Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年12月20日

ライスのアニメ感想:#40 STARDRIVER 輝きのタクト(12)

STARDRIVER 輝きのタクトの12話感想です。案ずるより産むが易し、思いは単純なほど強いと言うお話。そして感想40回目。ありがとうございます。
0
テリー・ライス @terry_rice88

STARDRIVER 輝きのタクトEp.12「ガラス越しのキス」おとな銀行三話目。ふむ。ミセス・ワタナベも青春を謳歌する。ってことなのか。それとかシモーヌさんのフォローがあったり、氷が解けるように話が収まったなあと言う印象。

2010-12-20 00:52:43
テリー・ライス @terry_rice88

人妻で女子高生で世界経済を動かしているミセス・ワタナベ(←ちなみにこれ、個人の小口外国為替証拠金取引(FX)投資家の俗称だそうな)は結局、同世代人と学園生活を楽しむことが幸せなんだろうなあと。

2010-12-20 00:56:56
テリー・ライス @terry_rice88

彼女は若くして管理者の立場にあるわけですよね。すでに公人の立場がある人間で、綺羅星十字団でも「おとな銀行」の頭取であり、南十字島の全サイバディの所有権を主張していることからも管理することに信念がありそう。

2010-12-20 01:00:23
テリー・ライス @terry_rice88

全ては正しい管理者の上で機能するくらいに考えてるのかもしれません。そうすると前回のシモーヌの話も、彼女がミセス・ワタナベの管理下に置かれていて、管理されているからこその現在(幸せ)があるということなのかも。

2010-12-20 01:02:59
テリー・ライス @terry_rice88

シモーヌに関してはタクトの笑顔に中てられて、その硬かった表情が緩んだのと、タクトへの好意が生まれたことで自分の幸せが見つかったという前回に対するカタルシスでもないけど解決が出たように思えます。

2010-12-20 01:05:55
テリー・ライス @terry_rice88

そう考えると前回までのタカシとのやりとりはだめんずとジゴロの関係が現れていたのかなあと。タカシがバニシングエイジの一員と考えると、色々筋は通ってきそう。普通の恋を見つけたのはミセス・ワタナベの管理下にあったからこそと言う。

2010-12-20 01:08:47
テリー・ライス @terry_rice88

で、ミセス・ワタナベが自分をどう管理しているかと言うと、「全ては自分の欲望のために」ってことなのかも。だから人妻なのにガラス越しのキスにも応じるし、いきなりクラスの親睦会を授業中に決めるし、タクトともデートする。全ては退屈を解消するため。

2010-12-20 01:13:11
テリー・ライス @terry_rice88

ただ彼女は立場上、力を行使すれば何でも出来てしまうから「管理」が必要なのだろうし、「管理」を強いなければいけないところがあると。ただ唯一欠落してるところが、普通の幸せをたしなむ事。優秀な公人であるが故のプライベートの欠如ってことなのでしょうね。

2010-12-20 01:19:21
テリー・ライス @terry_rice88

おそらく彼女なりにプライベートを楽しんでいる時間が学園生活ってことなのでしょうね。そもそもすでに世界経済を動かしている人間であるから、別に高校に行かなくてもいいわけで。じゃあ、なぜ学校に通っているのかってのが疑問として浮かんでくる。

2010-12-20 01:21:49
テリー・ライス @terry_rice88

となると、やっぱり学園生活を楽しむためって結論になってくる。けど、これもミセス・ワタナベにとってみれば、「自分の管理」にしかすぎないと。ただまあ、プライベートに関しては、普通の常識が伴ってない。なぜなら彼女には学園生活の方が非現実なわけで。

2010-12-20 01:28:38
テリー・ライス @terry_rice88

綺羅星十字団の活動も「兵力の抑止」と言う点でサイバディの所有権を主張してるので、仕事の一環でしかないと。息抜きできるところは学園生活だけってことなんだろうと。学生ってモラトリアムをものすごく大切にしてるってことなんだろうなあ。この時間が終われば、彼女には仕事しか残っていない。

2010-12-20 01:31:43
テリー・ライス @terry_rice88

とまあ、ミセス・ワタナベの事情はともかくかなり複雑にものを考えた上で論理的に管理された結果なのだろうけども、タクトにとって見れば、十字団=敵であり、ワコを南十字島に縛り付ける呪いだから、それを解くために破壊するという至ってシンプルな考え。

2010-12-20 01:36:47
テリー・ライス @terry_rice88

ミセス・ワタナベにはタクトはかなりの不確定要素なんだろうなあと思います。可能性すら管理しようとする彼女に対して、無限の可能性を信じているタクト。管理と自由という対比構造なのかなあとも。

2010-12-20 01:42:57
テリー・ライス @terry_rice88

管理の枠に収めようとして収めきれないほど枠をはみ出ているのがタクトであり、人間なんだと。文面(データ)と実際が大きく異なる場合もありますし、今回はそのようなことだったんではないのかなあと。案ずるより産むが易しというように、前に出て行動すべきだと。

2010-12-20 01:48:31
テリー・ライス @terry_rice88

ミズノが「人は皆魔法使い、だけど今はそれを押さえ込むくらいの力を持った大魔王がいるから、人が魔法を使えることはない」といっているけど、魔法使いのところを才能とか可能性に置き換えるとより分かりやすいかなあ。つまり自分から可能性を管理しちゃうとそれを狭めることにもなりかねないよと。

2010-12-20 01:51:59
テリー・ライス @terry_rice88

タクトはそういうことを一切いしないからこそ、魔法使いなのかもしれないと言う予測が立つことになる。純真無垢の混じり気のない人物だからこそ、輝いてるのではないかと。で、みんなタクトの輝きによってきている。

2010-12-20 01:54:12
テリー・ライス @terry_rice88

今回、最後にミセス・ワタナベがタクトの唇を奪って、「青春の謳歌」っていうのは彼女も輝きに魅了されたんだろうなあと。彼女はそれを管理しようとしたがそれはあまりにも無意味なことだったと気付いたように見えました。

2010-12-20 01:56:00
テリー・ライス @terry_rice88

一方でスガタはヘッドに接近していますが、これはヘッドが一度挫折してるからなのかどうなのか。ヘッドがスガタのことを似ていると言っているのも意味深っぽい。スガタの心がもしかしたら折れるのかもなあ。

2010-12-20 02:17:36
テリー・ライス @terry_rice88

さて、最終的に前回の感想で危惧していたようなことにはまったく鳴らず、おとな銀行の面々も明るくライトな方向へと問題が解決していたように思えます。太陽が曇り空を晴らすというようなお話でしたね。

2010-12-20 02:19:45
テリー・ライス @terry_rice88

複雑と単純というように想いに不純物が混ざっていないからこその今回のエピソードの結果って感じがしました。光が闇を照らしたんでしょうねえ。ねちねちとした後ろめたさとぎすぎすした裏とか、暗い背景を解消していく話だからこその青春の謳歌が大事なのかも。

2010-12-20 02:22:36
テリー・ライス @terry_rice88

ミセス・ワタナベの最後の台詞はそういうことなのかも、管理すると言うことよりも自分らしさという。

2010-12-20 02:23:20
テリー・ライス @terry_rice88

この学園生活も暇つぶしじゃなくて意味あることなのだろうと、気付いたと言うことなんだろうなあ。それが彼女にとっても幸せだったという。

2010-12-20 02:26:04
テリー・ライス @terry_rice88

最初、彼女たちを見て、予想していた展開よりは随分明るく、爽やかに解決したなあと思いました。上手く予想を裏切られている気がします。

2010-12-20 02:26:11
テリー・ライス @terry_rice88

というところで、今回の感想はここまで。次回からは再生サイバディの話のようでまたベニオの回。彼女の青春はどこにあるのか気になりますね。それではまた。

2010-12-20 02:28:31

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?