2015年5月31日

日航ジャンボ機墜落事故の謎、完全解明

2
S・TAKASHIMA @1691S

@iwakamiyasumi 墜落前の日航機を追尾していたファントム2機、公式発表には出てこないが、実際に目撃されている【8.12 /「日航123便墜落事件」から30年】5つの「なぜ」、いまもなお「事故原因」に重大な疑問 asaho.com/jpn/bkno/2015/…(水島朝穂氏)

2015-08-10 23:47:11
非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111

アメリカ空軍の練習用戦闘機が、日本の民間旅客機をターゲットにミサイル発射のシミュレーション演習を行っていた所、安全装置が解除されている事に気付かず、実弾ミサイルを日航ジャンボ機に命中させてしまった、というのが無線の第一報の内容。rui.jp/ruinet.html?i=…

2015-08-10 18:41:16

2015/08/11追加 http://alternativereport1.seesaa.net/article/422439038.html

米軍の機関誌として読まれている「パシフィック・スターズ・アンド・ストライプス」という雑誌の85年8月27日号には以下の内容の記事が掲載されている。日航ジャンボ機墜落事故から、わずかに2週間後の発行日付である。

 「日航ジャンボ機墜落事故当時、横田基地に配属されていた米空軍の輸送機U130のパイロット、マイケル・アントヌッチ中尉は以下のように証言する。

『事故当日、空中戦の演習を行っていた米軍練習用戦闘機から事故が起こったとの緊急無線が入り、一番近くを飛行していた私のU130輸送機が事故現場へ救出のため急行した。

いつものようにアメリカ空軍の練習用戦闘機が、日本の民間旅客機をターゲットにミサイル発射のシミュレーション演習を行っていた所、安全装置が解除されている事に気付かず、実弾ミサイルを日航ジャンボ機に命中させてしまった、というのが無線の第一報の内容だった。』 

この空軍中尉マイケル・アントヌッチは、日本政府から奇妙な事に『緊急の救助のために現場に行かなかった事、第一報の無線も聞かなかったと発言するよう要請された』と語っている。」


Ducky G. Duck @duckygduck

世界って本当に怖い所だな。 「人工地震」「人工誘発地震」、墜落した日航123便が早くに発見されていたこと、大量の放射性物質が積まれていたこと、軍用標的機が撮影されていたこと、当時のジャンボ機には劣化ウランが使われていたこと……何もかもが隠されていた。

2015-06-02 00:04:56

Ducky G. Duck @duckygduck

地対空ミサイルって、演習の時は何を標的にして演習するんですか? detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_de… 日航123便から撮影されたのはチャカⅢ的な小型標的ミサイルです。 togetter.com/li/828395

2015-05-31 14:22:42

チャカⅡ(当時)様の小型ミサイル形状というのは、私の勘違い、思い込みかも知れません。

標的用ミサイルを追尾したミサイルが衝突したとすると破壊が小さすぎることと、週刊誌が標的機の写真を解析していたようなので、ミサイル説から標的機衝突説に傾いています。ただ、これが原因とすると、不運としか……

※ ミサイルなら超音速による衝撃波もあるはずだというツッコミもありました。2014年、フジテレビは爆発音は3度と。それが衝撃波ならミサイル説も復活します。

Ducky G. Duck @duckygduck

御巣鷹山日航機墜落事故。機内から撮影されたミサイル状の物体。やはり、自衛隊、米軍の標的ミサイルだったのか。政財官学報法暴の洗脳のままに思考を封印される日本人。 togetter.com/li/828395

2015-05-31 14:09:26
Ducky G. Duck @duckygduck

標的ミサイルを追尾していたのは爆弾抜きとか、爆薬の量を減らした演習用のミサイルだったのでは? 陸自は演習の時に口で「パンパン」と言いながら撃っているふりをするらしいから、実弾ミサイルは米軍との共同演習用に温存、国内では演習用安物ミサイルを使うという事があっても不思議じゃない。

2015-05-31 16:23:07
Ducky G. Duck @duckygduck

当時、タカ派として知られた中曽根氏が首相ですね。日本近海での実弾ミサイル演習を解禁した途端にやらかした。というのが真相? togetter.com/li/828800

2015-05-31 16:57:15
Ducky G. Duck @duckygduck

日航123便墜落事故の謎、完全に解けました。 米軍または自衛隊が演習中、標的ミサイルが日航機と並走する形となり、追尾していたミサイルは123便の後部に正確に着弾。機体後部を破壊した。togetter.com/li/828800

2015-05-31 17:05:06
Ducky G. Duck @duckygduck

着弾したミサイル自体の爆薬の量が少なかった、あるいは爆薬抜きだったために機体は破壊されず、制御不能のまま飛行。 米軍はあわてて追跡して早い段階で救助を開始しようとしたが、日本政府は当時、現安倍首相のように戦争のできる国にしようと動いていたので、世論を考慮して隠蔽工作開始。

2015-05-31 17:08:47

米軍機ですが、空軍中尉の証言通り、エマージェンシーコールを傍受して捜索したという話も、東名から見えた横田発着らしき米軍機の多さを考えると充分ありうると思います(私は関西人)。
http://jal123.blog99.fc2.com/blog-category-26.html

ちなみに、朝日新聞のヘリは米海兵隊のヘリを目撃しています。両機の到着は、上空から山火事の位置は簡単に発見できるという証明です。

上記、証言によると、日本の「救難機」を見たことになっています。午後9時20分に現れた最初の日本の飛行機とは? 朝日のヘリは午後9時06分に現場を視認したことになっています。
※ 朝日は、翌日には現場写真を新聞に載せたのに、乗員、記者は自衛隊の到着遅れに関して証言していないようだ。

不思議ですね。ほとんど飛行機が飛ばない山間部を高度600m(山の高さ1500-2000mプラス?)という低空で大型軍用機が一時間も二時間も旋回していたら警察や消防団はわかりますよね。加えて2機のヘリ。

「そんなの訳ないですよ。上空で戦闘機が、それもおそらく2機がぐるぐる旋回している音がしてましたから、墜落現場はその(旋回)音の中心付近だなとすぐに分かりました」
「ヘリは同じところを一晩中飛んでいたので、墜落地点は当然分かっているものと思いました」
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-540.html

ジャンボ機の機体に大量の劣化ウランが使われていたこと、医療用などの放射性物質も大量に積載されていたので近づけなかったという説。これはこれで間違いのない話なのですが、墜落原因自体とは結びつきません。

ただ、ややこしいことに、医療用は名目で、実は大部分が研究用であり、「アメリカが日本の核兵器開発阻止のために、警告を込めて撃墜した(自衛隊に誤射させた)」という陰謀論的なものなら、これはこれで結構、納得できる話でもあるのです。

※ 科学技術庁の隠蔽と米国が暗殺、陰謀帝国であることに加えて、日本の原発開発自体が核兵器(プルトニウム)のための布石だったので、色々と憶測を呼んでも仕方がありません。

※ 当時の日本は、経済的に米国を凌駕することで敗戦の屈辱を晴らすことができる、「米国超えは目前」と、最も驕り高ぶっていた頃です。日米の対立は極点にあったかもしれません。

28年前の御巣鷹山 東海村臨界事故や福島第一原発事故以外のもう一つの放射能汚染

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/e3cb4c05eb7cd5bb61717bad654ad08e

↓↓↓ 「米軍の救助を禁止」と書いてしまいましたが、日本はアメリカの属国なので、「救助を断った」あるいは、>>「放射能が危険と通知した」<<が正しい。

Ducky G. Duck @duckygduck

米軍の救助を禁止するとともに、群馬県警の行動も抑制。 マスコミ対策のために、ニセ情報を流し撹乱、マスコミの現地到着を遅らせることに成功した。 その間に自衛隊の偵察部隊は現地到着。状況を報告していた。 ※ 生存者の証言と最初に現地に入った民間人の証言はこの点で一致。

2015-05-31 17:13:52
Ducky G. Duck @duckygduck

自衛隊には、陸軍中野学校の流れを汲むスパイ&忍者部隊が存在する。現地に入ったのは関東の精鋭偵察隊のはず。 救助を遅らせたのは証拠隠滅。生存者を見殺しにし、機体を炎上させてしまうため。

2015-05-31 17:19:29

山に激突、炎上ですから、複数の生存者がいるとは誰も想像しなかったでしょう。ですから、「見殺し」と言っても、「垂直尾翼が破壊された時点で、墜落して死んでいてもおかしくなかった」程度の感覚だったと思います。

※ 今でこそ、行方不明者を死者とでも言おうものなら大バッシング(狂っているとしか思えない)ですが、当時は過渡期で、メディアはそれなりに気を使っていましたが、一般人は「行方不明者=死者」でした。

※ 「行方不明者を死者と言ってはいけない」という左翼メディアが作り出した常識を刷り込まれた日本人が、刷り込まれた常識を振り回して大騒ぎするなんて「異常」です。この程度の失言は「ごめん」で済む話でしょ? 「お客様は神様」と、金のためなら何でもありの悪徳商人におだてられ、のぼせ上がって、高飛車な態度で接客業の人を苦しめているのと同じです。

今でも、日本人は、世界ではありえないほど何でも燃やしてしまう民族なので(焼却炉断トツ世界一)、証拠となる機体が燃えているのは好都合だと考えたのではないでしょうか。

Ducky G. Duck @duckygduck

しかし、ここで誤算が起きた。早い段階で群馬県内と把握していたために、警察庁長官もノーマークだった長野県警山岳救助隊が現場を発見。 マスコミも錯綜する情報の中、続々と上野村に入ってしまう。さすがに、群馬県警を足止めできず、出発。自衛隊のヘリを出さないわけには行かなくなって救助開始。

2015-05-31 17:23:57

今でこそ、各県警の連携などと言われますが、当時は他県に一歩も踏み込まないのが警察の常識。

「長野県警山岳救助隊のバカヤロウ」 by 首相 & 警察庁長官といったところでしょうか。

群馬県警の案内役として集められた地元消防団が、中々出発しないのにキレてしまい、県警機動隊員を残して出発したのは有名なエピソード。

また、メディアも今とは違い、スクープのためなら政府を出し抜くぐらいの気概のある記者が存在していました。今は背筋が寒くなるほど上意下達のロボット化しています。
※ 仕事や事件現場で出会ったメディア関係者の印象です。

若者の問題というより、

  1. 社会全体の保守化
  2. 「律法学者」に縛られるキリスト時代のユダヤ化(瑣末なことにこだわり、前例やこまかいルールを持ちだして他人を抑制、制御する)
  3. 経営幹部や管理職のお公家さん化(権力抗争、主導権争い)、あるいは、政府や何らかの勢力のスパイ化(実際に多いらしい)

が原因ではないかと。

※ ちなみに私は数年前、御巣鷹山で全国紙の地元駐在記者と出会い、一緒に山の中を歩きました。その子は新人記者で、休日も実地研修的に先輩記者に連れ出されていると言ってました。どんな記者に育ったかは知りません。

Ducky G. Duck @duckygduck

政府や日航、事故調と生存者の証言やフィルムなどの物証との矛盾が残り、「日航ジャンボ機墜落の謎」として語り継がれる事態となった。

2015-05-31 17:27:19
Ducky G. Duck @duckygduck

当時の時代背景として、中曽根首相は現安倍首相とは比べ物にならないほどの中国、韓国、世論の反発を受けていた。 日航ジャンボ機撃墜は、機体を破壊したのが米軍であれ、自衛隊であれ、自民党の存立を脅かす大事件だった。

2015-05-31 17:30:38
Ducky G. Duck @duckygduck

飛行機が怖いオッサンがCAに不審がられる勢いで、夜間飛行の全日空機の窓に張り付いて確かめたから自信を持って断言しますが、晴れた山中の火事は100km先でも簡単にわかります。

2015-05-31 17:39:45
Ducky G. Duck @duckygduck

今よりはるかに灯火の少なかった群馬、長野の山間部で、山火事がわからないはずがない。戦時中の空襲も、空が赤くなるのでかなり遠くから見えます。 私は丘に住んでいるので、平野部の火事が意外なほど、赤く大きく見えるのも自信を持って断言します。

2015-05-31 17:42:01
Ducky G. Duck @duckygduck

無人標的機には追尾能力がないはずなので、標的用ミサイルそのものとの衝突は排除していたのですが、かつて、週刊誌などはそういった意見を前面に出していたみたいですね。 標的機とのありえない確率の衝突が起きてしまったのか… asaho.com/jpn/bkno/2010/…

2015-05-31 23:03:00

残りを読む(9)

コメント

Ducky G. Duck @duckygduck 2015年5月31日
まとめを更新しました。ミサイルが熱線追尾型なのかどうか、衝撃音が2回なのはなぜかというQ&Aも追加したので、一層、説得力UP!
0
Ducky G. Duck @duckygduck 2015年5月31日
まとめを更新しました。「無人標的機には追尾能力がないはずなので、標的用ミサイルそのものとの衝突は排除していたのですが、かつて、週刊誌などはそういった意見を前面に出していたみたいですね。 標的機とのありえない確率の衝突が起きてしまったのか…」
0