10周年のSPコンテンツ!

勉強が苦手な子の英語の勉強法

三人称単数のエスと複数形のエスの区別がつかない子は多い。勉強が苦手な子は、文法から勉強しようとせずに英文を丸暗記することから始めるのが効果的だ。
教育
9
shinshinohara @ShinShinohara
私は英語の文法がさっぱり分からなかった。三人称単数のエス?単数って一つって意味だって言うけど、今、三人って言ったやん?複数やん? 複数形のエス?今、単数のときにエス付けるって言ったやん? もう、何が何やら。
shinshinohara @ShinShinohara
勉強のできる子は、文法というルールを聞いた上で取りかかると、英文も頭に入りやすいようだが、私のように勉強ができなかった子は、文法を先に聞いてもちんぷんかんぷん。勉強のできない子が英語に取りかかるには、まずは「丸暗記」が適している。効率が悪いようだが、後で格段に成績が上がる。
shinshinohara @ShinShinohara
中学の英語の教科書(3年生)だと、1ページあたり10ほどの文がある。まずはこれを暗唱してしまおう。まずは一定の速度で英文をなぞりながら、声に出して5回読む。教科書を閉じる。試しに暗唱してみる。たぶん、最初の言葉も思い浮かばない。なるべく思い出せるだけの言葉を言ってみる。
shinshinohara @ShinShinohara
再度教科書を開く。また鉛筆で英文をなぞりながら5回読む。5回読むのは、せいぜい3分くらいで終わるはず。また教科書を閉じる。暗唱を試みる。すると今度は、最初の一言目が言えなかった前回の悔しい思いがあるから、一言目はとりあえず出る。でもその次が続かない。思い出せるだけ言ってみる。
shinshinohara @ShinShinohara
また教科書を鉛筆読みで5回読む。本を閉じて暗唱を試みる。これをひたすら繰り返して、全文を一気に暗唱できるようにする。どこか一カ所でも間違えたら、やり直し。 この方法の優れているのは「悔しい」という気持ちが生まれること。「この言葉だったのか!」という悔しい思いが、記憶を刻む。
shinshinohara @ShinShinohara
定期テストの範囲をすべて暗唱できるようになったら、今度は全部暗記して、一文字も間違えずに英文を書けるようにする。まずは、先生の板書を写したノートに和訳があるはず。教科書の英文とその和訳をかわりばんこに5回読む。教科書とノートを閉じる。英文を書いてみる。
shinshinohara @ShinShinohara
暗唱はできているので、スペルは間違ってもおおよそ書くことができる。一通り書いてみたら、教科書と見比べて間違いを探す。スペル間違いが無数に見つかるはず。「あ、この単語、こんなスペルだったのか」という悔しい思いを持ちながら、再度英文と和訳を代わりばんこに読む。また英文を書いてみる。
shinshinohara @ShinShinohara
一文字でも間違っていたら、また英文と和訳を5回読んで、全文書き直し。そうすると、全部の英文を間違いなく書けるようになる。丸暗記の完成。 これができるようになると、勉強のできない子でも文法が理解できるようになる。動詞にエスがつくときとつかない時を、暗記した文章で比較できるからだ。
shinshinohara @ShinShinohara
勉強ができていない子は、まずは英文例を頭にたたき込み、比較できるようにすること。比較できると、三人称単数もパターンがあることに気づける。「主語が一つか一人のとき(itとかheとか)は動詞にエスがつき、主語が複数の場合(theytとか)はエスがつかない、IとYouは例外、と分かる。
shinshinohara @ShinShinohara
英語の苦手な子は、文法を理解しようなんてことは考えず、まずは丸暗記してしまうこと。丸暗記すれば、おのずと文法も何となく分かるようになる。「Heのときは動詞にエスがついていたなあ」文例が頭にあれば、どのときに三人称単数のエスがつくのかも分かるようになる。丸暗記からでよい。
shinshinohara @ShinShinohara
この方法は不器用で効率が悪いが、勉強の苦手な子にとって、もっとも重要な点を改善することができる。「自信がつく」ことだ。勉強に苦手意識を持っている子は、自分の記憶力や理解力に自信をすっかり失っている。この愚直な方法は効率が悪いが、自信を確実に植え付けることができる。
shinshinohara @ShinShinohara
「この方法なら、確実に前の自分より学力がつく」という確信が持てれば、勉強が楽しくなる。自分が成長していく感覚が持てると、学習意欲が格段に増す。自信がない頃は、何をやってもザルに水を入れるような感覚で、何の知識も身に付かない感じがあったから、意欲が湧かなかったのだ。
shinshinohara @ShinShinohara
自信がつくと、記憶力は不思議と増す。1ページの英文を暗唱するのに2時間かかっていたのが、やがて30分くらいで暗唱できるようになり、さらに10分くらいで覚えられるようになる。「自信のなさ」「意欲のなさ」という足かせがなくなると、記憶力は高まるものらしい。
shinshinohara @ShinShinohara
頭に入っている文例が増えることも、記憶力と理解力を高める要因になる。「あ、これは前に覚えた英文に似ているな」というのがあるから、省力で覚えられる。大変効率の悪い勉強法だったのが、どんどん効率的に覚えられるようになる。
shinshinohara @ShinShinohara
私は中学2年を終えるまで、英語のテストはよくて60点程度だったが、丸暗記した3年生の中間テストでは87点を取れた。丸暗記は愚直だが、なかなか有効な方法。暗記してあるから、文法を理解してみようという心理的余裕も生まれ、実際理解できるようになる。勉強が苦手なら、試してみて欲しい。

コメント

karedo @susumu_karedo 2015年4月26日
どれだけの丸暗記量で掴めるのかは聞いてみたい
shinshinohara @ShinShinohara 2015年5月1日
susumu_karedo 公立中学校の英語の教科書は薄いのが3つしかないので、全部暗唱と丸暗記の勉強法でよいと思います。初回、1年生のレッスン1でさえ2時間かかっていたのが、一度3年生まで完了させた後にもう一度1年生のレッスン1をやってみたら、わずか10分程度で間違わずに書けるようになっている自分に驚くことでしょう。3年分の丸暗記法を繰り返せば、文例が頭に入り、文法も理解しやすくなります。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする