編集可能

「手塚治虫が全てを創造した神話」との戦いとは~マット・ソーン氏が語る

マット・ソーン氏については https://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/matt-thorn/ http://www.matt-thorn.com/index-j.html 手塚治虫はその偉大さと、戦後復興期の登場という時代性によって「あの工夫もこの試みもすべて手塚がやった」と思われることもありました(当時の少年にとっては確かにそうだった!) 続きを読む
マンガ 手塚治虫 漫画史 創作論 マット・ソーン メタ
130
レイチェル・ソーン @rachel_thorn_jp

京都精華大学マンガ学部教授。ツイートはあくまで個人的な意見です。悪しからず。#LBGT #少女マンガ #海外マンガ #フェミニズム #トランスジェンダー #差別問題 #格差社会 #手話 #日本手話 #人権

【マット・ソーン氏】
経歴・業績
https://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/matt-thorn/

1965年アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれ。85年、甲南大学留学中に日本のマンガに出会う。88年、イリノイ大学東アジア研究科にて少女マンガを中心に本格的に研究を始め、M.A.(修士号)取得。
(略)
90年より『風の谷ナウシカ』『らんま1/2』『BANANA FISH』等日本マンガの英訳を手がける。
(略)
97年に京都に移住、京都精華大学で非常勤講師として教え始める。98年よりマンガ学科設立準備室、2000年、マンガ学科准教授に就任
(略)
03~05年、手塚治虫文化賞の選考委員を務める。最近の翻訳には萩尾望都『トーマの心臓』『酔夢~萩尾望都短編集』、志村貴子『放浪息子』など。

このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
河童画伯1/12インテ6号館Dね31a、1/19文フリ京都あ-04 @umemen11
@matt_a_thorn 子どものときの手塚治虫がこういうの目にしてた可能性もありますよね(・皿・)なにせ当時で簡易の映写機が自宅にあって、宝塚の舞台に通い詰めてたようなお坊ちゃんな訳で。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
河童画伯1/12インテ6号館Dね31a、1/19文フリ京都あ-04 @umemen11
@matt_a_thorn 今これ読んでるんですけどamazon.co.jp/%E6%B1%9F%E6%8… …結構江戸時代の浮世絵なんかも今あるまんが的遊びてのはやり尽くされてて、しかも流行したきっかけが欧米の版画だったり、それがまた輸出されたり。
このツイートは権利者によって削除されています。
仮丸 @kaaaa_wryyyy
@matt_a_thorn 落第忍者乱太郎にもコマ破り、ワク線ぶち抜き、コマ捲りありますもんね。
このツイートは権利者によって削除されています。
河童画伯1/12インテ6号館Dね31a、1/19文フリ京都あ-04 @umemen11
@matt_a_thorn 枠内でメインの会話とは別にモブがぼそっと突っ込み入れたりしてるまんが的なコメディリリーフの手法もすでに黄表紙とかであるんですよね。(・皿・)
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
仮丸 @kaaaa_wryyyy
@matt_a_thorn やっぱりこう、新しい手法あるよ!!って言っても大概誰かしら先にやってるもんですね
このツイートは権利者によって削除されています。
河童画伯1/12インテ6号館Dね31a、1/19文フリ京都あ-04 @umemen11
@matt_a_thorn 杉浦日向子さんのエッセイとか好きでして(・皿・)…その辺考えると彼女のまんがの作風は実に面白いんですけども。
仮丸 @kaaaa_wryyyy
@matt_a_thorn 技法をどう自分が使いこなすかでオリジナリティってのが出てくるのかなーと思ってます。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
河童画伯1/12インテ6号館Dね31a、1/19文フリ京都あ-04 @umemen11
@matt_a_thorn 浮世絵と言えば歌麿の美人とか、北斎の富嶽百景とかが「王道」で他のもっと雑多な諸々は(春画とかも)あんまり語られない時期が長かったようですしね(・皿・)日本的まんがの源流には色んなモノがあると思うんですが、浮世絵、黄表紙、春画のネタセンスもかなりある。
このツイートは権利者によって削除されています。
残りを読む(18)

コメント

雑兵A @_zhy_a 2015年5月1日
折角の現代的な評論なのに、「前時代の人々」の意味で「団塊の世代」を使ったりすると、そのような不正確な言葉遣いをする人による「先人達の批判」を信用して大丈夫?と不安になっちゃうのが残念…
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2015年5月1日
団塊世代の呉智英さんによる初期の著作にも「手塚治虫が現代漫画のパイオニアとは言い切れない」的な記述があった記憶があるな。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年5月1日
ひとつ失敗、 テヅカイズデッドは現在、新書版が出ていてそちらが一般に入手しやすいです
nekosencho @Neko_Sencho 2015年5月1日
飛行機の元祖がライト兄弟かってのにも似てるね。
Jargon(手洗い・うがい・アルコール消毒励行中) @Freetalkaccount 2015年5月1日
アメコミのような軽妙な構図とコマ使いも、宍戸左行(スピード太郎)で既にあったと大友克洋がよく書いていましたね。
arabiannightbreed @a_nightbreed 2015年5月1日
マスメディアで露出するサブカルチャーってWW2戦後から説き起こされることが多くて、それ以前からの連続性が無視されている
石膏粉末P@BOOTHで通販やってます @sekkou_p 2015年5月1日
校庭で漫画を焚書していた時代があったと聞きます。これは素人考えですが、その動きに対抗していく中で手塚治虫と彼の作品が神格化されていった(神格化によって対抗せざるを得なかった)という可能性は無いでしょうか。
清水代歩 @kaho_biz 2015年5月1日
こういう指摘は私が知る限りでも20年以上前からされてるけどな。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年5月1日
(豆知識)それは1955年の夏で、燃やされたのは石森章太郎がほとんど描いた鉄腕アトムの付録「電光人間の巻」ということになっています 「校庭で漫画を焚書していた時代があったと聞きます」
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年5月1日
手塚治虫以前に小説の神様・志賀直哉がいて、それは彼の小説「小僧の神様」に由来します。
カスガ @kasuga391 2015年5月1日
手塚治虫がどれだけ戦前の日本漫画から影響を受けたかは、『手塚治虫 漫画の奥義』で御本人が熱く語られてますよ。 https://books.google.co.jp/books?id=nSLXAAAAQBAJ&lpg=PA1&hl=ja&pg=PA16
カスガ @kasuga391 2015年5月1日
同書からの引用。「“戦争前jはマンガはなかった”とか、“マンガを見るチャンスがなかったから手塚さん、マンガ家になれたんだ”とかね、あるいは“マンガを勉強しようにもマンガはなかったでしょ”といわれることもあるけれど、それは絶対に誤りですね。」
カスガ @kasuga391 2015年5月1日
(承前)「それは見ようとしなかっただけで、見ようと思えば本当に身のまわりはマンガだらけだったんです。今も若いマンガ家のまわりは本当にマンガだらけの状況です。それこそマンガの洪水なんだけど、みんなそれらを読んだり、影響を受けたりしているのかどうかですね。宝物を見捨てていては損ですね。」
tako @tako6502 2015年5月1日
ディズニーから多大な影響を受けたとか本人もよく言ってたのにねー
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年5月1日
hiroharu_minami 自分も「手塚治虫元祖神話は、事実でないものもある」と知ったのは呉智英「現代マンガの全体像」でした。http://members.jcom.home.ne.jp/matumoto-t/fujiko.html に引用があったので孫引きします。(続く)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年5月1日
『…注目すべきは『スピード太郎』である。アメリカのコミック・ストリップスの影響を受けた絵柄は、日本の従来のマンガの絵柄とちがって、俯瞰などの視角を使い、コマのフレームも長方形以外の変型を多用し、斬新な印象を与えた。現代マンガのコマ割りの多様性の起源を、終戦直後の手塚治虫の『新宝島』に求める説があるが、それより早い『スピード太郎』をその嚆矢とすべきだろう』(呉智英『現代マンガの全体像[増補版]』)
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2015年5月3日
アニメータの給料が低いって話もこの「手塚神話」に入れていいんじゃね?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする