす必要があるだろう。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「この女性プロデューサーは『ニュースステーション』時代からディレクターを務めてきた人で、安倍政権やテレ朝上層部からの圧力に盾になって今の『報ステ』路線を守ってきた」(リテラ)bit.ly/1BHBofI「その番組の柱ともいえる存在に突如、更迭が言い渡された」「上層
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)部が官邸サイドから『あの女プロデューサーをなんとかしろ』と言われているという噂はずっとあった」「早河会長と、安倍首相に近く、テレビ朝日番組審議会委員長を務めている見城徹・幻冬舎社長が組んで、問題を大きくし、プロデューサーの更迭に持ち込んだといわれています」(テレ朝関係者)
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
大串博志議員「安倍政権の放送番組に対する介入は、私も予算委員会で取り上げました」「色々なマスコミの皆さんと話していて、予算委員会でこの問題を私が取り上げると言った途端、口を閉ざされるマスコミ関係者がいらっしゃったのも事実」(公式ブログ)bit.ly/19uui6A
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
古賀氏の一件に関するJ-CASTニュースの記事 bit.ly/1Cy3qyg「番組降板を巡る当事者とキャスターの生々しいバトル」に問題を矮小化し、「首相官邸や官房長官がテレビ朝日会長を通じて番組に圧力をかけている」という古賀氏の重要な指摘の真偽は論点から除外する。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
テレビ生番組での一出演者の態度という個人的な問題と、「首相官邸や官房長官がテレビ朝日会長を通じて番組に圧力をかけ、政権批判を抑圧」という問題の指摘。ジャーナリズムが関心の矛先を向け追及すべきなのはどちらなのか。後者を隠して前者に問題を矮小化する人間の名前をよく見ておくべきだろう。
残りを読む(57)

コメント

ケイ @qquq3gf9k 2015年4月9日
この問題で古賀氏を擁護する人間が真っ当な証拠を出せない時点で『圧力は無かった』で終了だろ。
智多星 呉用 @Wu_Yong3 2015年4月9日
自民党にメディアへ圧力をかけて報道の内容を改変させたり、気に食わないスタッフを更迭させるような力があったりしたのなら、何で麻生政権のときにもやらなかったんですかね?
智多星 呉用 @Wu_Yong3 2015年4月9日
青山繁晴氏の原発報道に対して(当時)平野達男内閣副大臣から圧力があったみたいですが、マス山崎さんは何の言及もしていないのは何故でしょう? https://youtu.be/HTTJkBlOfnc (4:40~) 民主党の圧力は綺麗な圧力ですか?
Muji @ togetter憲兵隊 @643Myshelf 2015年4月9日
因みに自由なんちゃら協会崩れとかNOBORDERとか云うのは本件に関し証拠提出能力があるとは一般には認められてはいませんので。
ユニコーン渡辺 @TheGoldSunlight 2015年4月9日
御託はいいからさっさと証拠をだせよ。
reesia @reesia_T 2015年4月9日
毎回自身のとんちんかんな発言をまとめるその強心臓だけは尊敬に値するな。
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2015年4月9日
で、結局オチが「カイガイメディアガー」かよw 毎回毎回芸が無さ過ぎだよ。
言葉使い @tennteke 2015年4月9日
ニュースステーション時代自民党が番組に圧力をかけるため、スポンサーに降りるよう強要した話しを書けばいいのに。で久米宏が英雄になったか?圧力を毅然と跳ね返す会社になったのか?その後に政権の圧力が何か危機をもたらしたのか?「ニュースステーション 圧力 梶山静六」で検索するとよろし。
言葉使い @tennteke 2015年4月9日
昔星新一が雑誌記者から「養豚場の豚の鳴き声がうるさいからと声帯を除去して声を出せなくする技術ができたそうです。これって危険だと思いませんか?」とコメントを求められた。
言葉使い @tennteke 2015年4月9日
政権批判する人に「声帯を除去する手術」を絡めて「危険だ」と思っていると思うのだが、声を出せなくなってもペンを持てる。ペンを持てなくしてもタイプライターは打てる。批判者を“黙らせる”ならそこまでやらないといけないし、そこまでするなら昔からある逮捕投獄のほうが手っ取り早いだろ、と書いていた。
言葉使い @tennteke 2015年4月9日
そして平成も20年代後半に入った現在、批判者が恐れるのは“萎縮”なんだよね。星新一が書いた頃は、“萎縮”なんてとんでもない、やられたら倍にしてやり返す気概があったろ。その情けなさの変遷は、どういう理由の積み重ねがあるんだろ?政権批判会社に入ってくる人材がひ弱になってきたとして、「政府は反抗心の弱くなってきた我々に配慮すべきだ」という、さらに情けない中間管理職から上の泣き言なのか?
KSK @MprojectKSK 2015年4月9日
だから圧力ってどこの誰がどうやってかけたのかまで書かないと意味がないどころか質の悪い妄言だぞと何度言ったら(ry
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年4月9日
tennteke 国家権力に対する気概の源泉は講読者や視聴者、すなわち世間が味方についてくれるという信頼感にあったと思います。しかし近年はその安心感にあぐらをかいて報道機関の本分を疎かにして世間の信頼を失いつつあるわけで
リトルプラムスタードラゴンシティ @sgmt_raza 2015年4月9日
強いて言うなら、現政権を批判するためならどんな揚げ足でも取りに行く姿勢に辟易した視聴者からの圧力じゃないっすかね?(ハナホジ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする