大阪都構想で実現する、少子高齢化時代の住民サービスについて:住民サービスが低下しない理由

住民サービスが低下しない事、そして未来の住民サービスのあり方について橋下市長が解説します
1
橋下徹 @hashimoto_lo

都構想に費用がかかるのは当たり前だ。少子高齢化時代を迎えるにあたって、今、大阪市にないものを増やすのだから。教育委員会、児童相談所を5つに。また子育て世帯層、高齢者層、障害のある方をサポートする子ども青少年局、福祉局も5つにする。

2015-05-15 17:59:31
橋下徹 @hashimoto_lo

今の大阪市役所一つの組織と、地域に置かれた5つの組織。どちらが住民サービスが向上するか。5つの方が、住民に対してより丁寧にサポートできる。無断な経費とは、ホテルを建てたり高層ビルを建てたりするお金。大阪都構想にかかる費用は組織を5つに増やす費用でこれ自体が住民サービスの向上だ。

2015-05-15 18:01:01
橋下徹 @hashimoto_lo

そして今の大阪市に足りない組織を増やす費用については、大阪都構想が実現して改革がしっかりと進めば、その費用は余裕で取り戻せる。ただ、そもそも教育委員会や児童相談所、保健所、その他医療福祉教育の充実に必要な組織を5つに増やすのはそれ自体住民サービスの向上なので無駄なコストではない。

2015-05-15 18:03:24
橋下徹 @hashimoto_lo

今の大阪市でも組織強化のために採用人数を増やしている。消防士、警察官を増やしてもそれは無断なコストだと言わない。大阪都構想にかかるお金は、少子高齢化時代を迎えるにあたって、今の大阪市に足りない組織を増強するためのお金。そのこと自体が住民サービスの向上なのでマイナスコストではない。

2015-05-15 18:05:43

コメント

たけ爺 @take_ji 2015年5月15日
なんで、今「大阪市行政」で増やさないんでしょうね?というか、「大阪市政として市内の児童相談所を増やす。」と市長自らが去年発言したのですが、それは、なかったことになるのでしょうか?
4
nekosencho @Neko_Sencho 2015年5月16日
都構想でかかるコストって言ってるけど、このまとめ内だけ見る限り彼が言っているのは福祉のコストであって都構想でなくても必要だし、都構想にかかるコストとはまた別物だよね。
1
cinefuk 🌀 @cinefuk 2015年5月16日
「大阪都構想が実現するまで何も出来ない」行政サービスを人質にとって要求を通そうとしているの?
0
Jason Bourne @xenocaliver 2015年5月16日
大阪市の行政サービスを拡充すればいいだけの話じゃないのか。政令指定都市大阪市を廃止しないとできない話ではない。費用云々については,論拠も数字も具体的な話はまったくなし。その場その場で思いついたことを言っているようにしかみえない。
0