歴史修正主義者を批判するユダヤ人が自ら歴史を修正している例

まとめました。
国際
7
放蕩=サンタマリア @Consav455
いわゆる歴史修正主義を批判する人は、実証主義の立場に立って、反実証主義を殴ってるつもりだが、批判対象の歴史修正主義者も、実証主義の立場に立ってるという構造なので、永遠に終わらない「どれだけ完璧な数を割り出せるのかゲーム」みたいになってるので、南京と慰安婦の問題は不毛だよな。
放蕩=サンタマリア @Consav455
それで、ブチギレて「いや、実証とか関係なく、俺たちの心の根に深く傷を負わせてんだから、学問のルールなんて関係なくアウシュビッツはあったんだよ」と言ったのがリオタールな。まあ、それは半分正しい。論理の世界でやったら、永遠に相対化されてしまう事の応急処置よな。
eternalwind @juns76
「リビジョニストのいうことなど聞くことなどない。虐殺数の推計が不毛」っていうロジック自体が、歴史学でも社会科学でも何でもなく、ホロコーストの犠牲を常に過大に言いふらしてきたユダヤが、実数推定されたくなくて言ってるだけのロジックだよね。中国はそのロジックに乗っかってるだけ
eternalwind @juns76
V.E.フランクルの「夜と霧」では、強制収容所で処分されたユダヤ人だけで1200万人ってことだったけど、 すでにユダヤ人団体ですら、1/10の120万人数字を認めざるを得なくなっていて、数字の争いで言えば、どんどん一方的に負け続けてるんだよな。
eternalwind @juns76
ユダヤ人ロビーは「リビジョニストは嘘つきばかり。」と言って彼らを逮捕させ、法の強制力によって言論の自由を奪っておきながら自分たちはこそこそと過去に吹聴していた数字の修正を行っている。欧米の実証主義などユダヤの圧力の前にとっくに死んでる
eternalwind @juns76
戦前の独仏伊の哲学者連中は、多かれ少なかれ枢軸に協力してきた歴史があり、そいつらが敗戦で一掃された後に出てきたのが、構造主義だのポストモダニストっていう似非学問じゃねえのかねって気がするんだよな。日本の戦後アカデミズムも似てるけどね。
eternalwind @juns76
自称リベラルこそが言論弾圧大好きだってわかるんだよなあ。 否認主義だの修正主義だのとレッテル貼って言論弾圧しようとする twitter.com/odg1967/status…
eternalwind @juns76
国民戦線のナンバー2で大学教授であったブルーノ・ゴルニッシュは、「ユダヤ人弾圧やホロコーストがなかった」などひとことも言っておらず、「強制収容所の死者の数について議論あってもいい」といっただけで有罪になったんだよ
eternalwind @juns76
ホロコースト完全否定論を言ってるのはエルンスト・ツンデルみたいな素人で最初からなんの政治的影響もない人なんだよね。左翼っていうのは、そういう人を例にだして「リビジョニストはトンデモばっかりですよ。だから規制は正当なんです」と法を成立させて、その後にまともな学者を逮捕するんだよ。

コメント

左倒憂右@固定ツイート読んでください @USK_Sato 2015年5月17日
それでもユダヤ人はまだ数字を下方修正しているだけマシ。チャイナとコリアは実証主義を完全無視してどんどん数字を増やしているではないか。しかもユダヤは一応ニュルンベルグ裁判の判決を元に主張しているが、チャイナとコリアの主張は東京裁判の判決にすら基づいていない。
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年5月17日
南京虐殺での30万人は南京軍事裁判に基づいての数字です。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする