編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
30
ログインして広告を非表示にする
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
実験使用後の脱皮不全のカブトムシ♂成虫を頂いたので、フリーズドライ後粉砕して簡易ローストしてコーヒーに。独特の匂いは香ばしさに馴染んでかなりコーヒーに近い。もうちょっと深煎りだと味も色もコーヒーの圏内に入りそう。これはすばらしい開拓。 pic.twitter.com/VHlROKozTR
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
「昆虫はビーンズやナッツに近い」ならば、コーヒーはカカオと同様に扱えるはずですよね、ということで美味しくない昆虫のコーヒー化とチョコ化に挑戦してみたい。手動ロースター二万円か。。。yodobashi.com/ec/product/100…
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa コーヒーなら銀杏煎りの金網とか、焙烙とか、フライパンでも焼けますよ。
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
@y_tambe  ありがとうございます。すると試作として少しだけ作る場合はそこまで用意する必要はなさそうですね。フライパンでやってみます!
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa コーヒーの場合は、生豆の断面を切ってやると判るのですが、表面から内部までは(多少の違いはありますが)ほぼ同じような「胚乳組織のかたまり」です。そこそこ硬く、火の通りは悪いですが、同じ成分組成のものなので「全体を均一に焼いて」やるのが目的になる。
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
@y_tambe 今回は均一にするために粉砕してからローストしたのですが、 コーヒーでそのようにするとダメな理由は何かあるのでしょうか。 また、「生豆の青臭くて飲めない」香り成分って同定されているのでしょうか。 似た香りは昆虫にも感じられる時があります。
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa カブトムシの場合、おそらく表皮と中身(?)の成分組成が結構違っていると思うので、そこをどう焼けばいいのか、ということに。
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa コーヒーの場合、生豆では硬すぎて、普通はうまく粉砕できないのです。コーヒーミル程度だと歯が欠ける。あと、青臭い香りの正体はいくつかあります。一つは、ピーマンなどの野菜のような土臭さ/青臭さがあるメトキシピラジン類ですがこれは焙煎では変動しません(続
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa また、コーヒーの場合、生の状態では青臭くて飲めないので「生焼け」にならないよう、芯までほぼ均一になるように煎る必要があります。また香ばしさはある程度煎ってはじめて出てくる。カブトムシだと、そこらへんをどう扱うかを考えた方がよさそう。
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
@y_tambe ありがとうございます!虫を網で炒るとポロポロ崩れてしまうので、フライパンのほうがよさそうです。今回は小さめのステンレス鍋を使いました。ロースターの役割は煎りムラを抑えるのと、香りを飛びにくくするのでしょうか。フライパンでローストしてもあまり遜色ないものですか?
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa 承前)メトキシピラジン類の量は焙煎では変わらないのですが、他の香り成分が焙煎で大幅に増えることでマスクされると言われています。その他では、ヘキサナール(青草の香り)などのアルデヒド類にも青臭さのあるものがありますが、これらはある程度焼き進むと抜ける
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
@y_tambe うーん。面白いです! 青臭さ、土臭さはナッツと昆虫に共通する嫌な香りで、ナッツ類は焙煎の調節とその後の処理によってかなり美味しくなっているので、同様のことが昆虫でも言えそうです。成分がかなり分析され尽くしているので、方向性が決まれば応用は一気に進みそうです。
Y Tambe @y_tambe
@Mushi_Kurotowa コーヒーを煎る場合、「生焼け」の一番の原因になるのは、芯部の水分が十分に跳んでいない状態で、焼いてしまう場合です。上手く焙煎するには「乾煎り」の状態にする必要がある。手網などでもそうですが、実際に煎り進める前の「水抜き」をしっかりやる必要がある。
蟲喰ロトワ 昆虫農家 蟲ソムリエ 6月からラオス @Mushi_Kurotowa
@y_tambe なるほど。すると焙じ茶のようなイメージでいけそうですね。 コーヒーの生豆がそんなに硬いとは知りませんでした。そんなに扱いにくい豆をよくもあんなに消費しているものですね。おもしろいです。
その他Twitterの反応
あねきち @ane_kitinn
コーヒーってカブトムシの味と近いんだ!
純太@秋例け-33a @junta_0404
カブトムシをローストしてコーヒーにするとかどういう思考回路をしていたらそんな発想が浮かぶんだ……………………(画像がアレだからリツイートしたいけど)
一澤 桂 @ichizawakei
件のカブトムシコーヒーは合法スカトロジーのような世紀末アウトロー感がある...
Fafs F. Sashimi@いせにほ好評発売中 @sashimiwiki
カブトムシコーヒー ~食料難を救う~
ナスカの痴情ェ @synfunk
珈琲豆にカブトムシを混ぜるんじゃなくてカブトムシ単体を粉砕抽出する“コーヒーのようなもの”なんだろうか。気になる。
くにゃーん @cnyan18
実験用カブトムシをフリーズドライ加工してコーヒーにするとは、なかなか業の深い研究者もいたものだ
みない @heeraroroo
カブトムシをローストしたコーヒーとやらを確認したけど、単価としてはスタバのコーヒーよりも高いのでは。
ドブアザ @seeherpee
本気でカブトムシをコーヒーにしようとしてる人を見つけてしまって、世界を広さを感じてる
ウメポョ @umeboshite
カブトムシコーヒー、すごい。
残りを読む(5)

コメント

smw @Shi_MeiWo 2015-04-13 09:38:57
かりに昆虫の体組成が甲殻類に近いなら、すり潰して炒ったら桜でんぶみたいになるのかと想像するんだが、それを煎じるとは難易度高し
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の住民 @U_fort 2015-04-13 11:09:23
でも、お高いんでしょ?わしビンボーだからコーヒー豆でいいかも
時々怒るおっさん @oldmanpom 2015-04-13 23:09:18
いや、それよりも安全性はどうなの。実験後の昆虫とか、薬品使われてたら飲むどころの騒ぎじゃないと思うけど。
寿命 @hisa_ino 2015-04-14 19:33:54
野暮かもしれないが、それは「コーヒー」とは呼ばんだろ。
oxoxxoox @opoxint 2015-04-14 23:48:03
たんぽぽコーヒーの呼び名は市民権を得てますし、甲虫コーヒーも大丈夫大丈夫
深井龍一郎 @rfukai 2015-04-17 01:23:53
「炒ってコーヒー風のお茶にすれば風味の難点を隠せる」ということではなかろうか。腐葉土の臭いが染み付いてたら大概の人は食えないだろうからねぇ。
私は16TONS@大阪の崇高なるダダイストにして、尋常ならざる性癖を帯びたもの @moonintears16t 2015-04-17 18:37:42
「ゲテ食大全」では堆肥ってかうんこの味がしてまずいと聞いたことはある。それがコーヒー?ほんとかよ?
耳の人 @he_noki 2017-09-08 11:03:29
堆肥味なのは幼虫では。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする