N₂『居坐りのひ』0511~0512

RAFT / 第15回AAF戯曲賞最終候補作 『居坐りのひ』 2015年5月11日(月)~12日(火)RAFT 作・演出|杉本奈月 舞台美術・ヴァイオリン演奏|秋山真梨子(以上、劇団N₂) 船乗り / 落とし子|永富健大 人魚 / 歌歌い|加藤南央 舞台写真|小嶋謙介 主催|NPO法人らふと 企画|劇団N₂
n2 raft 永富健大 居坐りのひ 加藤南央
n2_official 911view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 11:34:07
    @halka06 いや、なんていうんだろう、ブースにいるときって完全な暗闇にはいれないじゃん?機材のランプとかあるし。 ほんとに目あけてても何も見えない暗さが久しぶりでなんかよかったんだよね。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 04:22:53
    おもしろいもの、というのが時間を忘れてみれるものであるという一つの仮定がある以上、今回の作品自体の性質がこの仮定との矛盾の上でどこまで質を上げるのか、可能なら他の会場でのバージョンもみたいと思った。 試演お疲れさまでした。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 04:19:53
    久しぶりに蓄光もほとんど(というか全く?)ない完全な暗転を見て、やはり良いものだなと思った。 暗いのが好きなので……
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 04:18:52
    繰り返す言葉によって取り残されている錯覚は、話にはいれる人なら得られるのだと思う。もし自分が同じことをするのならば、会話の不成立をもっとがっつりやるのだと思う。不毛な話によって時間が過ぎていく経験のせいだと思うが。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 04:15:02
    劇空間自体は埋まってたように思う。劇場機構上仕方ないけど誰か(?)の声は違うやり方があれば見たかった。 繰り返す言葉によって自分たちが時間に取り残されてるような気持ちになった。ひとりでに立つことが出来ないものには足がありますという文章に何故か感心した。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 03:19:51
    会場に早い段階で入り、あの空間を共有した人にとっては特に驚きのある第一声ではなかったのかな、と思います。あのセット、あれだけ人が通った跡があって今はいなくて、題が居坐りの日で、あの状況なら容易に想像ついてしまう言葉だったような(自分だけかも)一言だったかなと。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-17 03:17:12
    続き。 そんな感じで時間を過ごしたものだから、僕はとにかく第一声に何を言うのだろうかというのが気になりました。僕個人の主観ですが、あの第一声は話の筋を一切想像せず、開演ぎりぎりに来た人はわくわく出来るのですが、(続く
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-16 21:40:31
    充電切れそうなので続きは帰宅後。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-16 21:25:06
    開演直前になるとキャストが入ってきて、その空間を物色(?)し始める。 自分がこれから存在する空間で何をしていくか、どのように暮らすかというような物色具合。惜しむらくは、開演直前時点で観劇者状態でいると、今までの流れがなんのこっちゃ分からん、という思考状態になりかねないこと。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-16 21:18:55
    そこに入ってくる演奏。 ピアノとヴァイオリンで合奏することはなく、ただ存在する演奏。多分、曲の内容よりも生演奏であることに意味があるのだと思う。その場限りの再現性のないもの、刹那的な物が自分(観覧者)の体を通り抜けていく。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-16 21:16:09
    開場からそこにいると、演奏と美術の中に自分がぽつんといる、ということに気がつきます。多分あの作品は友人連れでわっと行くことに適していないのだと思います。 幾多の通った後のある舞台上、そこにあったものは残骸となって、もう持ち出されることもなくただ存在している。
  • K.Fujiwara @kirinoto 2015-05-16 21:12:58
    結構日が経ってしまいましたが「居坐りの日」東京公演を観に行きました。 あの作品は、芝居、というよりも舞台、という表現の方が近くて、観に行く我々は観劇者の感覚よりも観覧者の感覚でいることが求められると思いました。 (続く)
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2015-05-15 15:03:25
    @propmind 辻本さん、お返事ありがとうございます。また形を変えた『居坐りのひ』が関東を通り過ぎるかもしれないので、そのときはよろしくお願いいたします。杉本
  • ニッチクラフトと関係舎の辻本 @propmind 2015-05-13 22:25:40
    @vermeil_vermeil 公演お疲れ様でした。お知らせ、ありがとうございました。あいにく行けなかったのですが次回こそはと。
  • N₂ / エヌツー @n2_official 2015-05-13 00:46:10
    劇団N2『居坐りのひ』5月11日(月)~12日(火)RAFTにて終演いたしました。雨の中ご来場いただき本当にありがとうございました。参加者のみなさんとRAFTのスタッフさんと最後まで一緒の船に乗れて幸せでした。またいつか帰ってきます。 pic.twitter.com/C7HoO282Uw
  • ガトータケヒロ @7_Gateau_3 2015-05-13 00:30:36
    劇団N2『居坐りのひ』@RAFT 全日程終了致しました。 個人の集客はあまり呼べなかったけど、先ず東京で演劇出来た事とか、ほぼ2人芝居って初めての少人数とか、色々良い経験になりました。 有り体ですが、お客様、スタッフさん、RAFTの方、有り難うございました。
  • がとー @GaGaGateau 2015-05-12 23:33:01
    劇団N2『居坐りのひ』@RAFT 全日程終了致しました。 個人の集客はあまり呼べなかったけど、先ず東京で演劇出来た事とか、ほぼ2人芝居って初めての少人数とか、色々良い経験になりました。 有り体ですが、お客様、スタッフさん、RAFTの方、有り難うございました。
  • RAFT @raft_info 2015-05-12 21:23:58
    劇団N2「居坐りのひ」無事終了しました。ご来場の皆様、出演者、スタッフの方々、ありがとうございました!この居坐りのひは、さらにカタチを変え、上演を重ねていくそうです! pic.twitter.com/haIH9M9hXT
  • RAFT @raft_info 2015-05-12 11:17:40
    【今日のRAFT】劇団N2公演「居坐りのひ」15時と19時の二回公演。作・演出:杉本奈月 出演:加藤南央、永富健大、他。舞台美術:秋山真梨子 料金:予約2000円 お席余裕あり! 詳細→raftweb.info/inamori_n2 pic.twitter.com/ZEwagDRv2L
  • Ônuma Yûki @gyutto_design 2015-05-11 23:17:04
    @iwtlf512 大舞台のやつは小さい頃に何度かあるけど、あの近い感じは初めてで正直畏縮しました(笑) まぁまた直接。明日も頑張ってください。
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2015-05-11 23:15:57
    みんなでごはんを食べ終わりました。舞台写真を上げておきます。これから洗い物をします。劇団N2『居坐りのひ』です。 pic.twitter.com/NFRoNZupkn
  • Ônuma Yûki @gyutto_design 2015-05-11 23:06:07
    @iwtlf512 まぁそうですね、、演者に礼儀ですね。圧倒されて置いてきぼり感があったから(演劇はじめてだったし)もやもやしてしまって考え込んでしまったのですけど。
  • Ônuma Yûki @gyutto_design 2015-05-11 22:55:38
    @iwtlf512 演出というよりも、ストーリーの展開的に、拍手…なのか…?ってなりました。何も考えられなかったので何もできませんでした(笑)
  • えーすけ @A_Asuke3 2015-05-11 22:50:58
    @mzk2prego 劇団N2やで!ガトーでてる

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「思い出」に関連するカテゴリー