限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

洋楽に影響を受けた日本語の歌詞の作り方を理論化するぞ

洋楽に影響を受けた日本語の歌詞の作り方を理論化します
音楽 楽器 セカオワ 三代目jsb
3659view 1コメント
7
やおき @yaoki_dokidoki
さて、R.Y.U.S.E.I.分析のブログ用記事を今書いており、この楽曲を分析することで、J-POPや日本語ロック等にみられる、日本語の「シラブル化」のテクニックがおおよそ網羅的に学べると考えました。いわば教科書的なソングです。
やおき @yaoki_dokidoki
その説明がわかりやすいか、実際の分析に耐えるかどうか。テストしたかったのですが今の所協力者がいない。たぶんぼくの周りにはおそらくニーズのない三代目JSBという対象のせいかもしれませんが。
やおき @yaoki_dokidoki
本日は簡単にあらましを述べ、関心をお持ち頂ければテストにご協力願いたい所存。
やおき @yaoki_dokidoki
まず結論から申し上げると、R.Y.U.S.E.I.には執拗な「シラブル化」が用いられている。
やおき @yaoki_dokidoki
「シラブル化」とは何か。 これはぼくが勝手に作ったことばですが、シラブル化とは、連続する日本語的な(モーラ的な)2音を、英語的な1音へと変換し、メロディーにのせて表現することをさします。
やおき @yaoki_dokidoki
以下、R.Y.U.S.E.I.においてどのように2音を1音に変換されているか、について述べます。
やおき @yaoki_dokidoki
日本語のモーラ的な2音を、英語風のシラブル的な1音へと変換する方法には、3つあります。 1.クローズド・シラブル化 2.コンソナント・クラスター化 3.モノフソング/ディフソング化の3つです。
やおき @yaoki_dokidoki
注:今「あります」といっているのはあくまでもR.Y.U.S.E.I.を分析してわかる範囲内でのテクニックのことです
やおき @yaoki_dokidoki
まず「クローズド・シラブル化」について説明します。 R.Y.U.S.E.I.でクローズド・シラブル化が使われているのは、「ひ**とつ**」「まじり**あっ**て」「かぜに**なっ**て」「**じん**せい」「**ぜん**そくで」等の箇所です。
やおき @yaoki_dokidoki
クローズド・シラブル化では、CVCVの構造をもつ2音を、CVCあるいはCVNの構造へと変換することによって、1音のシラブルへと変換します。
やおき @yaoki_dokidoki
Cはコンソナント Consonant すなわち子音をあらわします。 おなじくVはヴァウル Vowel =母音。 Nはネイザル Nasal = 鼻音(撥音)をあらわします。
やおき @yaoki_dokidoki
クローズド・シラブル化におけるCVC構造への変換には3つの方法があります。 1. ヴォイスレス・ヴァウル 2. ジェミネイション 3. 「ん」をおしこむ
やおき @yaoki_dokidoki
以前に Dragon Night の子音の特徴分析で書いた「子音のみを発音するテクニック」がヴォイスレス・ヴァウルのテクニックにあたります。 lyricstheory.com/sekai-no-owari…
やおき @yaoki_dokidoki
R.Y.U.S.E.I.で最も使われているテクニックがこのヴォイスレス・ヴァウルのテクニックです。1番Aメロの「ひとつひとつ」では「つ」の母音が省略され子音のみで発音されています。つまり、「つ」がヴォイスレス・ヴァウル化しています。
やおき @yaoki_dokidoki
同様に、1番Aメロでは「ななつ」の「なつ」、「まじり」の「まじ」、「ひとつ」の「とつ」がそれぞれヴォイスレス・ヴァウル化されて、1音のメロディに当てはめられています。
やおき @yaoki_dokidoki
英語には、このようなCVC構造をもつシラブルがたくさんあります。 たとえば It's の「ツ」、richの「チ」、thisの「ス」はそれぞれ子音のみで発音されており、これらの語はすべて1シラブル=1音のメロディにのっかります。
やおき @yaoki_dokidoki
以前に書いたアジカン分析では、リライトにおいてメロディ1音に2音のことばが入っていてかっこいい、と書きました。 lyricstheory.com/how-to-write-l…
やおき @yaoki_dokidoki
アジカンでも、「けーして〜〜」の「けし」や「りらいとして」の「とし」はヴォイスレス・ヴァウルのテクニックによって2音が1音のシラブルへと変換されています。
やおき @yaoki_dokidoki
次に、クローズド・シラブル化の2つめのテクニック、ジェミネイションの話をします。ようは小さい「っ」を使うということです。
やおき @yaoki_dokidoki
ジェミネイションは、同じ子音を連続させるという意味です。具体的には、ローマ字で「きって」を書くときの「kitte」のtふたつ、「しっぷ」を書くときの「shippu」のpふたつ、などのような、同一の子音の重なりをさします。したがって、コンソナント・ジェミネイションとも言います。
やおき @yaoki_dokidoki
R.Y.U.S.E.I.でジェミネイションによるクローズド・シラブル化が使われているのは、1番サビの「かぜになって」の「なっ」、2番Aメロの「もっと」の「もっ」などです。
やおき @yaoki_dokidoki
「なって」はNAT•TE、「もっと」はMOT•TO、のように、3モーラにもかかわらず2音のメロディに割り振られています。
やおき @yaoki_dokidoki
やっぱ文字じゃなくて動画とかつくったほうがいいのかな
Juratic(ジュラチック)PR隊 @JuraticPR
ジュラチックのFacebook更新きたじゅら(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ" m.facebook.com/juratic.fukui?…
残りを読む(69)

コメント

やおき@ドリル3 @yaoki_dokidoki 2015年4月15日
まとめを更新しました。時間順に直しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする