漫画「ハックス」の口語表現のリアルさについて

『人間の鳴き声としての言葉』というワードに惹かれました
役割語
Chamaeleon_air 54494view 24コメント
139
ログインして広告を非表示にする
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:06:11
    ところでもうみんな寝てると思うので、今日Kindleで買って読んだ今井哲也「ハックス!」っていう漫画の会話文が超絶リアルで素晴らしいという話をするよ。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:11:20
    もう結論言っちゃったし他にいうことないな。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:11:34
    とにかく「フィクションに出てくるリアルな口語萌え」の同志諸君のために「ハックス!」をひとことで紹介するなら、 そういうの全然なんにも知らないんですよ 思ったら」 (2:86) あたりのセリフでもうピンと来る人にはピンとくるんじゃないかしら。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:13:25
    「エレベーターですごい買ったCDとか超見てる人いて」 (1:189) 「こっち 紙 折る分ぜんぶ終わりました」 (3: 122) あたりのセリフも最高ですよね「ハックス!」。作者さんいったいどういう言語観察眼してるんだろう、脳内に高校生数人飼ってるんじゃないだろうか
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:17:00
    よく「フィクションでリアルな会話文なんて書いたら読むに堪えない」っていう話は聞くし、実際そうなんだろうけど、この「ハックス!」がすごいのは全編この調子なのである。画像載せるけど批評のための引用ということで勘弁してね。 pic.twitter.com/tuUDmQExIc
     拡大
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:22:11
    「ハックス!」、1巻1ページから「これ何かのやつ?」という超絶写実セリフで殴ってきます。新入生のオリエンで自主制作フィルムが流れて、漏れる声が「これ何かのやつ?」ですよ!最高!何も言ったことになってないけど、言う、言うよ高校生なら! pic.twitter.com/yeSqlP0yCU
     拡大
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:27:53
    「それでいっこ不思議なんですけど」 (2:81) あたりもスーパーリアルで最高ですよね。この作者さん本当に高校生の会話をテープ起こしでもしたんじゃないだろうか。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:31:20
    読みます。というか作者買いしちゃいそうだ。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:37:25
    「ハックス!」、登場人物はいかにも漫画的紋切り型だけど、会話文と、それから暗幕と段ボールと埃にまみれた文系部室の青春の香りの再現度は本当にやばい。演劇部の撤収シーンで部室の鍵を投げ渡すとかさ、あるよね。あるよ。上履き越しに床の剥がれかけのバミリの感触まで伝わってきそうだ。
  • Charlotte Elizabeth @kozawa 2015-05-14 01:39:24
    >今井『ハックス!』は話し言葉をなるべくそのまま文字に起こすというのと、カットを長回ししているっぽいシーンを作りたいというのが僕の中でブームだったんです。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:45:45
    やっぱり作者さんそこ目指してたのか―。あの超名ゼリフ「これ何かのやつ?」はもう、語用論やってる人ならご飯3杯いけるセリフじゃなかろうか。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:47:01
    ナチュラルな会話で思い出したけど、まどかマギカのさやかちゃん編で出てくるデートDV男の会話もいいよね…
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:48:01
    ちなみにどこで「ハックス!」を知ったかというと、この漫画家さんが「カルト」を絶賛してたのです
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:49:29
    まどかマギカ、基本的にキャラは全員役割語でしゃべるのに、あのデートDV男二人組だけナチュラルな会話してるの面白すぎるよね
  • トキノ @arawish 2015-05-14 01:55:39
    「フィクションでリアルな会話文なんて書いたら読むに堪えない」で思い浮かべるのは矢部嵩。会話文含めあの文章はすごい。リアルというにはちと違うかもしれないけれど。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 01:55:53
    まあリアルな会話萌え同志諸君は「ハックス!」読もうよね。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 02:02:31
    村上龍もなんか、「ある種の」会話文の再現度はすごいよね。多和田葉子も生々しさという点ではリアル…かな…?
  • 照り焼きちきん @teriyakidori 2015-05-14 02:08:15
    ふきだしに対しての文字の量(余白の量)、改行のしかたをとっても素晴らしいです。ハックスの頃から背景も多分一切定規を使っていなくて、だからこそこう、独特の高校生感!というか読んでるこっちにまでそのまま興奮が伝わってくる気がします。
  • 照り焼きちきん @teriyakidori 2015-05-14 02:13:10
    今あらためてセリフに注目して読みなおしてましたが、「なんか」が最高ですねコレ
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 02:17:25
    言葉で表現するんじゃなくて言葉を表現する感じというか、伝達はしないけど表現はする、人間の鳴き声としての言葉というか。
  • Sasaki Mitsuya @Mitchara 2015-05-14 02:51:31
    言い忘れたけど「ハックス!」、1年生は学生服がだぼだぼでスカート長くて、3年生になると着こなしが小慣れてくるあたりもああ高校だなって感じですね。あと制服のデザインが男女共に私の出身高校そっくりで、ペディ子さんによると作者さんの出身地も…いや、まさかね…
  • zeeksphere @zeeksphere 2015-05-14 07:39:25
    惜しいのはさあ 俺なんせあの 高校行ってなくって……ないのね ないから ない以上にそもそも喋んないわけで 人と喋るどころか人といるだけで結構ストレスなんですよ 実際かなり そうなんです で だからー 高校生の まあ 高校生に限らないか まあそういう 人とね どう喋るかは ちょっと

コメント

  • ふぁむ㌠ @phantom0730 2015-05-14 19:52:16
    キャラクターの台詞が口語的な漫画と言えば「神戸在中」。方言やハシラ書き等も含め非常に特徴的ですね。
  • スー @54gaitai 2015-05-14 22:14:28
    雁須磨子の作品も口語がすごいです。女性のかしましい感じがよく出てます。
  • あまの めぐみ @meguamano 2015-05-15 10:57:17
    まどかのDV男の会話は虚淵氏が電車内で聞いた会話をそのまま使ってるからリアルなのは当然なのだけれど。 というか、ここまで持ち上げるような言語感覚なのかな。普通に感じるのだけれど。
  • はるを待ちかねたでなし @hallow_haruwo 2015-05-15 11:18:22
    指示語が多いってーと妙齢のご婦人方の会話も。 おっちゃんがおばちゃんに「あれとかそれじゃ分からんヽ(`Д´)ノ」とかって怒ってるとこまま見るけど、あれは結論しか聞く気ないおっちゃんはおばちゃんの話の大体を聞き流してたのに、文脈依存の表現である指示語を結論部で使われて、分かんねーってなってる感じなのかな。 文脈関係なし完全推測不能の部分で歳のせいか単語が出てこなくて指示語になってることも多いだろうけどね!
  • あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today 2015-05-15 12:17:57
    「あるある」な口語表現とはまた別だけど、安彦良和の漫画も吹き出しの配置や形状、改行や余白の取り方でもって「台詞の音声」の表現が凄いんだよね。脳内で声優が喋る喋る。
  • ヘボイ山明神 @heboya 2015-05-15 13:39:16
    「何が凄いか分からない」人向けに説明すると、フィクション、特に漫画のセリフって、本来的な役割が「状況説明」のためにあるから、会話の中でコンパクトに状況を説明しなきゃなんない。それが下手な漫画は「説明しすぎで不自然」になる。かと言って説明なしの会話を入れると話の進行が遅くなる。なのでこーゆー「普通のセリフ」って、まず入れ込めないのですよな。
  • ヘボイ山明神 @heboya 2015-05-15 13:44:04
    で、要所的に「無意味な会話」を入れ込むことで、物語世界の日常性を演出する、というのはあって、例示されているまどマギの件もおそらくそう。漫画家だと他に、新井英樹とかがよくやる。けど、物語の進行そのものを担うべき会話を、ここまで日常的なモノにするというのは、まあ、滅多にない。と、思う。そのあたりは、物語そのものの構造にも依る、というのもあるけど。
  • 加藤ぶー @hakumei 2015-05-15 20:20:31
    「ハックス!」は部活の先輩の描き方もいいんだよなぁ。じみーに、ほんとにじみーにイヤな感じがにじみ出てて。不快な人物に読者がちゃんと生理的な不快感を感じるのですよ。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015-05-15 21:34:29
    (無駄な豆知識)映画でオーバーラッピング・ダイアローグ(みんなで一度にあれこれしゃべる奴)を意図的にやったのはアルトマン『カリフォルニア・スピリット』(1974年)が最初とされています。
  • oota @oota_kun 2015-05-16 01:22:38
    このくらいならそんなに飛び抜けてるとは思わない。 作家性の強い人なら割とやってるレベル。
  • junq @jannqu 2015-05-16 19:51:12
    全編この調子なの……? マジで? 買おうかな。
  • rlldi/sezu @rlldi 2015-05-16 23:37:49
    phantom0730 (本題からはズレますが)「神戸在住」ですね。作中で「キャラのしゃべり方の違いから、兵庫県内のさらに細かい地域ごとの方言バリエーションを調べる」回があったりして、どんだけ自覚的に喋りを制御してるんだって戦慄した漫画でした。
  • ライチ @rairai_raikyan 2015-05-17 02:30:08
    何これ面白そう てか一緒に纏められてる口語風ツイートもツボ
  • meeakat @meeakat 2015-05-17 15:46:47
    たぶん自分もナマ台詞萌えのケがあんだけど、最近読んだ中では石川博品の小説が時々すっごいナマっぽい台詞ぶっこんで来ておおってなることある
  • Bauer @WorldLeaf 2015-05-17 17:23:35
    ある意味これの逆が渡る世間は鬼ばかりってコトなのかも、あれはあれで徹底していて凄いと思う
  • smw @Shi_MeiWo 2015-05-18 11:34:50
    桂正和の読みきり「夏にすずみ!」もこれを意識してたな。「あたし成績いいから」「ジョーダン」のやり取りはマンガ文法から外れすぎてて当時まごついた。
  • taka @Vietnum 2015-05-18 12:01:24
    本来、「小説内の会話は日常会話とは異なるものだ」という作家も多いし、マンガでもそのために苦労して会話を考え、無駄を削り、上手く状況説明をするからこそプロ作家だと思う。フィクションの中でのリアリティとは、ただ日常をサルマネすることとは違うんじゃないの? こういうマンガをあえて読みたいと思う人は ただ「女性高生」という付加価値があるからとしか思えない。たぶんオッサンリーマンのリアリティ溢れる疲れた日常マンガじゃ見向きもされないはず。
  • アトミック西門 @AtomicNishikado 2015-05-18 13:47:00
    三山先輩がやらかした件に関して、大人的な対応や処置があったわけでもなく、ドラマ的な改心劇があったわけでもなく、うやむやになったまま終わってそのまま縁切れするっていう展開がリアルな学生活動らしさ全開で良かったですねえ。ああ、こんな奴おるわーって
  • Charlotte Elizabeth @kozawa 2015-05-18 14:04:08
    多分、私の2015-05-14 01:39:24のツイートの前に、https://twitter.com/kozawa/status/598526832669888512 かそこで紹介したリンクが入ってる方がまとめの読み手に親切だと思います。 ※それ以外の私の関連ツイートが入らなかったのは悲しいがまとめ人のキュレーションではじかれたという現実を潔く認めよう
  • 高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2015-05-18 15:42:53
    昔の学研歴史漫画「聖武天皇」(ムロタニツネ象作)の群集のせりふ(うろ覚え)「このたびの天然痘で 朝廷で権勢を振るった藤原四兄弟は,全員死んだとよ!」(←説明的過ぎる
  • フルメタル腐ってもエビル @kusattemoevill 2015-05-18 23:10:14
    Vietnum シンプルにこういう漫画もまたよし、でいいのでは。会話は現実の猿真似といってもストーリーは創作ですし、演出として成立しているなら、それは意味がある行為だと思います。ナマっぽい空気の情勢は存外受け手にもズシッとくるものですよ
  • フルメタル腐ってもエビル @kusattemoevill 2015-05-18 23:15:21
    ナマっぽい空気の情勢、臨場感の演出は漫画だけに限らず映画でも重視される部分。たとえばまとめ内で触れられていたカメラの長回し演出も、口語の追求と同じく作品のリアリティを高める技法で、映画ではよく見られる演出。例えば『ゼログラビティ』で有名なキュアロン監督は『トゥモローワールド』で長回しを多用し、移ろいゆく展開をワンカット内に収めることで、非現実を現実に近づけている
  • Tim @tim_shyakkien_n 2015-05-19 01:55:16
    三上小又先生の「ゆゆ式」は、口語表現を強く意識した漫画ゆえに、あの独特の台詞回しが生まれているのだと思います。
  • 言葉使い @tennteke 2016-10-09 11:11:57
    平田オリザ氏が作中で女子高生言葉を書いたら、演じる女子高生が「私はこうは言わない」と、自分の内なる自然さと、役の中の自然さのどちらを優先させるかに葛藤したって書いていたけど、結果どっちにしたんだか覚えてないや。

カテゴリーからまとめを探す

「その他」に関連するカテゴリー