Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年3月5日

「少女革命ウテナ」のアンシーの肌の色について

スタッフによる回想。
43
小黒祐一郎 @animesama

アンシーというキャラクターの成立は、複雑怪奇過ぎてここでは書けない。RT @brikix: じつに細かい話をするなら、ぼくはアンシーが――メガネをかけているキャラであるのに――成績が悪い、ということが作中で語られたとき、あの作品の生々しさが一気に増したような気がした。(略)

2010-03-05 00:25:53
小黒祐一郎 @animesama

とにかく、アンシーがあんな人になるとは思わなかった。

2010-03-05 00:27:34
八作🐳㌠ @brikix

.@animesama キャラクターが、深いというより、異様ですよね。女性の暗黒面だけをデフォルメさせたみたいな印象がありました。ブラックホールというか。だからこそ、ラストの反転がめっちゃくちゃに感動するわけですが。あれはほんと、驚倒しました。すげえ。やばい。思い出しても興奮する

2010-03-05 00:31:27
辻田邦夫 @92on

たぶん今年のどこかで、僕の連載は「ウテナ」に到達しちゃうんで、アンシーに赤い花嫁衣装着させた張本人としては、いまからドキドキしてます(笑)。RT @animesama: とにかく、アンシーがあんな人になるとは思わなかった。

2010-03-05 00:58:59
小黒祐一郎 @animesama

アンシーは肌の色もモメましたね。RT @92on: たぶん今年のどこかで、僕の連載は「ウテナ」に到達しちゃうんで、アンシーに赤い花嫁衣装着させた張本人としては、いまからドキドキしてます(笑)。

2010-03-05 01:05:17
辻田邦夫 @92on

あ〜、そうそう!あれは僕発ではないですね、たぶん。RT @animesama: アンシーは肌の色もモメましたね。RT @92on: たぶん今年のどこかで、僕の連載は「ウテナ」に到達しちゃうんで、アンシーに赤い花嫁衣装着させた張本人としては、いまからドキドキしてます(笑)。

2010-03-05 01:08:00
小黒祐一郎 @animesama

@92on あれは、俺もその場にいたのかなあ? 大月さんまで参加していましたよ。アンシーの肌の色をどうするかで。

2010-03-05 01:10:52
小黒祐一郎 @animesama

@brikix 「世界」を革命したいという気持ちと、「女性」を怖いと思う気持ちは、多分、表裏一体です。

2010-03-05 01:14:11
辻田邦夫 @92on

@animesama 自宅に帰れば当時の僕のカラーデザイン案が残ってるんだけど、幾原くんが最初からなの色でって言ってたような気が。確か僕は反対したんじゃなかったかな?「ララァみたいジャン?」って。

2010-03-05 01:15:47
小黒祐一郎 @animesama

@92on 幾原君としては、あの肌も萌えポイントだったんですよね。

2010-03-05 01:18:40
八作🐳㌠ @brikix

.@animesama 理解できるもので出来上がっている世界の「外側」の象徴なんですかね、女性の怖さ、というのは。『ウテナ』は、ものすごい勢いで走っていく作品だと思っていたので、当時、振り切られてしまわないように全力疾走する疲労と緊張は相当なものでした。……いち視聴者ではあれ。

2010-03-05 01:18:50
小黒祐一郎 @animesama

@brikix 世界を革命したいという事は、世界に対して、不満や不安があるという事で、その不安を端的に示していたんだと思う。女性キャラに「救い」を求めないのは、『セーラームーン』の後だからから、その反発かもしれない。

2010-03-05 01:25:49
八作🐳㌠ @brikix

.@animesama なるほど。今、幾原監督にとって「革命」というキーワードがどんな意味合いをもっているのか、それとも今は別のモチーフがあるのか、期待とともに気になります……ブラウン管(古!)から、『ウテナ』ほどの剛速球を、遠慮なしに投げ込まれた経験は、そうはないと思うので。

2010-03-05 01:31:46
辻田邦夫 @92on

@animesama あ、そうでしたよね>萌えポイント。

2010-03-05 01:37:30

コメント

@babyrosebaby 2010年3月5日
RT @animesama: アンシーというキャラクターの成立は、複雑怪奇過ぎてここでは書けない。RT @brikix: じつに細かい話をするなら、ぼくはアンシーが――メガネをかけているキャラであるのに――成績が悪い、ということが作中で語られたとき、あの作品の生々しさが一気に増したような気がした。(略)
0