10周年のSPコンテンツ!
34
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 ちょっとブログで田河水泡と「のらくろ」を紹介した縁で、手元に田河水泡漫画の画像が溜まったので、突発的に紹介したい。今でもイラスト・キャラクターとしてじゅうぶんかわいいと評価できる絵柄! pic.twitter.com/vCSL0zTAqP
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 今でもイラスト・キャラクターとしてじゅうぶんかわいいと評価できる絵柄! pic.twitter.com/ekoT3GDRG0
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 「素晴らしい美味いもの」「一番上等の天下一品の料理」 とかの台詞は、いまでもつい口をついて出てくる(笑) pic.twitter.com/yEHfiTR5ZK
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 この「鶏の煮付け」はとてもおいしさう。歌は「戦友」のパロ。 pic.twitter.com/3gQCFSjsc5
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 ブル連隊長はラオウのように、本人が一番つよい!! pic.twitter.com/dv3wNwPx0u
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 おまけとして収録された四十八手。けっこう動きもかける。あと背景の工夫がアート。 pic.twitter.com/qUwrRqZn8G
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 当時の最新鋭テクノロジーであり、「呪われた夢」であった飛行機。 風立ちぬ。 pic.twitter.com/mOrAdebv9D
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 世界観をぶち壊しかねない「犬による象狩り」。だが、象がテントを襲撃するときの台詞がこの「三角が怖けりゃあくず餅は食えない」。 pic.twitter.com/tPbwwPK5Si
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 もはや世界観がどうこうというレベルではないが、狩られる象が、命の大切さを犬に説いて象狩りをやめさせるという。でもけっこう、読んでるとうっかり感動的(笑)。 そしてブル連隊長は撤兵する… pic.twitter.com/ccOuhAf1qJ
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 このへんになると、政治的な正しさの問題で批判されることもあるだろう、敵役のぶただが、実は絵としての可愛らしさはある意味主人公の犬以上。完成度が極めて高い。Tシャツがほしいレベルです。 pic.twitter.com/GTcfjrBiFQ
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 ぶた、かわいくね? このひとが高名な豚勝将軍。 pic.twitter.com/wVxgNbzuM3
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 せめるぶた。 pic.twitter.com/uThwBVzTQs
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 にげるぶた。 pic.twitter.com/MV1anZbNvR
拡大
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
ぶた画像 おまけ追加 (田河水泡「のらくろ」より) pic.twitter.com/e7sMyQ26FQ
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。 戦場でもたべます。なぞの食料「乾麺ぼう」。固いそうです。 pic.twitter.com/DLxn4J1cJm
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「のらくろ」より。出征に際して他作品のキャラクターが集まった「田河水泡アベンジャーズ」。 pic.twitter.com/XAUYMzo2zF
拡大
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「蛸の八ちゃん」より。 この作品に関しては、あとでブログで詳しく描ければとおもっております。 pic.twitter.com/K0xWUJ8z3E
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「蛸の八ちゃん」より。この作品に関しては、あとでブログで詳しく描ければとおもっております。 実は八ちゃんは、国民に衣食住と文明生活を保障する理想郷を目指した国造りのリーダーだった。「まおゆう」みたいなもん。 pic.twitter.com/UyxfnRBV9p
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【田河水泡・愉快画像集】 「蛸の八ちゃん」より。 この作品に関しては、あとでブログで詳しく描ければとおもっております。 八ちゃんのこのせりふに関しては 「ぼくもです」 とこたえておく(笑) pic.twitter.com/3gmXaEl4zU
拡大
蛸の八ちゃんについてはこちら

https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/20180609/p2

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
田河水泡「蛸の八ちゃん」を紹介する文章はネットにも極く少なく、自分の使命だと思ってきた。ぜひ閲覧とはてブを/実は「近代化革命」を描く「異世界内政チート」ものだと知ってましたか? / “評伝「蛸の八ちゃん」―ある近代革命家の肖像※…” htn.to/7oKy3A
リンク INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE- 4 users 評伝「蛸の八ちゃん」―ある近代革命家の肖像(田河水泡「蛸の八ちゃん」より) - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE- 「たこの八ちゃん」という言い方、かすかに耳にしたことがあるというかたは多いかもしれない。 あしが八本なので、八ちゃん。わかるようでいて、よくわからない名前の付け方だ。 「よっちゃん」という名前は犬や猫といった、脚が四本の動物につけられることもなく、むしろ足が10本のイカの名前として人口に膾炙していることを考えれば、ますます珍妙だ。しかし、実は蛸の八ちゃんとは、..
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
突発的に行った「「田河水泡愉快画像集」、材料はまだあるんですが、ひとまず終わり。 これは、こういうブログ記事を書いたことが発端。「氷菓」が絡む必然性は特にない(笑)  ↓ のらくろ漫画から怪獣の歴史を「氷菓」の古典部メンバーが考える d.hatena.ne.jp/gryphon/201505…

今回、田河水泡の資料を調べたきっかけは
『「怪獣」っていつごろ生まれた概念、用語だろうか?』
という、このtogetterでの議論でした。

ツイートまとめ “怪獣”の初出をたどったら春秋戦国時代までタイムスリップしてしまった 怪獣のルーツをたどる旅 40213 pv 577 109 users 55
残りを読む(50)

コメント

Masanobu Hirano @mahiran 2015年5月9日
乾麺麭というのは乾パンのことです。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年5月9日
mahiran だそうですね。なぜ「麺」なのだらう?まあ、麦の粉を練って食べるのだから、「麺」から敷衍したほうが分かりやすいのか。いや、わざと「パン」を言い換えたのかな?
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年5月9日
追記 ツイートでは1冊だけの紹介ですが http://kindai.ndl.go.jp/search/searchResult?searchWord=%E7%94%B0%E6%B2%B3%E6%B0%B4%E6%B3%A1 近代デジタルライブラリーでは計3冊、田河水泡氏の作品が収録されていました。
Masanobu Hirano @mahiran 2015年5月9日
ところで怪獣退治の話ですが、手元の「のらくろ漫画全集(少年倶楽部の連載をまとめた本)」によると、連載時は昭和11年新年号の付録(のらくろ士官学校の巻)として掲載されたものだったそうです。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年5月9日
mahiran ああ、ありがたい。手元の復刻本は初出の資料がほとんど記載されず、雑誌と単行本の関係も曖昧でした。田河氏の本は単行本の時に書き直しがすごくある…というか、パターンが何作もあるみたいで、蛸の八ちゃんも手元の本(昭和50年代?に復刊された講談社漫画文庫版)とは違う。実際に怪獣退治でも、お馴染みの部下たるデカやモール中隊長は登場せず、士官学校の仲間とともに戦っていました。
Masanobu Hirano @mahiran 2015年5月9日
単行本では士官学校時代の話だけで1冊になっていましたが、上記の付録は30ページほどでした。また、怪獣を退治したことを評価されて少尉に昇進したのはのらくろとハンブルの2名のみです。爆弾や鉢巻といった他の士官候補生達のキャラクター付けは単行本で成されたようですね。
y_mat2009@Censored @y_mat2009 2015年5月9日
今、まとめて読もうとすると、どこを探せば良いんだろう?amazonのマーケットで復刻版の中古探すしかないよなあ
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年5月9日
実家に電話帳みたいな分厚い「のらくろ漫画全集」残ってるわ。子供の頃、隣のおじさんにもらったやつが。
はいん・まいやー @reisacker 2015年5月9日
のらくろは、戦後も「丸」で正当な続編が発表され、召集され中隊長になった後、猛犬連隊は解散。紆余曲折の末、探偵となって、最後は喫茶店を開いて余生をすごす(結婚もしている)。 また、同じく「丸」にて、絵物語として戦前版のストーリーを再構成・リメイクした「のらくろ自叙伝」というのも存在します。 意外に知られてないよねw
ıɥsoʎıɾnℲɐɹıʞ∀ @DukeSillywalker 2015年5月9日
子どもの頃街の図書館でのらくろばっかり借りて読みふけってたのを思い出しました(´ω`)
孤高の山猫藤木中務大輔凪沙 @NaGiSa_FJ 2015年5月10日
ウチの街の図書館にも復刻版ののらくろありました。装丁がカワイイ+巻末の広告も再現
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018年6月10日
「蛸の八ちゃん」関連ツイートを追加収録しました
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする