4
ツイートまとめ 今度の講演 2656 pv 24 1 user 1
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
『鉄腕アトム』の何が衝撃的だったかというと、内容ではなく、今でいうキャラクター商品が売れまくったことでもありません。 pic.twitter.com/drjouU4TXB
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
アメリカです。アメリカ輸出に成功したことです。ドルが稼げる!1ドルが360円の時代。そこに一本1万ドルで契約とニュースになった。 pic.twitter.com/IwxrsdI7JM
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
年間50本なら50万ドル、つまり1億8千万円。今の物価換算で20億円というところ。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
東映アニメの長編が、一年かけて作ってアメリカに丸売り5万ドルでした。 pic.twitter.com/2jRRl3bTcw
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
訂正。10万ドルでした。それが同じ一年かけて50万ドル、今でいう20億円を稼げる。これはすごいニュースでした。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
それで東映は、子会社・東映動画(今の東映アニメ)を増資した。会社の規模をまず四倍にした。資本金を増やしたわけです。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
わずか一か月後に再度四倍に。つまり一か月で16倍に増資した。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
手塚の元アシスタントで、『西遊記』のとき東映アニメに移籍した天才アニメーター・月岡貞夫を抜擢してテレビアニメを作らせた。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
『狼少年ケン』。東映はどうしても少年時代劇のセンスが抜けない。アフリカが舞台とはいうものの実態は山川惣治の絵物語のノリ。 pic.twitter.com/9LV6NwbsOA
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
案の定アメリカには売れませんでした。一応売れたんですが、ご祝儀に買ってくれたにすぎなかった。当時の日本はアメリカ製テレビドラマの一大ごひいき先だったので、たまには日本からも買ってあげようと気を使ってくれたのです。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
放映はされませんでした。当時は宇宙開発ブーム。そこにアフリカニンジャ少年の話ではうけない。 pic.twitter.com/iLJfQGTg7a
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
『鉄人28号』は売れた。宇宙ブームになじんだ。ちなみに制作は東映アニメではなく、CM制作会社のアニメ部が大急ぎでひとを増やして作った。電通の企画。 pic.twitter.com/9VQk7DjGNc
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
『アトム』と同じ年に追従番組が三つ現れた。その三つ目はこれ。『エイトマン』。やはりSFもの。原作まんががそもそもテレビの『アトム』人気に目をつけて講談社内で企画されたものだった。 pic.twitter.com/3Oiy3ldggY
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
フジが『アトム』で高視聴率なのを強く意識してTBSがこのまんがに目を付け、嫌がる「週刊少年マガジン」側を説得し、先ほど述べたCM制作会社のアニメ部に無理やり作らせた。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
宇宙ブームをうけて近未来ものがアメリカに売れると計算したのです。事実売れました。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
日本のテレビアニメが次々とアメリカの放送局に買われたのは、何も日本製のできがよかったからではありません。むしろ粗悪品と思われた。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
60年代に入って、子どもは子どもの視聴時間を設け、おとな向け番組は見せないようにすべきだとPTA等から圧力がかかって、それでアニメ番組は土曜朝の枠に押しこまれた。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
おもちゃやお菓子メーカーがスポンサーになった。子どもが見る時間帯だからCM効果は大きい。それで土曜朝の子ども番組枠はゴールデンアワーとなった。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
子どもにうける番組がもっと欲しい。それで日本製テレビアニメに目をつけた。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
詳しくは拙訳『アニメが「ANIME」になるまで 『鉄腕アトム』、アメリカを行く』をどうぞ。nttpub.co.jp/search/books/d… pic.twitter.com/Lpd7lxz9wV
 拡大
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
『エイトマン』を買ったのは、アメリカ三大放映網のひとつABC。今はディズニー傘下ですね。日本のTBSが、輸出業者のKフジタを介して売りこんだ。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
TBS重役がフジタ氏(日系人ではなく日本国籍。占領軍の学生通訳出身)につれられて渡米し、契約書をよく読まないでサインし帰国。
残りを読む(24)

コメント

くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2015年5月1日
まとめるのはいいですけど、ひとことあいさつぐらいは頂戴。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2015年5月1日
yasu43851374 濱野はバカだからアサッテなことしか書いていない。忘れましょう。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2015年5月1日
ちなみにアトムがアメリカに売れたのは、交渉者が超優秀だったからです。藤田潔でもKフジタでもなく、別の方です。手塚は何もしていない。NBCの重役と握手している例の写真は、仮契約ができた「後」にアリバイ証明用に渡米して撮らせた代物です。
雨男 @ameot0k0 2015年5月1日
@kumi_kaoru 申し訳ありませんでした。興味深かったのでツイートまとめさせていただきました。ご挨拶せずにすみませんでした。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする