Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2015年5月27日

メモまとめ:James Bottomley コンテナプレゼン@OpenStack Summit Vancouver, May 2015.

Developing the next generation of Containerised applications with libcontainer.
1
Kentaro Ebisawa @ebiken

OpenStack Summit VancouverでのJames Bottomleyによるコンテナプレゼン。libcontainer中心にコンテナユースケースとこれからがまとまってて良い。40分かけてみた価値あった。 openstack.org/summit/vancouv…

2015-05-27 21:40:03
Kentaro Ebisawa @ebiken

アプリから直接cgroups/namespaceや様々なコンテナ構成要素をを利用するのはKernel熟知していないと難しかった。Dockerでさえ最初はLXC経由で利用していた。そこで Libcontainer でコンテナ各種が持ってた抽象化レイヤをAPIとして統合。

2015-05-27 21:41:53
Kentaro Ebisawa @ebiken

抽象化レイヤのスタックはこんな感じ: App -> (UseCase Abstraction...mosaic etc.) -> libcontainer(go) -> libct(cpp/python) -> Kernel

2015-05-27 21:43:24
Kentaro Ebisawa @ebiken

コンテナの4つのユースケース:docker, tenancy (VPS), systemd (resource management), net (NFV)

2015-05-27 21:43:56
Kentaro Ebisawa @ebiken

(Systemd は system Init に使ってる。これってアプリはすべて container 使ってリソース制御したい/できるのかな?)

2015-05-27 21:44:57
Kentaro Ebisawa @ebiken

今後の取り組みは「階層的なCgroup」とな。

2015-05-27 21:45:34
Kentaro Ebisawa @ebiken

今回のプレゼンはやたら綺麗に作られていた。と思ったら最後に impress.js の宣伝。HTML5/JavaSCript/CSSでWebApp的にプレゼン作れるよ、と。 デモ画面: bartaz.github.io/impress.js/

2015-05-27 21:50:46
Kentaro Ebisawa @ebiken

しかしやはり Parallels/Odin の Virtualization Teamはイケテルなぁ。もし日本でこの部門の仕事できてたら辞めてなかった気がする。でも Kernel Developer 以外は日本どころか北米でも採用されてないから無理ではあったのだが。

2015-05-27 21:53:03

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?