編集可能
2010年12月24日

佐々木俊尚@sasakitoshinao氏の語る、「書籍のコンテンツとコンテキストのオープン化」

0
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

今日はクリスマス。でも来週月曜日配信のメルマガを凄い勢いでいま書いています。テーマは電子書籍のコンテンツとコンテキストのオープン化について。

2010-12-24 17:08:38
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

書籍をコンテンツとコンテキストに分ければ、ソーシャルな書き込みはコンテキストでしかない。それがコンテンツ内部にまで侵入する可能性があるのかどうか、ということを考えてみたい。

2010-12-24 17:11:35
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

コンテンツ/コンテキスト論は、どこにコンテンツの「外殻」を定義するかによって変わってくるし、この外殻のラインが時代とともに外側に拡大してきていると思う。

2010-12-24 17:28:21
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

ただ一方で「1Q84」みたいに統一強度がきわめて高いコンテンツの場合、コンテンツとコンテキストの境界はくっきりしていて、内部への侵入は許さないように思う。

2010-12-24 17:39:26
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

いま自宅に「思想地図β」が3冊も存在している問題・・。

2010-12-24 17:41:51

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?