中室慶応義塾大学准教授「5年後、日本の教育はどう変わるべきか?」発言まとめ

SPEEDA × アカデミーヒルズのコラボで行われた、「注目業界の5年後を読む」シリーズ 5年後、日本の教育はどう変わるべきか? において、フローレンス駒崎氏が実況した慶応義塾大学中室准教授の発言まとめです。
中室牧子 教育 駒崎弘樹 育児 保育
56
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
これから、こちらに登壇させて頂きます@アカデミーヒルズ。風邪気味で朦朧としており、ちゃんと喋れるのだろうか・・・。 pic.twitter.com/Jx6b0aT5NQ
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「教育に科学的根拠を。その教育に効果はあるのか、という問いに答えねばならない。」 pic.twitter.com/03979Iu1Sx
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「教育はみんな受けたことがあるので、一億総評論家になれる。病気になった時に、長生きしているだけの老人に話を聞きにはいかないのに、教育では子どもを全員東大に入れた親に話を聞きたがる。」 pic.twitter.com/ucPfofiiYd
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「アメリカではエビデンスに基づいた教育という言葉が強調されるようになった。しかし日本では、教育の分野では相関と因果が混同されがち。また、私的経験を語りたがる人は多いが、エビデンスとしては階層が低い。」 pic.twitter.com/xBFtqlPj0r
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「財務省が少人数学級が効果を薄いとし、やめようとして物議をかもした。しかし効果の計測方法に疑問。経済学では主流になりつつある、ランダム化比較試験(RCT)をして実験することで明らかに。」 pic.twitter.com/BxEMNF8pGz
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「アメリカでは1960年代で既に少人数学級の効果を測定していた。結果として、少人数学級は効果(因果)があった。10人減らしたら偏差値が2増える効果。」 pic.twitter.com/6uVSBTgpoq
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「ただし費用対効果で言うと、少人数学級は低い。」
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「ではどこが費用対効果が高いのか。一般の人は大学と考えているが誤り。幼児教育こそが最も費用対効果が高い。」 pic.twitter.com/ge23BJ2xpM
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「これを主張したのが、ノーベル経済学賞を取ったヘックマン。大人になった後の所得が高く、生活保護率や逮捕率が低い。4歳の時に投資した100円が、65歳になって、6000円から3万円になって返ってくる計算。」 pic.twitter.com/5RkEvwObh4
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「質の高い幼児教育は子どもの何に影響したのか。IQではない。非認知能力だ。非認知能力とは、自制心ややり抜く力等。」 pic.twitter.com/TguASu3lof
拡大
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「もう一つ費用対効果が高いのは、教員の質。優れた教師の場合、子ども達は1年で1.5年分を学ぶが、能力の低い教員が教えた場合、0.5年分しか習得できなかった。教員の質は、子どもの学力の伸び率で測る。」 pic.twitter.com/wOXH4D3gVV
拡大
拡大
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「教員の質を高めるには、給料を高めるか研修をするか優秀な人に教員になってもらうか。しかし、給与と研修はアメリカでは効果が薄いことが分かった。よって、教員への参入障壁を取り払うのが経済学的な答えになる。」 pic.twitter.com/GhLQi9pNrO
拡大
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
中室准教授「アメリカの研究では、教員免許の有無による教員の質の差はかなり小さいことが分かった。免許をなくし、優秀な人材に教師になってもらうのが重要ということになる。」 pic.twitter.com/TfrAxM4Ckm
拡大
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@ふるさと納税寄付者に大感謝! @Hiroki_Komazaki
もうすぐセッションなのでこれで実況は終わります。中室慶応大学准教授のお話は非常に重要です。幼児期の保育教育に投資しない日本が、如何に多くのものを失っているか、を教えてくれます。

コメント

はむいち @hamuiichi 2015年5月28日
子どもや幼児の権利や待遇改善とは、大人が収めた税金を子供に回すということ。大人へ回せるお金がそれだけ減るということ。大阪都構想の時と同じく、そんなことを言うと選挙に勝てなくなる。政治のための政治ではなく選挙のための政治に成り下がってる日本の政治リテラシーは教育でしか変わらないというニワトリタマゴをどう解決すればいいのやら。
ショーンT @222444ab 2015年5月28日
教育はエビデンスではなく私的な体験で語りたがるってのは本当にそう
せとか @setoka32 2015年5月28日
英語教師を勤めていた妹に 「be動詞」と「一般動詞」のそれぞれの定義と使い方の違いを中学一年生にも分かるように説明してと言ったら 何も答えられず挙句逆ギレされたときは もう日本の教育は終わってるなと実感した 自動詞と他動詞の違いも説明できない
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする