10周年のSPコンテンツ!
24
白色∞ @whiteeighter
①「きみく、ん…っ」 『ん?』 「お願いっ…も…ぅ」 さっきからずっと同じところを攻められてる… 胸の先、そこだけを指でつついたり、摘まんだり… 『ここ、気持ちええやろ…?』 いつもなら、もう片方の手が下に伸びてきたりするのに。 今日はどうして…? #エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
②『腰、揺れてんで?欲しくなったん…?』 きゅっと爪がささる、その衝撃で声が抑えられない。 「ぅん…もう、我慢できなぃ…」 『ええけど、今日はここだけで、な』 「え…?」 彼の綺麗な指が右を摘まんで、左側には唇が… 『ここだけでイケるように躾たるわ…』 #エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
③舌で転がされた後、カリっと歯が食い込んだ… 「…っゃ、ふ…ぅ…んあぁっ」 ビクビクと身体が痙攣して、きみくんの宣言通り胸の先だけで気持ち良くなってしまった。。 『ほんまにイったん…淫乱やなぁ。次はどこでイきたい…?』 #エイトで妄想 pic.twitter.com/hbQxB87P33
拡大
白色∞ @whiteeighter
①『ここ、ほんまに弱いなぁ?』 最近度が過ぎてる気がする…この前は胸の…先だけでイかされて。 今日は… 「ひぁっ…や、ぁん」 『ナカからめっちゃ溢れてきてるな』 「や、だ…きみくんっ、そこばっかり…」 『気持ち良さそうな顔して…何が嫌やねん』 今日躾られるのは…#エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
②下の、芽…私が一番感じちゃうところ… 『腰ガクガクしてんで笑 俺の指、好きやもんな…?』 そう言ってキュっと摘ままれた。 「や…ぁ、ぁんっ」 もう限界、つぎ、されたらもう… 『は、なんやその眼……ゆうてみぃや』 「も…っ、きみくんの、欲し…///」 #エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
③『笑 かわええこと言えるようなったな… けど、今日はまだ…あかんで』 「?!!」 ぴちゃ… 『こーこ。このとんがってるとこ苛めたるからな』 きみくんの舌が震えるアソコに触れた。。 ちゅ…っ くちゅ… 「やぁぁああ!……っん、ぁ…」 『ええ子や…』 #エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
④『ちゃんと、こっちだけでイけたやん』 腰の震えが止まらない。 はやく…ナカ触って… きみくんので、いっぱいにして… 『この前躾けた気持ちええとこ、お前覚えてるか確認しよか…?』 濡れた手が両方の胸の先端を触り始めた。 まだ、挿れてもらえないの…?! #エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
⑤と思ったら「ひあっ!?やぁあっ…!」 一気にきみくんのモノを挿れられた。 そのまま最奥まで当たって、感じすぎて彼にしがみつく。 『は…っお前の乱れた、とこ、見てたら…俺もっ限界…』 「ふ…はぁんっ、き…み…くっ きもちぃ、よぉ…っ」 『ナカ、とろっとろ笑』 #エイトで妄想
白色∞ @whiteeighter
⑥そのまま2人で…身体も、愛液も重なって。 _____ 俺の指だけに感じて 俺の舌にだけ反応して …全部俺だけしかあかんようにしたる #エイトで妄想 pic.twitter.com/wz99jsAroe
拡大
白色∞ @whiteeighter
『…なに?』 「ん…もぉ…欲し…っ」 『ふ、おねだり覚えたんや』 「んぁ…あっ」 『中…すごいで、トロットロ…』 「やぁ、あんっ…」 『は…っ、お前ん中…ほんまやばい』 「あぁ…っ、ぁああッ」 『く…ッあかんっ!』 #エイトで妄想 pic.twitter.com/YSaPNZn4aI
拡大
白色∞ @whiteeighter
『もう分かったって!』 「わかったって…何が…」 口喧嘩になり半泣きの私と、イライラし出したきみくん。新年早々こんなはずじゃ… ぐいっと腕を掴まれ、壁に押さえつけられる。 「っん…ぅ…ん…ッ」 『っ…、知らんやろ…?』 伸びた前髪から覗く瞳 『俺が…お前のこと、どんだけ好きか。』
白色∞ @whiteeighter
続編 「きみくん…っ?」 壁に押し当てられたままキスを繰り返される 『お前よう分かってへんみたいやから、身体に分からせたるわ…』 耳を甘噛みされながら胸に手が伸びる。 「ん…っ//やぁ…」 『ほんまに嫌かどうかはこっち触ったらバレんねんで…?』 スカートの中に手が入ってきた…
白色∞ @whiteeighter
1『…なに?ジロジロ見て笑』 「相変わらず綺麗な手だなーって思って」 『ふは、なんやそれ』 「でもきみくんも自分で自覚してるでしょ?! あの関ジャニズムのポスターとかさ」 『はっ?ちゃうわ// ポーズはカメラマンさんに言われんのっ!』 pic.twitter.com/mWFmmj36AL
拡大
白色∞ @whiteeighter
2「ふぅーん」 『まぁよう褒めてもらうけどな、色白なんと手は。』 「んー、なんか長くて細くてでも男の人の手で…色気が…」 『あぁ、なんやお前…発情してんの?笑』 「…へっ?!」 『俺の指でやらしいことされてんの想像してんやろ?』 「ち、違うもん//」 『違うかどうか、確かめたる』
白色∞ @whiteeighter
3 「えぇ、ちょ…っ//」 『…ほら、いつもみたいに脚広げてみ?』 「こんな、いきなり…や…っ」 『嫌かどうかは俺が確かめたるって(笑 もぉ黙って、な…?』 深いキスで唇を塞がれて。 私の身体が、本当は彼の指を…彼の全てを欲しがっていたことが暴かれるまでもうすぐ。。
白色∞ @whiteeighter
4 『…ふ、嘘つきやなー』 私の脚を強引に広げて、下着の上からなぞられる。 「んん…っ」 『もうシミできてる(笑) やっぱりやらしーこと考えてたんやろ?』 「ちがう…ってば…//」 『パンツの上からでも分かんで。 ここ…膨らんできてる』 つん、と敏感なそこを突かれる。
白色∞ @whiteeighter
5 「ふぁッ…」 『ほら、白状してみ? ちゃんと言えたらご褒美やるから…』 「っ、やぁー//」 『へぇー?直接、触って欲しくないん?』 ずっと下着の上から、人差し指が割れ目の部分を行き来する。 時々キュッて突起を摘ままれると、もう… 『…このままずっとこうしとこか?』
白色∞ @whiteeighter
6 「……っ// や、だ…」 本音が出た私を意地悪な目で見つめてから 『ヤダだけじゃ分からへん。』 耳元で息を吹きかけながら、囁かれる。 耳が弱いのも、もちろんバレてて… 「も…ぉ…ここ、っ直接…触って…?//」 彼の手を下着の中に導いておねだりする。
白色∞ @whiteeighter
その先は① 寝室のベッドにひとりきり。 彼はリビングでお酒を飲みながら、テレビを見てるみたい。 寝室のドアを開けて “早くこっちに来て欲しいな…” って目で見つめてみる。 あ、気づいた! 『ん?どうしたん?』 ほろ酔いな彼、まだ飲み足りなさそう…
白色∞ @whiteeighter
その先は② 彼が立ってこっちに来たかと思えば、 キッチンに行って空いたグラスにお酒を注いで… それだけ。 『…まだ寝ーへんの?』 こっちに来てもらうのを諦めて、キッチンに向かう。 えいっ そこに立つ彼に抱きついてみた。 『なん…どした(笑)』 ぎゅうぅ…
白色∞ @whiteeighter
その先は③ グラスを置いて、くるっと振り向いたと思ったら、逆に抱き締められた。 「…っなに?」 『何て、お前からしてきたんやん(笑)』 「むー…」 『構って欲しいん?』 髪をすくって耳元で囁かれた。 確信犯だ// そのまま耳に何度も何度もキスをされる。
白色∞ @whiteeighter
その先は④ 「んっ…くすぐったぃ、よ…」 『なんかエエにおい。シャンプー変えた?』 クンクンと犬みたいに髪の香りを嗅ぐ。 「トリートメント、新しくしたの」 今度はペロペロと耳朶を舐められ、舌先で集中的に攻められる。 「ひぁ、…ちょ…っ」 『何逃げよーとしてんの』
白色∞ @whiteeighter
その先は⑤ 後頭部を掴まれて、片方の手で腰を引き寄せられ身動き出来なくなる。 「んはぁ…っ…あ…//」 右耳だけをずっと苛められて、どんどん感じて立っていられなくなる… かぷり 「っやあ…んっ!」 甘噛みをされて一気に快感が押し寄せる。 耳全体を口に含まれて…
白色∞ @whiteeighter
その先は⑥ 彼の唇、舌、歯、息遣い全てに翻弄される。 「…ぁ、んッ、やぁぁ…っ!!」 耳だけで果ててしまった 『…はぁ、美味かった♡』 「痛かったもん」 涙目で睨む 『ふ…痛いだけ?』 !!! 『ちゃうやろ…?』 …ここから先はご想像にお任せしますEND
白色∞ @whiteeighter
『聞こえてんで? 俺に飼われたいんや? …躾たるからこっちこいや』 pic.twitter.com/Uuj1a9L9kP
拡大
残りを読む(16)

コメント

白色∞ @whiteeighter 2015年5月12日
まとめを更新しました。