ヨーロッパ言語の類似性の背後にある歴史を想像してみた

こちらの記事で紹介されていた図のようになった背景に、歴史的経緯が関係しているのではと思い、想像してみました。 ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 http://developer.cybozu.co.jp/akky/2014/01/european-languages-lexical-distance-chart/
91

こちらのツイートで図の事を知りました。

Ryoma Sin'ya @sinya8282

「ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図」 developer.cybozu.co.jp/akky/2014/01/e… これこれこういうのが欲しかった! pic.twitter.com/xhVQ4yGQOU

2015-05-27 13:42:20
拡大

以下ツイート内容

tenpurasoba @tenpurasoba4

昨日ツイートしたこちらのヨーロッパの言語の類似度をマッピングしたものですが、 歴史的経緯を重ねて考えるといろいろと興味深いですね。 developer.cybozu.co.jp/akky/2014/01/e…

2015-05-28 21:38:08
リンク 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 スペイン語が母語の友人によると、イタリア語は、しゃべることはできなくても、ずっと聴いているとなんとなく言うこと…

via flowingdata

こちらの図の見方

色:言語グループ

円の大きさ:言語話者数 最大円で三千万人

線の太さ:語彙の類似度 太いほど両方の言語で同じ語彙を使っています

円同士の距離:見やすく配置されているだけで、円同士の距離自体にあまり意味はないと思います

tenpurasoba @tenpurasoba4

このグラフは各言語の語彙の類似性を表してるようです。日常使う単語の類似性ですね。文法ではないそうです。 記事中は、ゲルマングループの英語がラテングループの仏語に近い理由として、ノルマンコンクェストによって文法的にもゲルマンに組み込まれたものの75%の語彙は仏から輸入されたとの事。

2015-05-28 21:41:31
tenpurasoba @tenpurasoba4

以下グラフを眺めての推測ですが、ラテングループはローマ帝国領だった所で、後にゲルマン人が進出しても結局文化的にローマに吸収されたのかなと思います。一方ゲルマングループは古代ゲルマニアから西と北の方にのびて、フランスとも近い。それらに押し出されたケルトグループが細々と生き残っている

2015-05-28 21:45:49
tenpurasoba @tenpurasoba4

かつて同君連合を形成したリトアニアとポーランドは語彙の面でも結びつきがある点。ギリシャ語がどのグループとも均等に離れているのは、古くから様々な文献に形として残ったり諸外国に「ギリシャ語」としてそのまま学ばれた事で変化しにくかっただけでなく、

2015-05-28 21:53:16
tenpurasoba @tenpurasoba4

ビザンツやオスマン・トルコの影響もあるのでしょうか? ヨーロッパの諸語だけでなく、アラブ化される前の周辺の北アフリカ・中東の言語との類似性も気になるところです。

2015-05-28 21:54:25

コメント

tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年5月28日
短いまとめですが、興味深い話題だと思いますのでまとめてみました。
5
smw @Shi_MeiWo 2015年5月29日
「アーリア」の語源ともなったイラン高原の言語・ペルシャ語は記載されてないみたい。
2
Cook⚡生還しました。後遺症なし!詳細はピン留め @CookDrake 2015年5月29日
Irはアイルランド“Ireland”だろうと思うのだが、そこからポルトガル“Portugal”に伸びる線が「もしかして聖パトリックの足跡だろうか」と妄想を掻き立てます。
1
Cook⚡生還しました。後遺症なし!詳細はピン留め @CookDrake 2015年5月29日
あとなんでGaとIrが分けられてるのかも気になる。ゲール語“Gaelic”はIrelandの公用語だし、ならばIrは何?!というところで悩みます。
0
学食のカレー @i51re 2015年5月29日
@CookDrake Wikipedia日本語版のソースなのでアレですが、ゲール語にもいろいろあって、英語でGarlicというとスコットランドゲール語を指すみたいですね。日本語でゲール語というとアイルランドゲール語なのに対して。 http://t.co/AuLJjSre1J (どなたか詳しい方、ぜひ訂正補足などお願いいたします…。)
2
Cook⚡生還しました。後遺症なし!詳細はピン留め @CookDrake 2015年5月29日
i51re ありがとうございます!「スコットランドが見当たらない??」と思ってましたが謎が解けました!
0
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年5月29日
おや、フィンウゴル語派がある。従来の比較言語学の語族内の系統図じゃなくて、借用も含めた類似関係を表してるのかな
0
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年5月29日
じゃあバスク語は?バスク語はどこに位置するんだろう?!!
0
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年5月29日
「テルマエ・ロマエ」でローマ人がタイムスリップしてきたが、スペイン人連れてきたら会話できるんかなあ
0
the loyaltouch @theloyaltouch 2015年5月29日
CookDrake なるほどリンク先見ると文法は見てないって書いてますね。荒っぽいやり方に見えるけど、綺麗に分布するもんだ。
0
yajul @yajul 2015年5月29日
これは面白い!「牛」や「豚」など動物を指す言葉は英語と仏語で異なるのに、食用肉になるとほぼ同じになるのは(beefとboef、porkとporc)、「家畜を育てるのが英語話者で、それを食べていた上流階級が仏語話者だったから」と仏語の先生が言っていたなぁ。
4
Nikogori @4FootBlowtorch 2015年5月29日
ポーランドボールのこのネタを思い出した。http://imgur.com/gallery/DW7Iheq
1
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年5月31日
あと英国が料理的なアレが仏から文化持ち込み(上流)という歴史的面がきいてくるんだろうな
1