10周年のSPコンテンツ!

青いお皿の秘密 ~カメラマンぶたさんっ!による色と光のお話~

何気なく普段使っているおうちの台所にある食器。 ここぞというときによく出てくるものをよく見ると青い色が使われているものが多いなあ。 ぶたさんっ!@J_Tphotoによる解説です。
メモ 青すぎる皿 補色
69

青い色の模様が入ったお皿によそったカレーの写真から。

なおきち @naokororin2
@Butayama3 このお皿がとにかく好きでな。カレーも映える。
ぶたやま @Butayama3
青い食材は美味しそうに見えないのに、青いお皿によそった食材は美味しそうに見える。 twitter.com/naokororin2/st…
ぶたやま @Butayama3
これも補色の関係で説明できるのかしらね。

補色とは:、色相環 (color circle) で正反対に位置する関係の色の組合せ。例えば、「赤 / 青緑」「紫 / 黄緑」「黄色 / 青紫」など(これは一般、もしくはCMYKの場合)、相補的な色のことでもある。(Wikipediaより)

頓服 @alchmistonpuku
@Butayama3 そうですね、食べ物は暖色系がおおいから対比がいいんだとおもいます あと呉須はものすごくふるくからある食器用の色なので、目になじんでるのもあるんじゃないかなー
ぶたやま @Butayama3
@alchmistonpuku なるほど。昔からそういうものだというの認識があると。(・∀・)
頓服 @alchmistonpuku
@Butayama3 そんな気がするだけなんですけど、中国で出来たあの白と青の組み合わせが世界中で大人気になったこともありますしねえ(私も青白ばかりだった) pic.twitter.com/7Is7M0IgT4
拡大
ぶたやま @Butayama3
@alchmistonpuku あらま!本当に多いですねえ!
佐久間 功 @Biz_Sakuma
@Butayama3 キャンプ用食器に昔からある青いホーローは何を盛り付けてもよそっても、あんまり美味しそうに見えないんだけど、あれは色の濃さかなあ…。 (なんであんな色なのか、謎)

あれ。
青い色が入ったお皿は食材が美味しそうに見える。でも青味が強すぎると食材が美味しそうに見えない?
というところでカメラマン登場。

JUN TAKAI @J_Tphoto
@Butayama3 @Biz_Sakuma カメラマンの考察いりますか?
佐久間 功 @Biz_Sakuma
@Butayama3 @J_Tphoto その昔、アウトドア雑誌の撮影の時に、あのシンサの青い食器とステンレスの銀ピカしか編集部が持ってなくて、私物を供出したことがw
JUN TAKAI @J_Tphoto
@Butayama3 @Biz_Sakuma 後で参考画像上げるけど、料理の写真はアンバーに少し色が偏る位が美味しそうと言うのがあ、子供風呂入れて寝かしつけてから続きします。
ぶたやま @Butayama3
カメラ・レンズクラスタの皆さん、今日はぶたによる講義があるようです。(・∀・) twitter.com/j_tphoto/statu…

ぶたの講義はじまりー。

JUN TAKAI @J_Tphoto
@Butayama3 さてー。はじめるよ。いやぁ、今スタジオにいないのでMBPの中にある写真で青い皿の物探すの結構大変だったw
JUN TAKAI @J_Tphoto
「青い皿の料理は美味しそうに青すぎるの料理は不味そうに」に対する僕的な見解を示したいと思います。 まずはこの3枚ちょっと大げさに色を変えていますがどれが美味しそうに見えますか?人の感じ方なので正解はないのでお好きなモノを示して下さい。 pic.twitter.com/Mj5zGc0B3k
拡大

うーん。1?

JUN TAKAI @J_Tphoto
先ほどの3枚で誰一人美味しそうと言わなかったのが3枚目の青い写真、これはフォトショップを使って擬似的にLBBフィルター(空の青に近い色)を元の写真に足した物。2枚目はLBA(白熱灯の赤に近い色)を同じ位足した物です。
JUN TAKAI @J_Tphoto
ここでわかるのは少なくとも青っぽい写真を美味しそうだと示した人はいないと言う事で、私達カメラマンの常識としては、標準的な色(かぶりのない色)からアンバー側に少し寄せたくらいが比較的みんなが美味しそうと感じる色になる。とされています。
JUN TAKAI @J_Tphoto
で、ここからが本題。青いお皿の写真。一枚はデザートの天面の色を、もう一枚は側面の色を中心にちょっと大げさに補正しました。(色補正は校正されたモニターで行いましたが、皆さんのモニターそれぞれ色が異なるので比較して違いがわかれば。。) pic.twitter.com/tyCATTXT6H
拡大
拡大
JUN TAKAI @J_Tphoto
白いチーズケーキの側面が青い皿からの光を反射して側面が青くなるため、天面と側面のカラーバランスが変わってしまっています。これが青過ぎるさらが料理を不味そうに見せる原因の1つだと思います。ここでは当てはまりませんがもう1つあるとすれば「目が引っ張られる」と言う状況。
残りを読む(12)

コメント

SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2015年4月17日
割と暖色系に振られる事の多いiPhoneのカメラで料理が美味しそうに見えるのや、飲食店の照明が暖色系なのもこれと関係があるんかな?
@sbayasi 2015年4月17日
つまり、濃い青の皿でもあまり立体感がない食べ物だとさほど影響がない可能性が? 今度意識して実験してみるか。
kartis56 @kartis56 2015年4月17日
青だと思ったらあんまり青くない例 http://dat.2chan.net/t/res/261882.htm
neologcutter @neologcuter 2015年4月17日
青物だと青い皿を使わず白い皿の方が良いみたいな感じですね。
JUN TAKAI @J_Tphoto 2015年4月17日
先に出した青いお皿の料理もまずそうではありません。何故なら僕が撮ってるから、美味しそうです。青いお皿でも美味しそうです大切なことなので2回言いました。美味しそうです!
JUN TAKAI @J_Tphoto 2015年4月17日
真面目な話、側面を補正すれば天面がその分アンバーに振れるので、写真としては青いお皿でもやりようはあるのです。
JUN TAKAI @J_Tphoto 2015年4月17日
ただし透けるものは無理だな。真っ青だと。涼しさをイメージしたお料理以外で透けるもの真っ青は難しすぎる。薄切りのしゃぶしゃぶ肉真っ青なお皿とか多分最悪の結果を迎えると思われる。。。
kartis56 @kartis56 2015年4月17日
パンケーキの写真はちょっと特撮っぽい
kartis56 @kartis56 2015年4月17日
薄切りを青い皿ってフグ刺しで見かけるような
JUN TAKAI @J_Tphoto 2015年4月18日
パンケーキの写真、使用カメラはCanon 1DsマークⅢ、使用レンズはCanon EF50 f1.4と言う極めて一般的なレンズを使っています。開放で使用して最短焦点距離で撮影する事であえてレンズの性能を発揮させずに酷使して雰囲気ある写真を目指しました。 kartis56
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする