編集可能

講演会・菊地原洋平『パラケルススと魔術的ルネサンス:錬金術、占星術、自然魔術』(2015.04.25)

まとめました。
人文
1
✨ ヒロ・ヒライ@BH @microcosmos001
明日の25日(土)は午後2時から御茶ノ水で、菊地原洋平君の講演会『パラケルススと魔術的ルネサンス:錬金術、占星術、自然魔術』があります。無料です。どしどし押し寄せてください。関東で彼を見られるのは非常にレアです! facebook.com/bhermetica/pos…
Shuhei Inoue @narrenstein
今からなら菊地原さんのパラケルスス講演、間に合うな。
若里 実 @wakasatominori
パラケルススと魔術的ルネサンス\(^o^)/
hanna saito @0oHANNAo0
科学史学校「パラケルススと魔術的ルネサンス---錬金術、占星術、自然魔術から」なう
hanna saito @0oHANNAo0
パラケルススの生まれがスイスだということを知った。
hanna saito @0oHANNAo0
医薬の成分となる、錬金術で抽出すべきクインタ・エッセンティアquinta essentiaは地上に紛れ込んだ天上の第五元素らしいです。
hanna saito @0oHANNAo0
パラケルススの時代では錬金術と本草学が、蒸留して精製するという点などで重なっていたというのは面白い。
hanna saito @0oHANNAo0
パラケルススは、あらゆる自然物は植物と同じライフサイクルをたどると考えていたらしい。
hanna saito @0oHANNAo0
事物や生命の内的な時と、天体の作る外的な時の相互作用を想定していたという話。
若里 実 @wakasatominori
パラケルススの予言書きたー。
hanna saito @0oHANNAo0
当時占星術の絵解きが広まっていたというの面白い。
hanna saito @0oHANNAo0
コンテンポラリーアートの鑑賞と、類似性があるものは性質も同じだと考える古代やルネサンスの表徴説は関連づけられると前から思っている。
若里 実 @wakasatominori
パラケルスス主義とか、ドイツロマン派やら18世紀、19世紀の英仏にも影響あるっぽいから、ここ抑えないと全てがよくわかんないよね
若里 実 @wakasatominori
この辺の本草学が、蘭引きで蒸留するとハーブからキリストの再生が再現できるみたいな話になるのかぁ。ほへー。
AKa @A_Ka81
と言うわけで、昨日は科学史学校「パラケルススと魔術的ルネサンスー錬金術、占星術、自然魔術から」にお邪魔してみました。結構人居るんですね、などと。
AKa @A_Ka81
個人的に印象的だったのは、「梅毒騒動」ですかね。 パラケルスス「そんなの効かねーよ」 輸入業者「んだと!」 今でも見ますよね、こう言う構図。某批判どころか自前以外での研究を許さない団体とかさ。
AKa @A_Ka81
梅毒は新大陸がら来たものだから、特効薬も新大陸にあるはずだ、と言うことで、先住民が皮膚病治療に使っていたグアヤックが欧州では梅毒の治療薬として使われたと言う経緯。ただし、中身は水銀がグアヤックになっただけで、従来と変わらず体液学説に基づいた療法と節制。もちろん効果はなし。
AKa @A_Ka81
だけど、ちょっと変わっただけ、しかも安全性は大幅に上がったから、人々は安心してグアヤック療法を受けた。 日頃から受けている、あるいはやっている療法への安心感ってのは当然ながら今でもある。しかし、そう言うのが「食べるだけ」「切らない」「抜かない」などと言った療法が流行る土台なのかも

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする