Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2015年5月11日

サブアト(5/11)

このまとめは #subatomic_TL #chiva英単語帳 の提供でお送りします
1
PCR検査されたひと @mr_japanglish

今週も105分間TL荒らしご辛抱願います

2015-05-11 12:58:14

レポート 27日まで。

PCR検査されたひと @mr_japanglish

今回っているプリントは宿題です。もらえなかった方は授業後に私に文句を言ってください。HPにもアップされています。 締め切りは27日、水曜日です。 大体1週間あたり2問です。

2015-05-11 13:00:06
PCR検査されたひと @mr_japanglish

最後の2問は散乱の話なので今週の話です。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:00:30
PCR検査されたひと @mr_japanglish

今週の授業は散乱問題を扱うので今までと変わって式が多めになります。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:01:14
PCR検査されたひと @mr_japanglish

二体散乱を中心力ポテンシャル(分子の配向に依存しないもの)で扱いました。これは重心系と換算質量を用いれば、球対称ポテンシャルの問題に還元できます。現実問題としても大体の場合は球対称だと考えて差し支えありません。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:03:30
ピッカマンV @PikkamanV

1週の内容につき2問もレポート問題を出してくれるとはなんて良心的な教員なんだ(棒)

2015-05-11 13:03:48
PCR検査されたひと @mr_japanglish

さて、有限レンジの問題を扱いましょう。クーロンポテンシャルは無限レンジなので近似にしかなりませんが、核ポテンシャルはこれで計算が上手くいきます。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:04:51
PCR検査されたひと @mr_japanglish

(書き忘れてましたがレポートは日本語可です) #subatomic_TL

2015-05-11 13:05:32
すみたつ @Sumitacchan

生き方―人間として一番大切なこと 稲盛 和夫#アマゾンポチ と入れて@返信でカートに追加・後で買う amazon.co.jp/dp/4763195433/… @amazonJPさんから

2015-05-11 13:13:37
PCR検査されたひと @mr_japanglish

平面波がポテンシャル内に入射しθに散乱される状況を考えます。無限遠で散乱後の波動関数は球形波になると考えられます。そこでこのように近似式が書けますが、f(θ,φ)は散乱振幅です。Aには依存しません。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:16:02
PCR検査されたひと @mr_japanglish

弾性衝突ではエネルギー損失が起こらないため、入射粒子の速さは保たれます。よって微分断面積は散乱振幅の絶対値の二乗で与えられます。 しかし、中心力ポテンシャルは角度依存性を一切持たず、円筒対称性はφに依存しないはずです。fとVはどう関連しているのか? #subatomic_TL

2015-05-11 13:25:27
ピッカマンV @PikkamanV

TOEFLに比べればWimmerさんの英語のなんと聞き取りやすいことか

2015-05-11 13:32:53
楽して生きたい!!! @esteem_RA

I can't kikitoru wimmer's english, iwanya Toefl's english.

2015-05-11 13:34:08
PCR検査されたひと @mr_japanglish

高エネルギーでは1次のボルン近似(平面波)を使っても問題ありません。(すんませんその前聞いてませんでした) #subatomic_TL

2015-05-11 13:34:06
PCR検査されたひと @mr_japanglish

近似としては ・反跳が無い ・光速の電子 ・ボルン近似(1次)

2015-05-11 13:36:18
PCR検査されたひと @mr_japanglish

ここまでが一般論です。ここから相互作用ハミルトニアンの具体的な形を考えていき、(その中にポテンシャルが入ってるため)fとVの関係がわかってきます。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:38:46
CHIVA @chivalria

いまさらだけど「1週あたり2問」って今日から提出日までのペース配分のことじゃなくて、今までの授業内容全部から2問ずつ出るってことか(白目)

2015-05-11 13:44:55
PCR検査されたひと @mr_japanglish

この電荷分布のフーリエ変換を形状因子と呼びます。なぜなら微分断面積を計算するとこのように露わに出てくるからです。また、宿題問題になっていますが非相対論的にはこのような式になります。 #subatomic_TL

2015-05-11 13:55:31
残りを読む(38)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?