編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

平成27年大相撲夏場所三賞選考について

平成27年大相撲夏場所は、関脇照ノ富士が12勝3敗で優勝。 となると、三賞もそれなりに受賞するかと思いきや…。 三賞選考の舞台裏を選考委員でもある朝日新聞の抜井規泰記者がレポート。
3302view 0コメント
6
ログインして広告を非表示にする
抜井規泰 @nezumi32
大相撲夏場所千秋楽。間もなく、三賞選考委員会が開かれます。三賞が決まり次第、速報と、選考過程の詳報を送ります。#sumo
日本相撲協会公式 @sumokyokai
<千秋楽の様子>三賞選考の様子。審判部長 伊勢ヶ濱親方、審判副部長 井筒親方と、藤島親方。 #sumo pic.twitter.com/HhujFbhIKC
 拡大
 拡大
日本相撲協会公式 @sumokyokai
<千秋楽の様子>本日三賞選考委員会が開かれ、次の様に決定いたしました。 <殊勲賞>なし <敢闘賞>照ノ富士 <技能賞>なし pic.twitter.com/PdYBCohGz2
 拡大
抜井規泰 @nezumi32
【超速報】照ノ富士に敢闘賞。大相撲夏場所千秋楽、三賞選考委員会で #sumo
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報①)今回の三賞選考委員会は、ずいぶん複雑な選考過程となりました。また、選考方法が悪いということでは全くなく、手続き的な話として、別の検討があれば、もしかしたら照ノ富士は三賞のうち敢闘賞ともう一つ、計二つを受賞できたかもしれません。そのへんの、三賞選考過程の詳報を。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報②)出席委員は19人。過半数の10票を獲得すれば、受賞決定です。司会は、毎場所同じ、NHKの藤井アナです。まずは、殊勲賞候補を推薦します。推薦順に列挙しますと、「勝った場合の佐田の海」「照ノ富士」「勝った場合の逸ノ城」の三つの推薦がありました。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報③)殊勲賞に、「勝った場合の逸ノ城」を推薦したのは、僕です。実は、ここには一つの意図があったんですが、これが今回の三賞選考委員会が複雑になった二つの要員のうちの一つとなりました。そのへんは、後述します。敢闘賞、技能賞の候補を列挙します。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報④)敢闘賞候補には、「逸ノ城-魁聖戦の勝者」「勝った場合の魁聖」「無条件で照ノ富士」「勝った場合の照ノ富士」の4候補が挙がりました。「逸ノ城-魁聖戦の勝者」を推薦したのは、日経新聞の編集委員。魁聖は、僕。「条件付きの照ノ富士」は審判部の推薦です。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑤)技能賞には、審判部から無条件で照ノ富士が挙がりました。 さて。ここから議論になりました。伊勢ケ浜親方が強く主張したのは、①殊勲賞候補の佐田の海には不戦勝がある ②魁聖は敢闘賞にふさわしいのか といった指摘です。記者側からは、照ノ富士の相撲は「技能か?」との指摘です
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑥)今回の三賞選考委員会が複雑になった理由は2つあります。一つは、逸ノ城-魁聖戦の扱いです。日経の編集委員と僕は、「この取組を三賞のかかった一番にしたい」という意図では、同じでした。どの賞を与えるかという点が異なり、僕は逸ノ城は敢闘ではなく殊勲だろうという発想でした。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑦)今回の三賞選考委員会が複雑になった要因の一つが、「この取組に三賞を懸けたい」という意図が同じなのに、「勝った逸ノ城に殊勲賞」「勝った魁聖に敢闘賞」「取組の勝者に敢闘賞」という全く異なる3つの推薦がなされたことです。もう一つの混乱要因が、照ノ富士の扱いでした。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑧)これは、あくまで僕が感じた「空気」なんですが、一定数の委員には、「照ノ富士に複数を与えたい」という思いが、間違いなくあったと思います。僕の本音を言えば、「照ノ富士には2つ。どれとどれを与えるかの議論になる」と読んでいました。ところが……
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑨)あくまで個人的な考えですが、番数を見れば一目瞭然、敢闘賞は確定、だと思いました。殊勲と技能、どちらを与えるか。これも個人的な考えながら、白鵬に負けて、日馬富士との対戦がないのに、殊勲ではないだろう。また、あの相撲は技能でもないだろう。じゃあ、どうしよう、と。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑩)日経の編集委員が推薦した、「照ノ富士に殊勲賞」というのが、一つの妙味でした。通常の推薦理由ではなく、「場所を盛り上げた殊勲」としての推薦。これには、「なるほど」と思いました。ところが、審判部では異なる考えで、照ノ富士に二つの賞を与えようとしました。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑪)これは、あくまで想像です。ただ審判部は次ように考えたと思います。出発点は、「殊勲賞は賞の趣旨から照ノ富士には該当しないだろう」 → ここから、もう一つの意図を絡めたんじゃないかというのが僕の想像です。それは、「ダブル受賞には一つハードルを上げたい」という思惑です。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑫)殊勲賞を外すと、ダブル受賞させるには敢闘・技能しかありません。そこからさらにハードルを上げるには、「千秋楽に勝てば」とするしかない。ただ、技能賞は賞の趣旨から「楽日に勝てば」という条件はそぐいません。そこで、勝てば敢闘賞、無条件で技能賞という推薦がなされました。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑬)これにより、照ノ富士に2つ与えたいという意図から、「無条件で殊勲賞」「無条件で敢闘賞」「勝てば敢闘賞」「無条件で技能賞」という4つの推薦がなされることになりました。 さて。三賞の選考は、最近は「推薦された順番で一発勝負の挙手」です。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑭)こうして、すでにお知らせした通り、今場所の三賞は「照ノ富士に敢闘賞」のみとなりました。委員会終了後、みなさんなんとなく切ない顔になるという、今場所の三賞決定でした。以下、それぞれの推薦に対する得票をお知らせします。
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑮)過半数は10票です。【殊勲賞】「勝った場合の佐田の海」=6票、「照ノ富士」=6票、「勝った場合の逸ノ城」=4票
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑯)【敢闘賞】「逸ノ城-魁聖戦の勝者」=3票、「勝った場合の魁聖」=1票(僕だけ)、「照ノ富士」=16票(反対票は審判部の3人)、「勝った場合の照ノ富士」=無条件での受賞が決定したため採決せず
抜井規泰 @nezumi32
三賞選考詳報⑰終)【技能賞】「照ノ富士」=6票 こうして、今場所の三賞は、照ノ富士が3場所連続3度目の敢闘賞 となり、殊勲賞と技能賞は、「該当なし」となりました。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする