2015年9月19日から東京目白の永青文庫で開催される春画展の記者発表会 実況(2015.05.21)

4
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

春画展記者発表会にやってきました。14時スタートです。 pic.twitter.com/QVNnK1k8VR

2015-05-21 13:35:09
拡大
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

タイトルは「世界が、先におどろいた。春画 Shunga 」。東京目白の永青文庫で9月19日から12月23日まで。前期と後期でそれぞれ60点。計120点が出展。うち、2013年の大英博物館で出品されたものが70点。18才未満は入場禁止!

2015-05-21 13:45:35
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

開催に先立つ8月22日にシンポジウムが。また、9月20日に大英博物館の学芸員であるティモシー・クラークの講演会があります。以上開催概要より。

2015-05-21 13:47:55
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

資料にはShungakukanから出版予定の企画まで。 pic.twitter.com/Bbqq9lYTTH

2015-05-21 13:50:06
拡大
拡大
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

スタート10分前ですが、会場はほぼいっぱいに。

2015-05-21 13:51:13
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

通常の美術展の記者発表にくらべ新聞社系の方々の姿が目立ちます。

2015-05-21 13:52:56
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

細川護煕さん,会場に入りました。まもなくスタートです。

2015-05-21 13:58:55
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

昨日の繰り返しですが,本日の登壇予定は、細川護煕(永青文庫理事長)淺木正勝(東京美術倶楽部会長)小林忠(国際浮世絵学会会長 岡田美術館館長 國華主幹)早川聞多(国際日本文化研究センター教授)竹内順一(永青文庫館長 東京藝術大学名誉教授)三宅秀和(永青文庫学芸課長)

2015-05-21 14:00:24
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

記者発表会スタートしました。展覧会概要説明です。日本で初めての本格的な春画展。北斎,歌麿など有名絵師のほか、狩野派などが手がけた春画まで紹介。

2015-05-21 14:01:45
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

登壇者の紹介。あらためてすごい面子がそろっています。浮世絵オールスターという感じでしょうか。

2015-05-21 14:03:30
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

続。大英博物館で開催された春画展をぜひ開催したいという熱意から開催にこぎつけた。大英博物館では9万人を超える入場者が訪れた。春画は笑い絵ともいうが、イギリスの方から「日本人にもこんなユーモアがあったんだ」という感想が聞かれた。来館者の55%は女性であることに驚いた。

2015-05-21 14:06:17
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

永青文庫は規模が大きくないので来場者がいっぱい来られたときにどうなるか見当もつかない。

2015-05-21 14:07:29
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

展覧会実行委員長の浅木正勝さん。英国の春画展の巡回を試みたが、国内では美術館が見つからなかったが、細川護煕さんの理解によって開催する事ができた。浮世絵春画は20年程前から出版等で無修正で出版されて来た。しかしながら、オリジナルは無修正で鑑賞する事ができない。

2015-05-21 14:09:25
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

そこに風穴を開けるのが今回の展覧会である。春画は日本が世界に誇る文化遺産である。

2015-05-21 14:09:56
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

小林忠岡田美術館館長。日本の性愛のよろこびを表した絵画の歴史は非常に古く,平安鎌倉の時代から優れた古典が残されている。その成熟を迎えたのが江戸の浮世絵紙が描いた物で,世界に冠たる物である。

2015-05-21 14:11:11
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

続。それは大人の遊びの絵であり,江戸時代の初期には実名で署名された本が出版されていた。その後,八代将軍によって禁止されたが、アングラ出版という形で刊行され続けた。これはおおっぴらに見る物ではなく、大人の趣味として鑑賞し続けられたが、これが日の目を見る事ができうれしい。

2015-05-21 14:13:00
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

日文研早川先生。25年前から春画の研究会が始まっていた。そのころは実際のものを見るのは,コレクターのこねに頼るしかなく、非常に貴重な機会であった。若い研究者が公平に見る事ができるようセンターで集めた。今はおおかたの出版物が集められている。大英博物館の展覧会ではそのコレクションが

2015-05-21 14:15:16
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

今も日文研ではメキシコをはじめとする海外の研究者が実物を持ち出して研究している。海外の性の表現が違い非常に面白い。

2015-05-21 14:16:05
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

日文研石上阿希さん。今回の展覧会には日文研から多くの資料が貸し出される。また、大英博物館の準備にも携わったが,こちらは国際的な春画研究の成果のたまものであった。

2015-05-21 14:17:43
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

春画プロジェクトは大英博物館の春画展巡回を希望したが、それは叶わなかった。今回この展覧会が開催される事になりプロジェクト参加者も喜んでいる。春画はどのような社会に存在し,どんな人が読んでいたかを理解する事が重要。この展覧会によって日本での春画研究が進みことをのぞむ。

2015-05-21 14:19:16
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

竹内永青文庫館長,三宅学芸課長。永青時代に細川家の文化財を公開する博物館。大英博物館の春画展の出品作は160点。今回の展覧会は120点。共通作品は70点

2015-05-21 14:21:20
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

今までの春画展示は1998年福岡市美術館の大歌麿展。2001年の京都博物館のヒューマンイメージ,立命館大学,森美術館,埼玉県立博物館等で徐々に春画の展示はひろがってきた。

2015-05-21 14:22:35
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

2013年森美術館のラブ展、岡田美術館「北斎春画の名作」など2010年以降春画の展示は作品展数を限り,浮世絵展のひとつとして公開。また、展示の仕方に、別室で行うなど工夫がされた。2014年の東洋文庫では春画をほかの浮世絵と同列に展示した。

2015-05-21 14:24:19
ShungArt (出た〜) @ShungaArt

100点を越える規模、春画を真正面からとらえた展覧会は日本で初めて。一般の方々に開かれた現状をふまえ今回の展覧会は開催される。

2015-05-21 14:25:01
残りを読む(47)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?